ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

この前noteでやってたニンジャスレイヤーイビルが面白すぎた件について

【ニンジャスレイヤーイビル:ワルサイタマ・ブロウナウト】 ダイハードテイルズ note
「ニンジャスレイヤーイビル:ワルサイタマ・ブロウナウト」 ニンジャスレイヤーwiki


noteのダイハードテイルズに月額課金しないと見れない奴だが面白すぎたので。

まあ、ニンジャスレイヤーのセルフパロディ的な話で登場人物が全員悪人だったらという世界な訳だがこれが本当に酷い。

フジキドもといワルキド、ニンジャスレイヤーイビルはかなり粗暴な性格で、全財産を競馬の本命につぎ込んで、それを投資と言い張りながら負けてそこらじゅうのものに当たる。
特に酷いシーンはソウカイヤもといコウカイヤのニンジャに顔が知られている訳だが、別にコウカイヤのニンジャを殺しまくってマークされているとかいう話では無くコウカイヤの湾岸倉庫からコーケイン(コカインか?)をくすねていたからで、その理由も「末端価格が高いからな。そんなカネ、払っていられるか」、つまり横流しとかですらなく自分で使う用だという始末である。

イーリアスもといイービアスは元男で精神的にも男だがワルサイタマ・テクノロジーで今は女の体にしているという、意図せぬTSだった本編と違い完全に趣味というのが中々アレ。おっぱいを揉ませるビッチ描写は良いとしてそれを片手間で揉むワルキドもアレ。

デッドムーンはゲトームーンに。何故か老人になっており異常なまでに話が長いがほぼほぼ無視される。
「明日の1億ドルより今日の1000ドルじゃ」は名言。


他にもロクな奴がいない訳だが、こうクソな悪人ばっかり揃えられると悲壮感も何も無くて素晴らしい。
なるほど全員が悪人ならばある意味で被害者はいない世界だという事なのかもしれない。
ワルキドも妻子の復讐だとかではなく自分のためだけに生きており、人生を楽しんでる感はフジキドよりもある。



悪人、モラルがない人間同士ならば同じ前提であるからフェアであるというか?
倫理観というのは不思議な概念であり、それに苦慮した挙句がAoMだというのがリリースノートを読むとわかるというか。創作において倫理は一つの重要な点なのだとわかった。

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/06/10(日) 05:12:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

クソゲーオブザイヤー据置版2018、総評完成・大賞決定

KOTYwiki 2018総評




KOTY。いつにも負けず長丁場になったKOTY据置2018。
6月5日24時、総評の決定により大賞は『RXN -雷神-』に決定された。


まあ理由云々にしては総評やKOTYwiki、あるいはスレの過去ログなどを参照していただきたいが、やはり同レベルのクソゲーが並ぶとKOTYスレ住民はストロングスタイルなのを選びたがるなあという感も。

RXNと最後まで競っていた、というか最初から門番として評価が割れ続けた球こと『SHOOT THE BALL』をどう扱うか。そこで割れ続けた印象もある。結局のところ総評ではやや強めの表現が為された形か?
虚無を極めたクソゲーで、値段も底も浅いので苦痛すら虚無に近いというのが印象的だった。

RXNは総評にもある通りどうしてこうなったのかというのが強いか。
他も凶悪な面々が個性豊かに揃っていて、「豊作だった」と言えようか。

クソゲーが産まれることは最悪ではない。クソゲーすらも生まれないことこそが最悪なのかもしれない。
コンシュマーゲーム機が復活しつつある今こうした状況はある種当然なのやもしれぬ。



クソゲー文化はともすれば誹謗中傷になりかねない。
であればこそ、クソゲーオブザイヤーのように匿名で厳密に検証することは方法論として上手いのだろう。

今年のE3ももうすぐ、コンシュマー機の復活、インディーゲームの台頭、スマホゲームの隆盛。
クソゲーはゲーム業界を映す鏡ともいえる。来年のクソゲーオブザイヤーはどうなるのか。注目したい。

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2018/06/06(水) 01:36:29|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大体夏至は6月21日らしい。2018年第21回動画紹介・ジャンプ感想回

問題は22日の時とかあることだよな。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



聞きながら書いてるけど、カップヘッドのキングダイスの曲のめっちゃダンディな声、女性ボーカルってマ?!

マだった。やべー。まあ男が、地声の低い奴が高い声出すより逆の方が簡単だったりするのかな?知らんけど。


これな。まあ政治方面は触れないと決めているので是非は語らないが、5chのコピーサイトであるscに右の人が押し寄せているのを「鉄人兵団か」とか表現してたのが凄い笑えた。言い得て妙。
何やかんやいがみ合ってるようでなんJと嫌儲は住民層が近いところあるよね。かけもちが実は多いというか、ついでに見てる奴らがそこそこいるというか。


中々に面白いニコニコメドレー。しかしニコニコメドレーも結構型にはまって来たというか、定番曲だいぶんあるよね。
ニコニコ縛りもいいがこういうので別のをしてもいいよね。


ワイリーの過去に迫るみたいなところがあるけど、いい加減ゼロ完成させてXにつなげろって感じはあるよね。
ゲーム的にも結構面白そう。


レツピカレツブイ。GOユーザーを対象層としたゲームという感じ?第八世代本編とどう繋がるか。連れ歩き、ポケモンみたいなゲームだと大変すぎだよねえ。今800匹以上だもんなあ。


インディーゲームはやはり宣伝費にお金を掛けられないから任天堂がやってくれるのは大助かりだろう。
任天堂はインディーゲームを大分推しているがインディーゲームの未来に何を見ているのか。


インディーゲームらしいインディーゲームというと語弊があるが、このぐらい雑な奴でも面白いもんなあ。クソゲーに見えるけど実は良ゲー。まあ変なベクトルだが。
スイッチに移植とか無い?別に移植されたら買うという話でもないが。



CelestaのAny%と114%のスピードラン。Anyの方はワールドレコードでいいのかな?
俺のマデリンと完全に動きが違うんですけど…… え、こんな動き出来るの?めっちゃショートカットとかしてるし。
極めればどこまでも行けるゲームだなあ。


こんなところで。えーっと、全部で10動画ぐらい?紹介し過ぎたか。ほぼゲーム関係だし。
セレステ、記事書いたけどほんと良いゲームだわ。ジャンプアクションゲームなんぞやり飽きたわって人にもお勧めしたい。


2018年度週刊少年ジャンプ27号感想
鬼滅
2周年表紙巻頭カラー。そしてアニメ化?!5chでアニメ化するとかいう話は聞いてたけどたぶんデマだろうと思ってたがマジだったか。まあそろそろ頃合いではあった。というか遅いぐらいか。
本編は結構大変そうだが、恋柱が来たし里は大丈夫な流れかな?しかしエロいな。
半天狗は爆血刀(再生無効効果でもあるのかね)でなんとかするとして、時透に恋柱が加勢する具合?間に合うのか?そら間に合わんかったら話にならんが。
玉壺の召喚獣何体いるんかね。ほっとくには物騒だが。

ワンピース
トラベレーター、動く歩道か。かなりアホ機械だが天竜人のアホサディスト趣味の一環か?よく見るアホな悪の組織で囚人が回す棒を想起させる。
しらほし姫が掴んでた連結棒は下側の奴隷共が持ってるのと同じ(というかループしてる?)か?衛生的に大丈夫なのだろうか。
こう過去のキャラがどんどん出てくる辺りは流石にワンピースの歴史を感じる。
ドフラさん、たしかにじゃまくせえし口封じした方が良いよな。つーかさっさと処刑しろよって話だよなレベル6の連中。人権団体がわめきたてるような世界観でもあるまいし。
で、麦わら帽子?ふむ。ルフィのアレも含めなんかあるんかね。設定開帳に期待。


まあたまに思うんだけど、科学エリート集団の宇宙飛行士共、何とか頑張って復活液さっさと作るなり出来んかったんかね。いやある程度時間たってからじゃないと効果がないみたいな話があったのか知らんが。腐食液でどうにかなるっつーんならその辺の工場付近で石化した奴も運よく復活とか無かったんかねとも。条件厳しいとかそういう話なのだろうが。
歌。まあ歌の文化は原始状態でもあるだろうが今のそれは洗練されてるだろうし?更に全世界中の最高レベルだから?やや腑に落ちないが。
で、ゲンの企み。何らかの詐術でありそうだがさて。音質?ケータイ?ふ~む。宗教かな?神を騙るのには容易いがそれでどうにかできるかはわからん。

ボルト
任務に忠実で誰よりも気まぐれってなんか錯綜した性格だなあ。
カワキ。敢えて金で買い取る意味。まあ必要ないなら殺しはしないのがジゲンさんの流儀なんかね。
殻。外側と内側。器。ふーむ。今だ謎めいた組織だが忍者関係ではない組織という形なのかな?ようわからんが。
本格的にボルトがナルトという漫画から離れ始めているのを感じる今回だが中々に面白かった。次回にも期待。

僕のヒーローアカデミア
ホークス、結構曲者そう。他の有象無象とは違うと。
ウィッシュはかなりクソすぎない?なんだよこいつ。

ロボ
言ってみればただの上りのアプローチショットを入れそこなったというだけの話なのに、ここまで凄味と説得力をもって描いてくるとは。流石藤巻先生は盛り上がりのピークの描き方をわかっている。
で、全員集合。…… うむ。下手すると銀狼戦勝って打ち切り・または移籍というオチもあり得るか?ジャンプで読みたいが。



こんなところか。
鬼滅アニメ化で面白いし、ワンピボルトとベテラン組も中々。ロボも良かったしで好調。
総合評価は上の下で。


キン肉マン感想
五王子は実力がやや見えにくいところもあるが全員そらまあ強いわなあ。しかしその中での差は大きそう。ビッグボディの実力やいかに。実質初登場みたいなものともいえる。


アニメ感想
ヒナまつり
無人島に放り出されたから依存癖が付いたのか、依存癖がある人間が無人島に放り出されたからおかしくなったのか。
コンクリ回はちゃんとアホで良かった。

GGO
主人公二人チームばっかってのが結構舐めてる感じもあっていいよね。主人公組の強さが際立つ。
結構ほかのチームもSJ2から個性が際立ってくる。注目したい。

ゴールデンカムイ
辺見、しっかりキチガイしてて最高だった。
で、ラスボス候補戦というか。勢力が入り乱れてるのも特徴的だよね。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/06/05(火) 00:51:05|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「Celeste」スイッチ版クリアしたので感想など

Celeste レビュー IGNJapan


スイッチ、良いゲームが多すぎる。というかインディーゲームが気軽に遊べるのが良いのよね。結局ゲーミングPCなんか買う気になれないし、というか据置機ベースだとなんか気軽にプレイできないというか?PS4持ってないからどんな感じか知らんけども。

まあスイッチではインディーゲームの売り上げが上々らしく、私もちょくちょく買っている。前に記事書いたゴルフストーリーもそうだし、まあインディーじゃないけどサバクのネズミ団とかも面白かった(永久機関作ろうとして挫折中)。

任天堂もインディーワールドとか猫マリオとかよゐこの実況とかでガンガンインディーゲームを推していっているようで、その宣伝にまんまとつられてCelesteを買ってしまった。あと結局やったことが無かった斑鳩もついでに買った。



Celeste、どういうゲームかというと、所謂ジャンプアクションゲームである。イマイチ聞きなれないゲームジャンル分類名ではプラットフォーム・ゲームという奴である。
操作は非常に単純で、歩きとジャンプと崖登り(+崖ジャンプ)、そして空中ダッシュのみである。しかし棘や穴、あるいは黒いもよもよやらで主人公、操作キャラクターであるマデレンは容易く死んでしまう。しかし死んでからの復帰に残機の類は必要なくしかも非常に早い。このあたりはアイワナの流れを感じさせる。死んで覚える今風のアクションゲームである。


ストーリーとしては、過去に何かがあったマデリンがセレステ・マウンテンの頂上を目指す。その中で山に住む老婆、写真家(?)のテオ、マデリンのネガティブな部分が実体化した「あなたの一部」霊、廃ホテルでオーナーを務める亡霊・大城に出会う。
セレステ・マウンテンは不思議な場所であり、心の中が実体化する。そもそもマデリンはなぜ頂上を目指すのか。自分の心の闇と向き合い、争う。話は徐々に内省的なものとなっていく。そして全てを乗り越えマデリンは登頂する。

この手のアクションゲームには珍しく、ダウナーな雰囲気が常に漂っている。主人公のマデリンはちょっともさっとした眉毛の太い少女(車に乗ってきているようなので成人してるのかも)で、外見的にもゲームの主人公としては珍しい(ロングヘアーなのはゲーム的理由もある)が、パニック障害持ちとかうつ病のケもあるとなると話がだいぶ変わってくる。
途中で知り合うテオも過去に暗いものを持っているようで、大城の自分が死んでいるのに気付いているのかいないのかわからない地縛霊っぷりも含めて心の内面という話題が多く心象的な話が多い。「あなたの一部」霊とマデリンとの会話・言い争いは非常に興味深いものがある。

登山というのは自分自身との戦いだと誰かが言ったがアッパーな雰囲気のアクションゲームが多い中Celesteは独特なプレイ感をもたらす。多くあるプラットフォームゲームとの強い差別化に成功していると言えよう


ゲームとしては難易度調整が絶妙であるというのが一番思ったところか。
アシストモードなしで7時間足らずで頂上までクリアが出来た(イチゴは55個ぐらい)。死亡数は1600回ぐらいだが復帰速度が早くセーブポイントも多く非常に良好なテンポでプレイできる。
難しいというのならばアシストモードもある(使ったことないのでどんな感じかわからないが)し、やり込もうというのならイチゴの全回収、ハート回収に隠しの8面、B面、タイムアタック、ノーデスクリアとやれることは幾らでもある。

個人的には2回空中ダッシュできる7面が楽しかった。2回空中ダッシュが出来たからと言ってもちろん2回空中ダッシュできること前提のステージになってるだけだが空中でビュンビュンジャンプしまくるのは中々楽しい。
逆にちょっとうっとうしく感じたのは「あなたの一部」霊戦か。ひたすら長く緊張感が続く。ボスってそんなしつこくていいの?とも思う。



全体的に非常に良好なジャンプアクションゲームだったと言えよう。ゲームシステムとしてはスタンダードなところだが、その点を捻ったストーリーでカバーしている。そしてゲーム性・ゲームの駆け引き性・難易度曲線の妥当差は最高レベルとまで言ってよいかもしれない。
IGN本家英語版で10点満点中10点を取ったのもわかる話。所謂エセドット絵ゲームであり、昨今のインディーゲームの隆盛を物語る良ゲーだったと言える。良いゲームだった。

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2018/06/04(月) 00:57:33|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「(笑)」から「草」に至るまでの道程

(笑) - Wikipedia




まあちょっと前に見たこのツイートがどうという話ではないが、草という文字で笑いというものを表現するのは非常に婉曲的であり知らなければわからない。

何故草が笑いという意味になったのか。その所を簡単に備忘録しておく。


まず、笑いを発言記録などで表現するのに(笑)とするのは戦前からある用法で起源がどこかはいまいちわかっていないらしい。
議事録の発言の速記から来ているという話もあるが定かではない。
戯曲の台本や座談会、インタビュー記事、サブカルチャー記事と様々なところで使われてきた。
当然ネット時代でも使われる。パソコン通信の時代から広く使われていた、と思う。昔見たログで使われてた気がする。

で、1997年、MORPG、Diabloが発売され、日本でも人気を博すがこのゲームは日本語、というか2バイト文字が使えない。なんでも開発を急ぐがためにコードとリソースを分離させなかったのが原因らしいがともかくPC版の初代は英語版以外無く、コミュニケーションもアルファベットで行うほかなかった。
まあローマ字表記で書けば良いだけの話ではあるので言うほど問題ではないのだが、「(笑)」は「(warai)」となったがどうにも冗長感がある。省略されていく中で、(w)→(w→wとなったわけだ。

2ch初期では(藁)とかが流行ってたが、そのうちワロタだのワロスだのになって、しまいにwが輸入され、VIP板を中心にwwwと三回重ねたり(WorldWideWebではないがその辺の意識もあったのやもしれぬ)、wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwと際限なく重ねてしまったりしてしまう。

こうアホみたいに重ねられた笑符は非常にうっとうしいものであり結構嫌われる。
そうして、AA、アスキーアート、文字を使って絵を描く文化(説明の必要があるのか疑問だが書かなければわからない人も出てくるだろう)における地面に生い茂る草、迷惑な雑草と見立てて除草するAAが流行った。

そこに至って「w」は草であるという認識が産まれたわけだが、これを以て「草」という笑符の始まりとはいかない。

「wwwwwwwwwwwwww」と草を生い茂らせる連中を忌諱する意味でそう表現されていた訳で、そういう、例えば2ch(現5ch)のVIPに近くない板、なんJなどではwを使うこと自体半場荒らし扱いされた。
しかしそういった場所でも笑いを表現するのにそういう表現が使いやすいのはわかる話である。

そんな中で産まれたのが「草を禁じ得ない」、つまり「草を生やすな」という言葉に対して、それを破って「wwwwwwww」と書きたくなるほど面白い、そういう意味である。
そこから今でもよく使われる「草不可避」が産まれ、「大草原不可避」、「草生えた」「流石に草」「これは草」などのバリエーションから最もシンプルな「草」が産まれたわけだ。


今ではそこからの派生も結構見られるが、「草」はネット用語として定着したと言って間違いあるまい。
こうして考えると中々の紆余曲折だ。ネット史の一項目と言ってよい。



大昔のネットでは(核爆)とかもあったよね。ああいうのも懐かしい。
ワロタ系列はあまり見なくなった気もするが、しかし結構今でも見る機会はある気もする。
しかし、(藁)から考えると草は案外近いところに落ちてきたというか、同じ匿名ネットユーザー層が作っただけあって乾いた言語感覚があるなとも思う。
wwwあたりまでは笑いのwが継承されてきたがそれ以降はもはや手掛かりがなくなってきている。
そういえば、淫夢界隈が草の起源(語録に関係するとか)だとも聞くが、まあなんJと相互に繋がってるしその辺の細かいところはいいということにしてほしい。要因というのは一つだけではないものだ。



いずれまた新しい笑符が現れるのだろうか。注目していきたい。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/05/31(木) 23:13:17|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ