ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島」第一巻感想

公式

そういえば単行本が出てて、買って読んだので。


ククルス・ドアンの島。テレビ放送時の初代ガンダムの一エピソードである。
話としては太平洋の島に武装をしていないザクがいて、ジオンからの脱走兵ククルス・ドアンが島を守っている中、アムロがコアファイターに乗ってその島を訪れて…… といった具合であろうか。

しかしテレビアニメを再編纂した劇場版機動戦士ガンダム、及びアメリカで放送されたバージョンのテレビアニメでもこのエピソードは省かれている。
何故かというと、エピソードが独立しており省略が可能であったこと、そして作画のクオリティが著しく低かったことが理由として挙げられる。
ではなぜそういうことになったかというと、これは制作時から織り込み済みであり、クオリティが悪いとわかっているスタジオを使うことで他のエピソードのクオリティを高めるため、つまりはククルス・ドアンの島は捨て回だったということである。

しかし、その妙に崩れて味のある作画、やや設定的におかしなところはあるものの抒情感のあるストーリー、そして魅力あるキャラクター、何より偉大なガンダムシリーズの初代の一エピソードだったという点から一種カルト的な人気を持つエピソードであった。


後年、機動戦士ガンダムのキャラデザ、作画監督を務めた安彦良和が漫画雑誌ガンダムエースにて機動戦士ガンダム THE ORIGINを連載。大ヒットした。
しかしその中にもククルス・ドアンのエピソードは含まれていなかった。物語全体のストーリーに絡まず、そもそもからナンセンスな点も多いからだ。


このまま忘れ去られてしまうのか。ORIGINも劇場版アニメになる中、一つの漫画がガンダムエースにて連載される。
それが「機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島」である。
ちなみに、どう見ても安彦絵に見えるが著者はおおのじゅんじ。機動戦士ガンダム外伝ミッシングリンクを描いた人である。ORIGINということで絵を寄せているのだろうが、絵だけでなく微妙な作風や間まで完璧なのがすごいところ。

脱走したククルス・ドアン、及び彼が指揮した開発訓練Y-02小隊の面々の過去と一年戦争時現在の話となっている。
ドアン自身だけではなくドアンの指揮下で働いた部下たちがどのような影響を受けたのか、という具合で周辺から探っていく形を取っている。そこからドアンがなぜ脱走したのかというのも考えることもできる。
ドアンの脱走によりY-02小隊の人員はバラバラに各戦線に送られており、一作品で一年戦争を楽しめるともいえる。

開発訓練小隊ということで、設立当時はORIGINで示されたモビルスーツの原型たるYMS-03ヴァッフやMS-04ブグなんかを扱っているところも非常に楽しい。モビルスーツ自体のテストパイロット共という訳だ。
個人的には、まあモビルワーカーもそうだがデザイン的に原型というにはザクに寄りすぎていてもっと原始的な機構、形状が欲しかったなと常々思っているのだが、まあわかりやすいところもある。
この辺もゲームで出ないかなぁ。Gジェネはコスト、あんま関係ないのもなあ。安い奴は安いだけの価値があるようなのがいいんだが。EXVS系も大雑把だし。


感想としてはかなり楽しめた。
やや奇抜な、過去と現在を行ったり来たりするような内容であるがその効果が上手く出ている。ドアンという人物がどれほど大きな影響を小隊各員に与えていたのか、それがなぜ脱走などしてしまったのか。過去と現在の往復回想にてそれぞれの登場人物がわかってくる。
マイナーなモビルスーツマシマシであり、この辺もORIGINで過去のMSが確定されたことで色々出しやすくなったものであろう。その中でマイナーなガンダムなんかも出てきて賑やか。ゴッグも出てくる。ORIGIN本編でもやったモビルスーツ開発史をより穿って描写しているとでも言おうか。
派手な面白さで読者を振り回すタイプの漫画ではないが、既にある機動戦士ガンダムの前提を深く知っている人にこそ感動されるものであるように思える。

ククルス・ドアン。テレビバージョンでもやや浮世離れしたところがあり、求道者めいていた感じもあった。実際作画崩壊により彼のザクはスリムに描かれ、それが清貧さの象徴であるとかアホみたいな説もあった。
脱走は軍における最大の罪である。それをしたククルス・ドアンは何を考えていたのか。それを周辺から完全に描き切ろうという作品であるように感じた。
テレビアニメに一エピソード、それも捨て回をよくもここまで膨らませるものだという感じもあるが、やはりあのエピソードには不思議な魅力を感ずる人も多かったということだろう。私も好きだ。
今現在一巻が発売されていて、ガンダムエースでは未だ連載中。テレビアニメでやった島でのエピソードもやるとすれば最低でも3巻、長ければもっといくらでも?まあ5巻ぐらいが妥当だろうか?まあ面白ければ何でもいいが。

一年戦争ものばかり人気なのは良い兆候とは言えないが、やはり良い作品は評価したい。
ククルス・ドアン。殆ど必然性なく生まれたキャラクターだが、今もこれからも語り継がれる魅力を持っている。

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/02/26(日) 14:49:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第24話感想

千代は聖人系の精神の持ち主である。WJの左門の天使ヶ原も聖人系だが千代の方がシリアスよりのそれである。
要は飢えた虎の腹を満たすために自分の身を捧げられるかということ。

唐突に教経再登場。もうこいつ妖怪異常に妖怪だよな。
つーかあんな目立つバカでかい剣持ちながらぬるっと出てくるな。まああの身体能力なら京でグダグダやってるうちに走って来たのか知らんが。

犬は犬丸の犬?とは関係ないか。

300年ぐらい前にうらたろうは金熊を見たことがある?ふむ?
しかし触れば即死能力はやばいな。金熊が死ねば治るのか?
確かにいきなり白河関から京にぶっ飛んでいく千代の腹にピンポイントで当てたのは凄い、ってかやっぱすごいのか。はんばギャグ描写的なとこあったが。

天皇も中々万能である。ニンジャ第六感ならぬ天皇第六感?


金熊、これからどうなる?仲間になっちゃう?そうなると旅仲間がさらにイカレることになるが……
来週も注目である。

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/02/24(金) 02:27:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第23話感想

千代復帰、で、どうやら妖怪の王の胎児はちよの絶望と比例して大きくなるみたいな?絶望のどん底に突き落とされた時出産みたいな。胎教もクソもねえな。

千代が安徳天皇にキスしたシーン。なんか最高である。


で、千代を殺そうとした三人衆の左、口から泡まで吹いてるのはかなりやりすぎである。
スマイルでいなす。笑顔は最強の武器?平家の姫たる威厳というものが備わって来たとでも言おうか。



で、金熊(人間状態)再登場。何かできるんかね?そもそもこの状態がどういう状態なのか。
そういや教経は何やってるんかね。自分で飛んでくるという事はないのか?天皇がピンチになったらいきなり再登場しそうだが。

来週は休載で再来週から。掲載順が最近やばいんだが一巻は無事重版。どんなものなのかね。注目していきたい。

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/02/10(金) 01:20:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ヤングジャンプ連載漫画「うらたろう」第22話感想

ほう第一巻緊急重版。しかし掲載順はドベ。ヤングジャンプの掲載順ってどれほどの意味があるんかね。原稿が印刷所レベルで遅れかけたらドベってのはあるがそうそうそういうこともなかろう。

不死に任せた強引な戦闘。体バラバラなのに反撃してくるってな。

鬼の血を継ぐ人間。ふむ?だから温羅太郎?温羅、ねえ。
じゃあ安徳天皇は何者なんだよあいつ血統書付きどころじゃねーだろ。母親が平清盛の娘だっけ?その辺でなんかあった系?まー実際の血統なんか実際もわからんけども。

しかしポエミーな回である。孕んだ妖怪の王が不審だが。
まあ主人公とヒロインの愛が確かめられたわけで。


羅刹さんはクソキモデザインが最高だった。スゲー小物だったがそれは別にいいや。



で、どうすんの?黄泉比良坂いくん?いってどうにかなるのか?
ふーむ。まあ次週以降で展開に目安が付く?注目。

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/02/03(金) 00:50:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2017年一月に買った本の感想と二月に買う本の紹介

12月から1月のはこちら

月末恒例の漫画ラノベの新刊感想紹介記事。月末過ぎて書いてる時も多い。
読んだのは感想書きたくなったのだけ書く。買う予定なのは買うかどうかわからないのも書いたり。買うかどうかわからない、とか気になってるだけなのは()付きで。
結局なんだかんだ言って買えなかった本とか多いけど気にしないでね。たまに語りたいだけで()付けて紹介したり。
その他新作じゃなくても感想書きたくなったら書くけど基本別に個別感想記事にする。書かない場合のが多いが。

新刊本は、漫画はまんが王倶楽部から、ライトノベルはラノベの杜から確認している。たまにアマゾンとか。結構漏れもあるかも。面倒なら記憶で手打ちしたり。
出版社とかも載せてるが、上記確認サイトの関係でレーベルと出版社が混在してるのは注意。小説はレーベル、漫画は出版社が多い。
漫画ラノベ以外はほとんど新刊確認してないので基本ここには書かない。でもラノベの杜に載ってるラノベじゃない小説は書いたり?ラノベの定義はここではおいておくが、ラノベの社は割と広く載せている。ライトノベルの定義論は別の記事で。
延期とかで書かれてても買えない場合もあるので注意。買い忘れてたりとかも。あくまで予定。値段とかも。

私は本の買い方では作者買いが多い。ジャケ買いも試し読み買いも評判買いも広告買いも分野買い資料買いジャンル買い元ネタ買いもするけど。
作家買いでも、最初からその作家を知っているわけでもないしね。ラノベでは作者買いする人が少ないと昔聞いたが、普通にする(最近なんやかんやで少ない?)。

この感想回とは別に個別で感想記事書いてたりもする。覚えてればリンクも張るかも。

アマゾンとか本屋とかへのリンクは無いから気になったらググッてね。
ネタバレは余裕である。この記事だけじゃなく、警告なしでネタバレすることは多い。

ここまでテンプレ。ちょくちょく弄る。

ではスタート。
1/6
秋田書店 BEASTARS(1) 板垣巴留 ¥463
秋田書店 弱虫ペダル(48) 渡辺航 ¥463

ビースターズ。本筋のレゴシの内面の話もいいが、動物たちが暮らす世界観を何とか設定している辺りに好感。
ペダル。そういえば本誌展開がようやく面白そうになって来た。御堂筋が頑張ると面白い。


1/19
集英社 かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~(4) 赤坂アカ ¥555
集英社 うらたろう(2) 中山敦支 ¥555

かぐや様。天才でも頭脳戦でもないという説も強いが、頭がいいからこその間違い勘違いというのもある。ラブコメとして一流。ギャグ漫画として超一流?
うらたろう第2巻。個別感想書いてるが、天皇が出てきたあたりで注目な回である。しかし天皇がこれほど重要キャラ、というかこんな風に活躍する漫画もそうそうあるまい。


1/21
スクウェア・エニックス 魔法陣グルグル2(7) 衛藤ヒロユキ ¥607

グルグル2の7.全盛期ほどのキレは無いけどコクのある面白さになっている、とでも言っておこう。割とグルグルは連載時期によって面白さの質が変わる。どれも価値があるのだが価値の種類が変わるというか。
ノスタルジックなRPGの香り。昔ローグライクなグルグルのゲーム出てたが、グルグル自体をゲームにする企画とかなかったのだろうか?まあうまくいきそうにもないか。
そういやアニメ、1の最初からまたやるらしいね。はてさてどうなるやら。最初の方が一番の全盛期って言われてたっけ。


1/23
メディアファクトリー おしえて! ギャル子ちゃん(4) 鈴木健也 ¥950

しかしあの高校も魔窟である。


1/25
エンターブレイン 狂気の山脈にて ラヴクラフト傑作集(2) 田辺剛 ¥778
スクウェア・エニックス ハイスコアガール(7) 押切蓮介 ¥607
スクウェア・エニックス ムルシエラゴ(9) よしむらかな ¥617

狂気の山脈。実際南極にあんなでっかい山脈あったら寒いどころではすまんのだろうなあ。クトゥルフ世界観的にはあったかかった時のアレなんだっけ?そういえばクトゥルフ神話はルルイエとか見てもわかる通り大陸移動説ではなく大陸沈降説を取っているんだよな。時代を感じる。
ハイスコアガール。ラブコメを通り越して昼ドラになってない?ダラ外は最高である。
ムルシエラゴ。ロボットモノになんかなってたが無理矢理パイロット惨殺はいいな。倒れた拍子にデストロイモード起動させるとかいうクソみたいなアレになったが。


1/30
竹書房 パンクティーンエイジガールデスロックンロールヘブン(1) ハトポポコ ¥626

少女たち(27歳)。ロックとは何ぞや。まあアホはロックではあるかもしれないので確かにライブ中に暴れて機材壊しまくって200万借金を背負うのは最高にロックな気はする。
ポポコ先生らしい容赦のないギャグ漫画。読み味がいいんだよね。変に揺さぶられないというか。


ここまで感想。
そういえばわくわくろっこモーションの第3巻(最終巻)なんかも買った。最後の落ちとして普通のことをするというのが何とも好き。というか誰だよあいつ。
そういえばニンジャスレイヤーの作者の、東京少年D団も買った。元の江戸川乱歩の方は読んでないが、キレッキレの言語ギャグと元の雰囲気が組み合わさってかっこよさすら生まれている。笑える土壌からカッコいいのが出るから感動する?つーか知能指数ってこういうのじゃないよね。
ここから紹介。




2/3
JUMP j-BOOKS 僕のヒーローアカデミア 雄英白書2 誉司アンリ 原作:堀越耕平 堀越耕平 702 978-4-08-703413-4
集英社 青春兵器ナンバーワン(1) 長谷川智広 ¥432
集英社 僕のヒーローアカデミア(12) 堀越耕平 ¥432

ん、ヒロアカ小説版また出るのか。こういうの原作者の観衆どこまでなんだろ。
で、ヒロアカ本編も。そういやそろそろヴィラン共のターン?そっちのが興味ある。シガラキはヒーロー社会の中で何を為すのか。
で、ナンバーワン。作者前作よりも幅の広いギャグになっているというか。まあ焼野原塵のギリギリさも嫌いではなかったが。


2/7
竹書房 あいまいみー(7) ちょぼらうにょぽみ ¥886

ちょぼら先生、すっかり人気作家になってる感じだよな。東方同人上がりってことでいいのかなそこまで詳しくは知らんが。出世頭?


2/8
秋田書店 みつどもえ(18) 桜井のりお ¥463
秋田書店 弱虫ペダル(49) 渡辺航 ¥463

ん、みつどもえ出るのか。基本連載は別冊チャンピオンだっけ?まあよく考えると少年向けって感じでもないキッツいネタも多いか?
弱ペダ。アニメは順調?というかどこまでやるんだろうか。


2/9
講談社 ニンジャスレイヤー 殺(5) 関根光太郎 ¥648
新潮社 お前はまだグンマを知らない(7) 井田ヒロト ¥540

キルズ五巻延期してここ。本編での設定とずれてしまったのがアレだったが、いろいろ良い作品であった。
群馬。地方ネタは探せばいくらでもあるか。


2/10
電撃文庫 ソードアート・オンライン19 ムーン・クレイドル 川原礫 abec 637 978-4-04-892668-3

アリシゼーション編の最後?ほうほう。あの世界の顛末と。期待したいがアリシゼーション編の次はどうなるんかね。


2/15
エンターブレイン ダンジョン飯(4) 九井諒子 ¥670

ドラゴン戦とその後か。雑誌では追ってないがドラゴンステーキは食えたのかな?


2/25
メディアワークス文庫 ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ 三上延 702 978-4-04-892640-9
MF文庫J ゼロの使い魔22 ゼロの神話 ヤマグチノボル 兎塚エイジ 626 978-4-04-069084-1
エンターブレイン 地底旅行(3) 倉薗紀彦 ¥778

ビブリア。古本は時に蒐集品であり時に実用品である。その狭間だからこそ生まれる価値も?
ゼロの使い魔。作者継いだが書き継がれて最終巻の一個前だっけ。まあ、ある程度どういう着地をするかは見えなくもないが、完結することが大事である。
地底旅行。これも古い地理的学説に則ってるんだよね。地球空洞説。まあ元からオカルト染みてたが。


2/28
(白泉社 楽園 Le Paradis[ル パラディ](23) アンソロジー ¥950 )
白泉社 信長の忍び(11) 重野なおき ¥617
白泉社 あそびあそばせ(3) 涼川りん ¥648

あー。年三月刊とかいう希少な漫画雑誌、楽園今月か。買ってもいいが。
信長。アニメは短時間アニメながら中々の出来。このまま続いていくかな?漫画は何巻で終わるかな。結構じっくりやってるわけだが。
あそびあそばせ。急に絵柄変えてくるの腹筋に来る。子供の遊びというのは大人になると無視しがちになるけど子供にとっては重要なもの。中学生あたりでは?



こんなところか。結構色々。まあ豊作と言っていいか?いや目玉らしい目玉がSAOとゼロ魔とあそびあそばせぐらいだから並作かな。悪くはないが。
まあ日数少ないしこんなもの?そういう問題でもないか。

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/02/02(木) 03:03:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ