ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「金剛寺さんは面倒くさい」第一巻感想

金剛寺さんは面倒くさい ゲッサンWEB
とよ田みのる - Wikipedia


とよ田先生。「友達百人出来るかな」や「FLIP-FLAP」、「タケオちゃん物怪録」など、独特で暖かな作風がかなり好みの作家である。
未だ大ブレイクはしていないが、熱狂的なファンはネットの各所で散見される。

「金剛寺さんは面倒くさい」、デビュー作である「ラブロマ」以来の純粋なラブコメである。ラブロマと同様純愛ものということになる。完全にカップリングは決まっており、その過程を描く話である。

私は何となくラブロマは読んでないので詳しくは知らないが、それこそ純粋なラブコメであったようだ。
それから各作品を通して改めて書かれたラブコメである「金剛寺さん」、どういった作品か。

ラブコメである。しかしガジェットや世界観の外枠にSF、ファンタジー的なにおいがあり、周辺のキャラもアクが強い。
そして主人公の二人は特に妙味にあふれたキャラとなっている。


男主人公である樺山プリンは鬼である。種族としての鬼、地獄の鬼である。
基本的に現代日本の世界観でありながら何故か都内某所の大穴から地球の直径を超える深さから地獄と繋がってしまった。そういう世界である。が、作中でも何度も地の文がうるさく言っているように本編と余り関わりの無い物語である。
鬼でありながら捨て猫を放っておけず何匹でも拾ってきてしまうほどに優しい人柄。優しいが鬼なので本気を出すとめちゃくちゃ強い。

女主人公である金剛寺金剛は異常なまでの堅物である。学業優秀全国模試64位、柔道部IH個人2位の文武両道。いつも正論の積み重ねで人を論破し、論理のままに動く融通の利かなさが凄まじい。抑圧された感情が中に渦巻いている。
堅物なんだけど可愛いものが好きで、イチゴのケーキが好きで、樺山の存在が救いになってるところがあるよね。


こんな二人が出会い、なんやかんやで二人ともベタ惚れしてしまう訳だが、もう一つ語らねばならない要素がある。
地の文の圧倒的なうるささである。より正確には地の文も含めた劇的すぎる演出か。
デカい棘付きの吹き出しでやたら大袈裟な状況説明を繰り返す。上記の地獄の件もそうだし、何かの比喩とか言ってキューピットが二人に銃弾を撃ち込む様子を描いたり、金剛寺が朝食を作っていた時に鼻歌を歌いオムライスを作っていただけで異常事態だと言わんばかりに騒ぎ立てる。
ただ手をつなぐだけで周囲の他人も含めてみんな幸福になったり、告白(二回目)では周囲の人物が強盗を気づかれずに排除しだしたりする。
挙句の果てには読者にこっそりとこの物語がハッピーエンドで終わるとまで宣告してしまう。

ラブコメであるが、中々にやり過ぎ感が溢れていて見ごたえがある。
一巻通して非常に楽しく読めた。



刺激的な、だが安心できるラブコメが見たい。それならば「金剛寺さんは面倒くさい」をお勧めしたい。

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/03/19(月) 00:05:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「世界神話学入門」読んだので感想書く

後藤明 - Wikipedia 著者
比較神話学 - Wikipedia

比較神話学とか、たまに聞くけど良い本無いかなと思っていたが本屋で中々良さそうな新書を見つけたので買って読んだ。
「世界神話学入門」、割と新しい本のようで第一刷は2017年の12月20日発行(買ったのは第三刷2018年1月25日発行の。この短期間で第三刷ってそこそこ売れてるって事かな)で、こういうのは度々学説が流転するのでありがたい。

比較神話学というと、世界中に存在する神話を比べると似たような話ばっかあるなって話を学問してるアレソレである。
最近の学説で言うと、旧石器時代から人類の拡散に伴い神話が作られ、アレンジされながら広がっていった結果であるらしい。
そう。最古の神話は旧石器時代の狩猟採集時代に遡り得るのだ。
これは人類のゲノム解析や考古学的調査、比較言語学などの学説にも裏付けされている。理系文系だと色々区分されるが、人類を足跡を追うのにさまざまな学問が集っているのは面白い。

個別のモチーフで言うと、旧約聖書にもある洪水神話なんぞは世界中どこでも見られる。かつてはキリスト教の伝搬とともに土着の神話と融合したという説明も為されていたが、どうにも関係ない場所でも昔から存在していた。日本神話では海幸山幸神話で山幸彦が海幸彦をマジックアイテムの類で溺れさせたそれが相当するらしい。
話によると洪水神話は最も普遍的な神話モチーフであるいは人類がアフリカから出る以前のパンゲア(パン・ガイア)神話から存在するのではとも言われている。

他にも原初の水や竜退治、四(五)時代制、死の起源や神の死による食物の起源などなど多岐にわたる。
この本で初めて知って面白いと思ったのは、竜退治は例えばヘラクレスがラードーンを倒して黄金の林檎を手に入れただのスサノオがヤマタノオロチを倒してクシナダヒメを手に入れただのシグルズがファフニールを倒して黄金を手に入れただの、やはり普遍的なモチーフであるのだが、竜というのはそもそも脱皮を繰り返して永遠に生きるとされた蛇の化け物という存在である。これが蛇のいない太平洋の島々にいくと竜は現地化されて大ウナギやウツボとなる。それが日本に取り入れられたのが地震を起こす大ナマズということになるらしい。なるほどあいつドラゴンの類だったのか。
 
その神話でも大きく分けると二つの類型があるのがわかる。
アフリカからユーラシア大陸沿岸を渡ってオセアニアや、あるいはベーリング海峡を渡ってアメリカ大陸の南端にまで達した人類の初期移動と関連するゴンドワナ神話。
その後に西アジア文明圏を中核として生み出され、様々な集団によって伝搬されたローラシア神話。
わかりやすいというか、現在よく見られる神話の中核となっているのはローラシア神型神話である。明確なストーリーラインを持つのが特徴的である。逆に言えばゴンドワナ型神話は個々のエピソードが独立している。
ゴンドワナ神話には宇宙の創造だのが欠け、そもそも存在していたように語られる。

まあ結局のところ各地の神話でそれぞれ混ざり合っていたりするものの、それらの類型を見ることも出来る。アフリカの南東部やアボリジニ、インドの非アーリア地域などではかなり純粋な形のゴンドワナ神話が保たれているとか。

ゴンドワナ神話は狩猟採集民族の神話らしく、平等性や罪に対する罰というモチーフが多い。ローラシア神話は階級制のできた農耕民族の神話、というと語弊があるかもしれないが王や貴族の起源などといった話なども多くなる。歴史以前を垣間見ているようで興味深い。


日本神話は、というと相当に混ざり合っている。
言うまでも無く、神の子孫が天皇だというのはローラシア神話らしいところだが、日向三代の神話はかなりゴンドワナ神話の趣が強いようだ。特に死の起源、ニニギがコノハナサクヤヒメを娶りイワナガヒメを追い返したらその子孫は花のように儚い命になったという話はゴンドワナ神話特有のもので、所謂バナナ型神話とも呼ばれる。
日本人はよく縄文人と弥生人だのなんだの言われるが、もっと複雑に人類の移住が為されてきている。大陸に付属する列島という辺りが人類の移住問題を複雑化させるようで、氷河期では海岸線も相当変わるのでその辺が日本神話の奇妙さの一因でもあるのかもしれない。


作者のグループがやってる葦舟だのといったプロジェクトは私がリンクしてるサイトの人からかなり批判されてるようだが、本全体の内容としては非常に面白く読めるものがあった。
他にも色々なことが書かれていたが、そのどれもが興味深いもので、旧石器時代の人類について考えさせるものがあった。

神話は沼だなあ。ポリネシアの神話とかやりだしたらキリがないぞ。比較神話学を真面目にやると頭まで浸かってもう呼吸が出来なくなるな。
モチーフごとに神話がまとめられてるサイトとか本とかないのかな。

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/02/24(土) 07:47:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「なぜ八幡神社が日本で一番多いのか」読んだので感想

神社神道 - Wikipedia


神道について語った本はまあ幾らでもあるが、大半はいわゆる記紀神話、古事記、日本書紀に記述される日本神話についての本だったりする。
まあそれはそれで面白く読めるのだが、神話と信仰は必ずしも同一ではない。キリスト教だって聖書に壮大な神話が書かれてるがそれとは別によくわからん聖人信仰とか教会独特の儀式なりなんなりがあったりする。
神道で言うとそれは神社の纏わる信仰の話という事になる訳だが、どうにもそれぞれの神社独特に信仰が発達して統一された何かというものが見つけがたい。仏教もややっこしいけど、僧職の方々は筆まめで議論好きだから勉強すればわかる話ではある。神道はまさに混沌としていて相当よくわからない。

で、とりあえずAmazonで適当に検索したら、さおたけ屋みたいなタイトルだがそれなりにまとまった記述がありそうな本を見つけたので読んでみた。
ちょっと好悪でモノを書いてるところなんかも散見されたが、話は中々面白いものも多く知らない話も結構あったので感想など書く。


神社の祭神は、意外とというか日本書紀や古事記にない神も多い。まあ国家神道の関係で無理矢理こじつけられてるとこもあるが。
創作で日本の神を登場させるとして、まあメガテン辺りは例外としても、大抵は記紀神話辺りから取ってきている。アマテラスだのスサノオだのイザナギだのアメノウズメだのそういった辺りである。
しかし八百万の神と表現されるように、キリスト教の唯一神なんかとはニュアンスが逆転してさえいる感のある汎神論めいた神道ではもう何でも神にしていいことになっている。
そりゃまあ、日本書紀や古事記が書かれた以降に生まれた神はそりゃ記紀神話にはない。日光東照宮では徳川家康を祭ってたり、戦国武将なりを祭神としてる神社は多くあるし、明治神宮なんかでは明治天皇を祭神としていたり、軍人を祭神としてるところもあるし、でかいところでは天満宮の類は天神こと菅原道真を祭っている訳である。

しかしそうでなくても記述の無い神はたくさんいる。代表的なのは全国各地の八幡宮で祀られる八幡神。
元々は外来神だったという話もある。それに三韓征伐やらなんやらで応神天皇、神功皇后、宗像三女神やらが習合して出来上がったらしい。そんでもって東大寺の大仏建立に当たってのなんやかんやで八幡大菩薩とか呼ばれるようになったとか。源氏の氏神みたいなアレにもなって、皇祖神(応神天皇とか入ってるもんね)で、武神で、仏教の守護者で、他にも色々という何でもありの神になっている。

春日神社は藤原氏の神社という事は知ってたが、鎌倉時代以降には三社信仰とかいって伊勢神宮、石清水八幡宮とともに春日大社は最も重要な三つの神社とされていたというのは知らなかった。
まあ皇祖神を祭る伊勢神宮、八幡宮はわかりやすいが、春日大社が何故と思ったが、まあ藤原氏の権勢が大きいのか知らんが、春日大社の祭神である春日神は四柱ないし五柱が一つとなったもので、その内容はタケミカヅチ、フツヌシ、アメノコヤネとその妻(比売神)、アメノコヤネらの子アメノオシクモネである。
アメノコヤネは古事記などにもちょろっと出ており、フトダマとともに岩戸隠れしたアマテラスがちょろっと顔を出した際に鏡を差し出した神である。アメノコヤネは中臣氏の祖とされており、藤原氏は中臣鎌足が死の際し賜姓されたもので、要はアメノコヤネとその妻とアメノオシクモネは藤原氏の先祖という事になる。
元々中臣氏は祭祀を司る氏であり、香取神宮・鹿島神宮のある常総地方出身であるので鹿島神宮の祭神タケミカヅチと香取神宮の祭神フツヌシを信奉していた関係で春日大社を作った際に勧請した、といった具合である。
ちなみにタケミカヅチは国譲りのエピソードでド派手な立ち回りをしたことで有名か。フツヌシもその時一緒に行っている訳だが。
香取神宮、鹿島神宮は県こそ違うが利根川をはさんで隣にある。それぞれが国譲りの神=戦神となった理由は東国蝦夷への備えが理由だろうか。
何にせよそんな凶悪な神々が揃っているのならばなるほど強大な神社という訳である。

稲荷神社は今ではウカノミタマだとか食物に関する神を祭神としてるわけだが元々は渡来人である秦氏の氏神の伊奈利神だったとか。つまりはこれも外来神。

熊野神社とか祇園、白山辺りは神仏習合が過ぎてもっと意味不明なことになっている。意味不明になったあげく無理に神仏分離とか言って切り離したからもはや訳が分からなくなってるともいえる。


昨今では御朱印だとかで神社もブームになってたりするが、その内奥に関しては実際あまり知られていない。
勉強できることが多いのは幸せである。

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/02/09(金) 03:56:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「みなクズ with 男子校系男子」買って読んだので感想

ハトポポコ - Wikipedia


常々思うが、ハトポポコ先生はもっと評価されても良い。平成生まれもけんもほろろもアニメ化せずに終わったし、どうにも早過ぎるのか。
作風としてはみなクズの帯にも書いているように「ポスト日常系」というのが正しいであろう。

日常系、女子高生だとか一般人の日常をただ日常として描く漫画(アニメだったりもするが)で主に4コマ漫画で多い。日常系の系譜はかなり遡れる(あずまんが大王など)が、近年でいう日常系の大成者といえる作品はやはり「けいおん!」であろうか。
4コマ漫画でいうならば起承転結のはっきりしたギャグ4コマとの対比としての言葉というのが大きいが、漫画全体でみるとシリアスな、バトルとかしたりするストーリー漫画と対と言えるかもしれない。セカイ系との対蹠とも、まあそれはあまりにも言葉としてハマりすぎて反論したくなる部分もあるが。

ただあるがままの日常、激しい興奮は無くただ凪いだ精神が保たれる、あるいは郷愁に包まれた、もしくはかつて望んだ・ありえた生活。そう言ったモノが求められるのが現代という時代である。
いや、あった、というべきなのかもしれない。大成者である「けいおん!」は同時に金字塔でもあった。完璧すぎるそれに抗し超えるには違いを出さなければならない。日常系とはいかに日常系ではありえないものを作る歴史にあった、と言ってしまってもいい。

翻って、ハトポポコ先生の作品はどうだろうか。
フォーマットとしては、概ね女子高生の日常会話に焦点を当てている典型的な日常系のスタイルである(男子高校生だったりもするが)。
だが奇妙なことに女子高生らしくない女子高生ばかり配置している。いや基本的には女子高生の範囲であるのだが、精神性の面で相当な逸脱がある連中がかなりいる。そして、そうした彼女たちを可愛く描いてしまう。日常系のスタイルで。
「平成生まれ」の佐藤などは中々に興味深い。ひたすらウザく四村や中川に絡み、洒落にならないようなことを言いはなったりとんでもないクズ行為をするが、可愛い女子高生がそれをするから魅力となる。

逸脱の範囲が大きすぎるためギャグ4コマ漫画への回帰のように見える場合もあるだろう。しかして、むしろその逸脱をこそ愛でるという点で「ポスト日常系」の立場を明確なものとしていると言えよう。
ねじけた花にこそ妙味がある。完璧なヒマワリや桜は美しいかもしれないが、それをも超える魅力がありうるのだ。


前置きが長くなったがそれを踏まえて「みなクズ」と「男子校系男子」を見てみよう。

「みなクズ」は女子高生(いちおうお嬢様学校らしい)達の会話する日常系漫画だが、主要登場人物が全員「クズ」である。みんなクズだから「みなクズ」という訳だ。
過去作品でもよくクズを描くハトポポコ先生だが、今回は四人の異なるクズを描いて、クズをテーマにしている辺りが極まっている感がある。

露悪的なクズ長谷川が問題提起をし話が始まりまともそうに見えるが自分に甘い安藤がツッコミ、才色クズ兼備の小泉やウザく直線的なクズ山川がオチを付ける。
みな自分の生きたいように生きている、人の迷惑など考えずに、むしろそれを楽しみとして。
クズ、大悪党ではないが世間の厄介者。それを肯定するからこそ多大な安心感が生まれるのだ。

40手前のおっさんをLINEらしきアプリで煽って穏やかに笑う女子高生。それが許される世の仲であってほしかったという願いすら感じられる。日常系だが感動的にまでアウトローだ。理想の世界を描くという意味でまさに日常系でありポスト日常系である。

一番好きなのは安藤かな。まともそうに自分では他人を叱るくせに自分の事となるとだらしがない。何回も他人の約束に遅刻するはカンニングで入試に受かってるわ。真面目系クズとかいう言葉もちょい前流行ったっけ。


「男子校系男子」はそのまま主要登場人物が男子校の男子である。
別に対象層を変えるわけでもなく男性同士の会話となると日常系というジャンルからあまりに逸脱しすぎる、日常系ではないのではないかという疑問もあり得るだろうが、果たしてそうではない。

ハトポポコ先生の他作品の女子高生ほどの逸脱はこの作品の主要登場人物にはない。
割とどこにでもいそうな、ちょっとアホな三人組の男子高校生である。であればこそ、その行動のヘタレさ、アホさ、情けなさが愛おしい。

日常系の大前提を覆しながらまさに日常モノを行う。なるほどポスト日常系だ、という具合である。
ただ人物設定を女性から男性にしたという訳では無い。ジェンダーフリーが叫ばれる昨今の世の中だが人間には、哺乳類にはどうしようもなく男性性・女性性というものがある。それをしっかりと認識した中でそれを入れ替えて日常系たる可愛い登場人物たちの会話を成り立たせている。これは驚異的である。

男性の、男子高校生の可愛さというのも確かにある。それに目を付けたのはハトポポコの慧眼と言えよう。
一番好きなキャラはサブキャラだが美甘の姉だろうか。可愛らしく、弟からしてみればめんどくさい「お姉ちゃん」である。



日常系の最先端を超えた先を突き進むハトポポコ先生。
これから先、彼は漫画文化・創作文化に何を残していくのだろうか。今後も注目していきたい。

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/01/27(土) 17:28:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

理解できないものを使うことを余儀なくされる。2017年第50回動画紹介・ジャンプ感想回

ビットコインでも、インターネットでも、ややこしい保険だのでも、それが結局仕組みとかどういう事かわからなくても使った方が良いように見える場合というのはあるよね。長期的にどうなるかがわからないが。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



ストレスばかり溜まりそうなゲームだが、だからこそ見てる分には面白いか。
しかし無茶な登山もあったものだ。



昔の漫才のネタを。
完全に歴史とか無視してきてるのが笑える。



DTB、どうぶつの森の配信で名前とかの関係でなんか流行ってしまったようで。単純だからこそゲーム性が高いという。
しかしどういう世界観なんだ。何故動物が積み重ねられる。


まあこんなところで。DTBは無駄に専門用語があるのがどうにも笑える。5象とか2虎とか、アグロとかミッドレンジとか言われてもね。

2018年度週刊少年ジャンプ2・3合併号感想
僕のヒーローアカデミア
ほんと肉、クソだよな。なんなんだこいつ。

ワンピ
888話というのも素直にすごい。
ママ、やせる。栄養失調でダウンって落としどころ?は無いか。

鬼滅
本当にギリギリまで出し切った戦いだが、嫌な引き。ここで防がれてどうにかする方法あるのか?


まさかの。いやまあ別に実際結婚したって悪か無いわな。
それとも制度改革にでも乗り出すか?千空理系だけど。

斉木
なんじゃこの戦車。最後の切り札として持ってきてはいけないビジュアル。

ロボ
隣のフェアウェイから撃っていいのね。
不調というか負い目というか。ゴルフはメンタルのスポーツ?
そしてまさかのホールインワン宣言。狙ってできるとなったらいよいよ超人ゴルフの開幕だがさてはてどうやるのか。

ナンバーワン
これボールあんま関係なくね?

リコピン
運勢ものなのに一番おいしかったからで決めるのが笑った。


こんなところか。鬼滅は相当熱い。ロボは反撃開始の狼煙といったところか。
他もちょこちょこ笑えた。総合評価は中の下で。

キン肉マン
ジャスティス、出るだけでもうなんかいいな。今回がキン肉マン全ての最終編となりうるか?

アニメ
キノ
旧アニメにもあったが、やはり鉄板だなあ。どのみち二人乗りで旅は無理。
終末
全てが終わりつつある世界で二人は世界を再発見していっているのだなあ。まっさらな状態であればこその感動というか。
宝石
めっちゃアングル変わってすさまじいバトルシーンだなあ。3Dだからこそか。兄ちゃん呼び、なんとも良い。

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/12/12(火) 05:38:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
前のページ 次のページ