ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」見てきたので感想

映画「名探偵ピカチュウ」公式サイト

当然だがネタバレはある。注意。



まあ細かい前置きとかあらすじとかいらんよな。
ハリウッドがピカチュウが探偵やるゲームの実写映画化したのを見たから感想を書く。ゲームの方の名探偵ピカチュウは結局やってない。スイッチで出たらやるかも?


凄かった。流石ハリウッドだと言った感じ。
ライムシティに着いた直後の人間と多種多様なポケモンが共存している街中の雑踏の描写が本当に脳味噌にぶっ刺さった。ピカチュウをモフモフにしたりして現実風に寄せたかいがあったといえよう。真にポケモンが存在しているような感覚になった。

ポケモンは一体一体相当に凝っている。ポケモンそれぞれの仕草や役割、立ち位置に愛を感じた。
中でもバリヤードのシーンは白眉といっていいだろう。言葉を発しないバリヤードはピカチュウでも話を聞くことが出来ない。ならばどうするか。バリヤードのルールに従いパントマイムを読み取り、参加して、理解する。良いシーンである。
ポケモンの大きさ問題にも抵触するが、コイキングがギャラドスに進化してめちゃデカくなるシーンはらしかったし、ミュウツーに関してはカントー地方についての言及があったことがもう素晴らしい。
終盤の超巨大ドダイトスのシーンは本当に必要だったのか疑問ではあるが、ドダイトスの元ネタというかは古典世界観における大地を支える亀な訳でそれを彷彿とさせる超巨大ドダイトスは中々にハッタリが効いていた。
とはいえ、まあ確かに中々の数のポケモンが出てきたものの、ポケモン映画としてはもっと出してほしかったという感もある。予算が無限にあった訳ではないという事だろう。
しかし出しにくい伝説ポケモンなども銅像やポスターなどで出していくあたり配慮は見られる。動くポケモンも第一世代を中心に結構様々な世代にまたがっているのも好感が持てる。

あと、これはゲームの時点からの魅力だがピカチュウのおっさん臭さが素晴らしい。
ピカチュウと言えばかわいいキャラクターという感じだが、大体のイメージではオスなんだよな。いやまあメスもいるけど。そりゃ歳を食ったピカチュウもいるだろうし、コーヒー中毒のピカチュウもいよう。まあアメリカンジョークを連発するピカチュウは稀だろうが。
余談だが、結局まだ原作の名探偵ピカチュウは未完と聞くが、会話できるポケモンとしてはやはりアニメのロケット団のニャースとの類似性が気になるよな。あいつも技使えないんだっけ?映画版では結局使ってたが。

ハリウッド名探偵ピカチュウに問題があるとすれば、やはりハリウッド映画な構造に過ぎるということか。
人種的多様性、ラブ要素、自然保護的観点などなど……。三幕構成にまで文句をつける気もないが、なんか同じような映画ばっかだよな。やはり無難なところを追い求めるとそうなるのか。この辺はAAAゲーム、超高予算ゲームの開発にも似た問題が起きている気もする。むしろ外様の題材だからこそ無難な方向へ方向へ誘導されるのか。言うてこういう「典型的」じゃないハリウッド映画も多いんじゃないの?いうほど映画見てねーからようわからんけどさ。

他に特筆すべき点としてはエンディングか。株式会社ポケモンが書いているのか知らんがゲーム公式イラストぽい絵柄でハリウッド名探偵ピカチュウに登場したポケモンや登場人物が紹介されていく。アレは素晴らしいものだ。

まあもう一つ惜しい所としては、映画化しやすい探偵ものな名探偵ピカチュウだからこそというところもあるのだが、バトルシーンに乏しく、数少ないバトルシーンも秀逸とは言い難いものであったというのが挙げられるか。バトルだけで見れば闘技場で主人公らが入って来た時にやってたカメックス対ゲンガーが一番良かった説もある。
まあもともと戦う話ではないが、次にポケモンの実写化があれば濃厚なバトルも見て見たいのはある。



ともかく生物的なポケモンという実写化戦略は冒険であったが大成功を収めたと言っていいだろう。
聞けばハリウッド側とポケモン側でかなりやり取りがあった末のデザインであるらしい。
名探偵ピカチュウというやや色物な企画のハリウッド化と聞いて大丈夫かとも思っていたが、ポケモンのハリウッド映画化としてやるべきことをやった。そういう作品だった。素晴らしい仕事だったと言えよう。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/05/09(木) 00:24:39|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インターネット探訪「『スーパーマリオ64』にて、マリオがクッパを投げ飛ばす時に吐くセリフは「じゃあな、ゲイクッパ」ではなかった」

 『スーパーマリオ64』にて、マリオがクッパを投げ飛ばす時に吐くセリフは「じゃあな、ゲイクッパ」ではなかった AUTOMATON


へー、「So long kinga Bowser!」らしい。マリオの声の人によると。
クッパ投げる時にいきなり意味不明な事いいだすな~とは昔プレイしてた時も思ってはいたがなるほどかなり興味深い。




ちょっと前にサッカー選手だったかがこれ貼ってユダヤ人に対する差別とかで罰金と出場停止処分喰らってたが、マリオというキャラクターの多国籍性を思い出させる。
マリオは何人という答えは無い(キノコ王国人と言えばそうだが)が、あえて言うならイタリア系アメリカ人、と言った感じだろう。
そして英語をしゃべるがたまにイタリア語も出る。マンマミーヤとかそういうのだ。

kingaというのはkingのイタリア訛りらしい。Bowserは英語でのクッパね。
イタリア系アメリカ人の配管工らしいというか?



世界的な人気キャラクターの国籍を追うと、そこには奇妙に混ざり合ったそれがある。
なるほどそういう点もマリオの人気の一端なのかもしれない。

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2019/05/05(日) 17:21:31|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東方鬼形獣体験版ネタバレまとめたり記事※追記とりあえず終了




まあそういう訳なので、ネタバレ待機しておく。
情報出次第追記していく。

東方寄書板【TH17】東方鬼形獣 ~ Wily Beast and Weakest Creature.スレにいつものバレ師が到着。

引用
29 名前: ◆beram.CPOk[sage] 投稿日:2019/05/05(日) 11:15:21 ID:bxonMbn20
ttps://i.imgur.com/S2aiXMe.jpg

しかし寄書板も廃れきってるよな。他の東方のネット上コミュニティも少ないし。



はえーよ。


キタ。1ボス。


えびすえいか?河原のアイドル水子。
えびす神社の類で使われる戎(今宮戎神社とかね)。なるほど水子、イザナギイザナミから最初に生まれた長男はヒルコで水子(骨が無かった、障害児?)だったので流したのが恵比寿神になった(と言う事になっている)、それが賽の河原で石を積んでると?
東方でエビス、ふむ。エビスビールを飲めってことかな?



牛鬼?子連れ?古代魚?すまん。もっと仏教について勉強しとくべきだった。どういうアレかわからん。
まあホルスタイン種っぽいし、乳はたくさん出るから子供は育てやすいのか知らんけど。
牛で魚、マリオの敵キャラにいたなそんなの。
なんかヌレオンナという妖怪がいて、石になる赤ん坊を寄越してきてそんで牛鬼に食い殺されるとかいう伝承があるらしい。その辺か。





おー、鶏?鶏は古来から聖鳥として親しまれてきたわけだが、ふむ。地獄関所の番頭神?
地獄の関所、地獄の門というと神曲では「ここに入るもの一切の望みを捨てよ」だったかで有名だが……


エビスビール、牛、魚、鶏。ふ~む。飲み会かな?まあ飲み会も三次会ぐらいになると地獄の様相を示すが。



石積みコンテスト……
やっぱり濡女であっているようで。しかし超巨大魚や首長竜て。
へー、久侘歌、妖怪の山在住か。ニワタリ神、野生の鶏、つーことはセキショクヤケイか。現代の鶏は場合によっては雑滅できないことが悲劇と言われるほどの地獄めいた環境で生育されてるもんねえ。セキショクヤケイっつーことはこいつ飛べるのか。羽根デカいもんな。しかしニワタリ神。結構マイナーだな。

https://youtu.be/1HZmxJsOgQ8
生放送中。終わればタイムシフト動画になろう。



とのこと。晴れてたというのもあるがまだ東方ファン増えてるのかな。


ニコニコにも。


庭渡 久侘歌の元ネタ、ニワタリ神について。
神話の森 鶏の神(ニワタリ神社)
ほうほう、御ニワタリ神→鬼渡神というアレも。なるほど。
鶏石。ふむ。そういうのも入れると3ボスまで全員石属性あるってことか。深読み、こじつけかもだが。
※追記
水子、濡女、鳥の絵を逆さにして水を掛けるまじないで全員水属性、
水子、石になる赤子を抱かせる、とりしゃびきとかいう幼児の百日咳で全員赤子属性
も持っている。何にせよ意外に共通点の多い連中だ。

鶏っつったらたしか伊勢神宮の神使だっけ?あと石上神宮も。
まあ夜明けを告げる鳥だもんねえ。


久侘歌の言う閻魔ってやっぱ映姫でいいのかな。くたえい。
地味にトロフィー情報も。レア動物霊?

そういえば自機に憑りついた動物霊も信用ならないようだが、6ボスあたりかEXで正体を現す?
まあそもそも胡散臭い話だったもんな。



だがキリンビール。

※16時追記

中ボス瓔花撃破時にレア動物霊アイテムらしきもの確認。クラゲ。なるほど水母ね。獣という感じではないが動物には違いない。とかいって原虫の動物霊とかいきなり出てこられても困るが。
恵比寿=ヒルコだもんね。
ああじゃあ全員動物属性繋がりでもあるのか。そりゃ動物霊の話だから動物が多いのは当然なんだが。
アイテムが入ってる動物霊は魚である模様。4ボス以降も魚モチーフボスはいないということ?

製品版でレア動物霊一回のプレイで全部取れみたいな実績ありそう。


※5/13追記

一応これも載せておこう。
9パターン会話は中々である。結構共通部分もあるが。

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/05/05(日) 11:20:20|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神主、東方鬼形獣体験版CD刷り始める。キャラを考察。




神主ディプリケーターに頼りすぎてるな。

e0088742_12320293.jpg
明日例大祭と言う事で東方鬼形獣体験版CD公開。地味に体験版CD、刷られる量少ないからマニア向けアイテムみたいになってるところあるよね?キャラも違うし。


で、新キャラ。まあデザインとか見ていこう。
福耳
白くて赤い柄の入った服
頭頂部に角?帽子?
賽の河原の石積みと思われるものに腰を掛けている。

うーむ。賽の河原の子供か、その子供が積んだ石を崩す鬼か、といったところか。
賽の河原のステージはスクリーンショットで出てた。たぶん1面ボス?
福耳なのはやや謎だなあ。鬼子母神?は別に福耳じゃない気もするが。
※追記
あっ賽の河原の子供を救いに来る地蔵菩薩か?
大物すぎない?とか地蔵もう二人(映姫と成美、映姫は元だが)もいるよね?とかあるが。


まあ何かわかる訳でもないが、ともかくそろそろ例大祭だという雰囲気が出てきた。
明日の例大祭当日にも注目していきたい。

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/05/04(土) 13:42:15|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クソゲーオブザイヤー2018(据置)、総評及び大賞決定。

KOTYwiki 2018総評
KOTYwiki 2018大賞
KOTYwiki 2018次点等






上皇陛下、先の天皇陛下の退位にともなう徳仁天皇陛下の即位による元号改元が行われた。
平成から令和へ。
日本人の多くにとってそれは新時代の到来を感じさせるものであった。

そして元号が改元された直後、令和元年五月一日零時半、クソゲーオブザイヤー2018は総評が完成し、大賞が確定し、終了が宣言された。
新時代の到来とともに旧時代最後のクソゲーの頂点が決定した。
KOTYは負の祭典である。それはある意味では祝いでは無く呪いにもなりかねないが、私としては呪いを祝いに昇華した物と見たい。
そういう訳で、元号改元というお祭り騒ぎに華を加えた、そういった具合になれば幸いだと思っている。



まあ前置きが大層なものになったが兎にも角にもKOTYスレ住民が頑張って総評を修正し続け、完成した。
大賞は「RPGツクールMV Trinity」。
KOTYは総評が全てなので、大賞となった理由も含め総評を読んで頂きたい。
というか総評を読んだ前提でこれより下の文章は書いていく。

候補作5作に選外2作、今年のKOTYは平均よりも盛り上がったと言えようか。まあ量の問題ではないのだが。
大賞争いはMVT(RPGツクールMV Trinity)とNGB(New ガンダムブレイカー)で主に競っていた感があるがやはりMVTが圧倒的だったか。
本当に満足にゲームを作れた人がいるのか疑問であり、Trinityと題しておきながらXboxOne版は発売中止というのも中々芳しい。
RPGツクールでは次点を含めると2作目ということになるか。SSαや人生ゲームなんかもそうだが、クソゲーばかり出していて利益は出るのか、というよりクソゲーを継続して出せる体制はどうなっているのか。興味が尽きない。損切りできないのかこういった高いレベルのクソゲーでなお利益を出せるのか。


なんにせよ、私はこういったクソゲー文化はクソゲー被害に遭ったプレイヤーの苦痛を笑いに昇華するものだと思っている。
やはりこういった負の祭典も必要なものなのだ。
なんかKOTY2019スレはワッチョイの有無で分裂しているがどうにか折り合いをつけてほしいものである。そもそもはアホほど来る荒らしが悪いんだが…… どうしても負の祭典の類は荒れやすいということ。
KOTYにはそれすらも乗り越えてほしい。

というかそういえば2004年から続いているのか。ネタ企画とはいえここまで続けば歴史だなあ。

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2019/05/03(金) 13:50:45|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ