ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

常に恐れて走り続けている。2017年第13回動画紹介・ジャンプ感想回

思うに人類は絶対に満たされないからこそ世界を征服しえたのではなかろうか。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



ユニコーンのすぐ後の時代というのは商品として正解だが、ガンダムのデザインはなんというか、パッとしない?何らかの意図があるのか知らんが。
設定は色々おいしいんだが。


春アニメ紹介記事は別の人の動画使ったがこれはいつもの人の。ああ、サンダーボルトの続編もやるのね。


夏アニメ。超期待枠。こういう作品は作画重要?アビスの異様な景観を存分に描写してほしい。
しかし結構アレな描写も多いけど大丈夫なのか?主人公がやってることは贔屓目に見ても自殺の一種だし。
どこまでやれるのかね。オース周りは刈り込んでいきそうだが。


今回こんなとこで。3動画全部アニメは珍しい?
鉄血のオルフェンズ。オルガが死にマッキーが死に、敵キャラばっかり生き残っている。三日月はどうなるか。
バエルとキマリスヴィダール、一応キマリスヴィダールのが性能は良いって話(あくまでデザイナーの話なので違うかもだが)で、それでもまあまあ引き分けってことはマッキー阿頼耶識とガリガリ+アインではマッキー阿頼耶識が辛勝ってことでいいのかな。流石に一人で艦隊全て潰そうと考える狂人は違う。
最終話にこそすべてのテーマの帰結がかかっている。このアニメは何を描いていたのか、鉄華団はあの世界に何を残すのか、鉄華団自体は。注目。

2017年度週刊少年ジャンプ17号感想。
僕のヒーローアカデミア
つくもづくも、未来を予想しその未来を吹っ飛ばすとかいうキングクリムゾンの能力のチート差加減が思われる。
で、梅雨ちゃんにお茶子合流でヴィラン共のアジトにぶっこむ?どう話が転がるやら。

ワンピ
ワンピでイケメン系の男は実際珍しい。最近ではキャベンディッシュとかがいたがアレは中身がひどかった。今回はどうか。
というか、ワンピは台詞のリズムが考えられている。音読して心地よく読めるというか。音読はしねぇけど。

ロボ
じっくりしっかり最初の方を描ける余裕がある。長期連載作家は信用もありこの点でも有利。実際謎をいくつかかましていて読みごたえがある。
ゴルフもジャンプ読者層にとってはマイナースポーツ。じっくりと説明し、ロボと一緒に魅力を知っていくというやり方は正解であろう。

ぼく勉
学校テストのテクニックというのも色々ある。ラブコメだがこういう手法も混ぜれるならそこそこ残っていくか。

マリー
ここで学校での日常生活がどうなるか、というののチュートリアル的な。
選択肢どの方向でもあるし作者の技量からネタ切れまで連載できるという形。流石である。
台詞回しとか小ネタが一々面白い。恋に臆病なとこだけが唯一の交換ポイントだったのに→殺すっ ってな。

ソーマ
そりゃまあ機械打ちだから悪いって話はないわな。

ストーン
まあ生き物の集団なんて何やってもクソみたいな方向にしかいかないものなので。

鬼滅
中々に病んでいる。善逸と伊之助だけが能天気。ねづこは持ってきてるんだっけ?眠りというとのその辺だが。善逸はどうかね。ダメっぽそうだが。

左門
ほう。きっちり裏事情を描いて盛り上げてきたがまあもうそろそろ終わりそうね。とはいえジャンプここまで描けたのなら一つのキャリアとはなろう。作者次回作に期待。
こいつ左門じゃね?は笑えた。

ナンバーワン
キッツい掲載順だなあ。しかし白百合ひでーヒロインだなほんと。

磯部
花粉症江戸時代にないっていいながら花粉症と連呼する様。
結局異次元から水が出てくるのが一番楽しいとかいう概念が凄い。無駄にいい落ちとか今回は最高だった。


今回は磯部がスマッシュヒット。新連載後半勢も良かったし、鬼滅や左門も良好。
総合評価はまあ上の下で。

キン肉マン、超人硬度10#、つまり10.5?ダイヤモンドとか削れにくいだけですぐ割れるとか言ってはいかんのだろうか。
まあ悪くない展開。このまま勝ちきれるとも思わんが。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/03/28(火) 03:04:36|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不徹底な虚無主義。2017年第12回動画紹介・ジャンプ感想回

ヒトはそういう風には作られていない。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



後で見る。結構色々あるんだっけ?見てないが進撃の巨人2期とかあったっけ?


弾幕の象徴性も東方のゲームとしての大きな特徴。
必殺技でキャラ付けするというのはあるはなしではあるが。


楔形文字ってかっこいいよね。ペンで書くためのものではなさそうだが。草書体は本当に何描いてるかわからんし他のと比べても意味が分からん。
こういう研究は大好きである。現代語から逆算してるのだろうが良く発音までわかるもんだな。


本当に狂っていたのか、それとも地位肩書というものが全て虚構であると見抜いたうえでの行動なのか。
しかし二世がいる訳でもないのに一世と名乗るのはなんなんかね。


こんなところで。4動画で地味に大目。
鉄血のオルフェンズ、オルガまで死んでまた更にデスパレートな展開に。やくざ映画である。
ほぼ全員死ぬが三日月の子供だけは残るという結末か。まあそれもまた一つの終わり方。してどのように終わるか。


2017年度週刊少年ジャンプ16号感想
ロボレーザービーム
新連載第6弾。黒子の人の新作。
やっぱこの人の作風好きだなあ。ナレーションで上げていく感じとか。淡白なところとか。
現代ゴルフを語り、現代ゴルフの常識を超える主人公のキャラを描く。青峰みたいなのはライバルポジかな。
作者はゴルフ好きらしいけどそれがどう出るか。一応バスケ部でもあったらしいが。
大期待。新連載のどれが一番面白いか、売れるか、芸術的かはまだ何とも言えんが一番好きなのはこれかな。

ワンピ
まあどんな創作でもそうだが、こう先に計画が示されて成功する訳はない。ワンピで現行時間中に死人が早々出るってこともないんだが。
プリンはどう出るんかね。予定通りには進まないのはわかるがどうなるかはまだわからない。注目。

ストーン
権力は暴力から生じる。そりゃあんな世界で範馬勇次郎がいたら大問題だわな。
してどうなっていくか。そもそも何をする漫画なのかまださだまってないしなあ。

ソーマ
この流れでそばは笑える。

鬼滅
大正時代特有の田舎者感。善逸は都会育ち?
鬼殺隊は政府非公認。そりゃこんな前時代的組織はなあ。
呼吸の詳細説明。こういうのは設定厨に効く。好き。蟲の呼吸は風の派生?蝶とかが前提だから羽虫だもんねえ。地虫なら岩だろうが。恋の呼吸は炎の派生?雷の柱は今いないんだっけ。善逸チャンスだな。
で、下壱さん。催眠な。そうなると眠りながら戦える善逸の出番かね?そもそも格が違う?だからこそ面白いか?

斉木
そろそろ畳みに来た?まあ暇だからちょっと話進めとくかぐらいか知らんが。

僕のヒーローアカデミア
予知能力ってそんなレベルのそれなんか。そらつえーわ。

ネバーランド
最後スゲー面だな。

ナンバーワン
予知能力を恋愛関係にしか使わないって、根本からしてポンコツだなあ。占いによるものと信じておりじゃねーよ。

マリー
どの方向にでも動かせるように作ってあるよね。
流石というか、いや流石というしかない。

磯部
非情に磯部らしいクソみたいな話で好きだった。


こんなところか。流石にベテラン勢は一話の重要性をよくわかっている。
とりあえずロボが面白くて、鬼滅も最高。ナンバーワンにワンピも良かった。
総合評価は上の下で。新連載の第一印象記事でも書くかなあ。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/03/20(月) 06:36:13|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

虚構の中で生きている。2017年第11回動画紹介・ジャンプ感想回

サピエンス全史読んだけどちょっと感想書くのきついなあ。私が書いたところで需要なさそうだし。スゲー面白いんだけど。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



ハイラル図鑑を自撮りで埋めようとする狂気。
アレ、ボスとかもあるからなあ。項目自体は金で買えるが……
オチも秀逸。


マリカー。地味にめっちゃ売れまくるシリーズ。いやみんな売れてることは知っているがさらに思いの外売れているというか。
バトルモードとかイカとかの追加だけ?まあでも元が良いしな。元のDLC分もついてくるわけだし。しかしスマッシュブラザーズカート化してない?


今回は2動画任天堂のみ。
ゼルダばっかやってたから仕方ないね。ちなみにまだ全然終わってないのでこの傾向は続くと思われる。


2017年度週刊少年ジャンプ15号感想。
藤巻先生の新連載は来週か。

ワンピ
主人公がこういう選択をするってのが良いよね。シーザーはなんというかもう。キャラとしては好き。

マリー
七星剣。確かに道教だよなそれ。
しかしまた妙にねじくれまがった関係のラブコメだなあ。

ストーン
ベニテングタケは毒だけどその毒の成分が凄いうま味成分という罪なキノコなんだっけ。見た目よりも毒性は低めとか。
狩猟採集民族は実は農耕民族よりも幸福だとかサピエンス全史に書いてあったな。まあ集団として強いのは数が多くなる後者だが。
で、実際意外と早い。でも鳥で行けたからって人間でいけるのか?
というか地味に冬越えスルーされたな。

僕のヒーローアカデミア
ここでルミオとデクの差が出てきたな。現実を見据えているか理想主義か。ヒーローはあるいは夢見がちでなくてはならない?
で、ヴィラン連合。カチコミしてくる?

ナンバーワン
受け答えできる愛玩動物というのも哀れではある。

鬼滅
おお、しっかりヒノカミ神楽について尋ねている。しかし一筋縄ではいかなさそう。
で、同期最後の一人。いきなり成長してキャラデザ変更。しっかし余裕も何もなさそうだがそろそろ話に関わってくるか。
アオイやっぱギリギリ運よく選抜に受かった組か。つーか今も思うがあの選抜なんのつもりなんだろう。もうちょっとなんとかならんのか人的資源の損耗率が高すぎる。
炭治郎天然ジゴロ。しかし善逸も正論。大正時代なので当然機関車はあるが、今度はまた都会?下壱さん大正モダンな感じだったしな。

左門
かつての敵との共闘。利害の一致。あんまりヤバイ系のは召喚できても使役できないからギリシャのなんたらとかは呼び出しても仕方がないが、マステマならという事か。
もっと何か知らん悪魔とか妖怪とか出してもらってもいいんだけどなあ。

磯部
逆から読んだらダサいから落ち込むってまた妙な話をしだす。



こんなところか。鬼滅は安定で他はワンピとか中々良い。
総合評価は中の下で。

鉄血のオルフェンズ。どういう終わり方ができるか、まだまだ見えてこなくて楽しい。アトラ残して全滅とかもある?ラスタルは普通に勝っちゃうのかなあ。アリアンロッドも道連れにして、という線もあるか。油断が出来ない。注目。

キン肉マン。またえぐい技。で、悪魔将軍、どういう状態なのか?この流れでは勝ちそうだがさてはて。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/03/14(火) 04:11:27|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誇り高き怠惰。2017年第10回動画紹介・ジャンプ感想回

ゼルダが面白過ぎる。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。







今回は2動画。ゼルダの動画は実際あんまり見てなかった。ネタバレ怖いというかゼルダやってるからね。時間がない。アレ完全クリアとか何日かかるんだ。完全攻略本とかサイコロみたいな本になりそう。まあ分冊にはしそうだが。


2017年度週刊少年ジャンプ14号感想
Dr.STONE
新連載第五弾。原作はアイシールドの人の。
千空さん、アイシールドのヒル魔っぽいよね。天才具合のねちっこさが。
話としてはスゲー面白そうだが、まあこれから次第という話でもある。期待。トランプ大統領復活したりしない?
というか絵柄にデフォルメが効いてるせいで鳥の石像がリアルなのかそうでもないのかわからんというか。

ワンピ
ほー、こういうのいいよね。悪党と協力。ベッジそういう類のサイコパスだったのか。
結末をどうするか。注目。

ヒロアカは作者急病で一週休みで、

腹ペコのマリー
なるほど入れ替わり方TSででも体は一個。でも田村先生この設定がまずそうだったらすぐ変えてきそうな信頼感があるよね。
カンフーお化けってキョンシーか何か?確かに中国風にはなった。
おっさんが本当に足つっただけというのがなんともいえぬ。
腹が減ったら入れ替わる系?よくわからんが。
まあ来週も注目したい。

鬼滅
ブラックすぎて喜劇である。
きぶつじさん上司にしたくないラスボスランキングで相当上位に行くのでは。
Q.ブラック上司がキレました。どうするべきですか?
A.上司を崇拝しながらサイコパス返事をすれば生き残る目が出ます。

左門
男のツンデレの一種。男のヤンデレ?相当な事故ではある。

斉木
これもまた信仰。


他にも色々あるが今回はこんなところで。
ガンダム鉄血のオルフェンズ。主人公側が悪役になっているというのはこの作品のテーマ的なところだよね。弱いからまあフィクション的なそれではなく現実世界のならず者国家的な。
であるからしてイイモン側は自己完結している。

キン肉マン
ほー、ここで0式奥義。∞ねえ。すげーもりあがり。注目。ここから逆転あるかな?

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/03/07(火) 14:57:07|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国の借金、国の敗訴。2017年第9回動画紹介・ジャンプ感想回

国っつーか政府の、だよね。
まあ政治はやらないけど言葉で欺瞞されてるような気がしたので。
国=政府ってーのは絶対違うしな。国家=政府となるとすでにディストピアSFになってきてる兆候だがまああり得なくはなくなってくる。

ジャンプ感想は動画紹介の後で。



麻雀という文化は賭博と不可分でありイカサマは大きな位置を占める。
とはいってもここまで露骨にするとまあギャグである。
そもそも全自動卓でイカサマもなかなかねえ。とはいえいくつか興味深いテクニカルな技も。
麻雀な。常々ルールを世界統一できんものかと考えるのだが、日米中でルール違い過ぎるのよね。ヨーロッパとかでは廃れてるからその辺から広げる?今のルールはどれもナンセンスな点が多くてな。賭博要素を引きずりすぎというか。



手描きPV。こういう簡潔にして独特な絵柄好き。
紺珠伝は序盤から飛ばしてきてていいよね。設定的には清蘭他の作品で言うところの3ボス4ボスレベルなんじゃない?


これもう最高だよね。大博打を外した時の喪失感。ジュリエッタの蛇腹剣があたって微妙に軌道がずれてしまうという。ちょっとのことで運命は大きく変わる。
ツイッターでも書いたけど、戦争はロマンもあれど無意味な死もまた重要な要素。
ダインスレイブ連射なんかも戦争の無慈悲さ、無味乾燥なところ、身も蓋もない効率、それらを表現しつくしていた。
世界の不条理の中で孤児たちの集団、鉄華団はどう生きるのか。それがこの作品のテーマだということだろう。


こんなところで。わりかしジャンルは広め?そんなでもないか。
そういえばメイドインアビス更新してたね。第6層はもうなんというかやばすぎだが、まずは先駆者に出会い学ぶ?それとも?

2017年度週刊少年ジャンプ13号感想
腹ペコのマリー
新連載。べるぜバブの田村先生。いや流石というほかない。天才である。
いや、何も漫画としての出来が素晴らしいから天才という訳ではない。そりゃ長期連載経験者として、第一話の掴みは上々以上の出来であったが、田村先生の天才性はそういうところではない。
1.今の週刊少年ジャンプ新連載組はラブコメ蠱毒状態。長期連載経験者として勝てると見てラブコメというジャンルで挑んだ。
2.前にやってた読切でTS(トランスセクシャル。性転換。)要素がいけるとみてぶっこんだ。
3.万一失敗したときに備えて不良もの路線、カンフーもの路線、宗教もの路線などに逃げれる道をしっかり描いておく。
4.キャラデザの労力を嫌って手塚先生張りのスターシステム、というか使いまわし。
5.前作と同じぐらいの世界観で前作キャラを出せる余地もあり。
漫画家として食っていくという決意がみなぎるほどに感じられる。特に3番。べるぜバブでは展開に人気がないとなると色々無視して一話で終わらせるという損切の早さが有名であったが今回は先に仕込んでおく入念振り。これは大人気になるかどうかは別として長く続く。
やはり天才か。設定はややらんまっぽいが。田村先生サンデー派なんだっけ。
そういう面を除いてもよく出来ている。気合の入ったマリーinタイガの絵なんかはかなりいいし、俗物的な宗教家というのも面白いところ。道教の寺に黒魔術とかやる教会というのも。異端どころじゃねえだろ黒魔術は。
ギャグも軽快で面白い。生贄は共犯者ではなく被害者だろう。
そして感心したのは告白後に落雷による記憶喪失で、相手が好きなのを知っているというあまりない関係を出してきたというところ。
そのあとTSして恐らくマリーの人格も生きてそうだし(タイガの体は?)、色々描けそうだ。やはり上手い。
次週以降も注目である。
後こまいことだけど普通落雷なら教会の尖塔に落ちるよね。まあ超自然的落雷なら知らんが。

僕のヒーローアカデミア
今週のジャンプ下書き多いね。編集か印刷か運送でなんかあったんかね。まあこの程度なら私はいうほど気にしないが。
サーを少しは驚かせたがまだ認められたというにはほど遠い。ここでミリオとデクの違い、デクのヒーローたる所以を明確にし、さらにシガラキのライバル性を明確にしつつ成長を描くといったところか?
ミリオは少し賢すぎるところがあるよね。その辺?
で、ヤクザ。人身売買でもしてるの?幼女を?なるほどヤクザだ。まあ実際娘かなんか知らんが。
とりあえずヴィランのターンも近いし注目。

ボルト
おお、ここから新展開?小説とか映画でやってたところだもんね。
ボルトに白眼の血が混じっていること。これが重要と。ナルト本編で白眼、ほとんど重視されなかったもんねえ。設定的に重要そうなところにあるのに。
白眼は遠視透視360度視覚だけではなく運命を見通すみたいな真似も本来できると。なるほど写輪眼よりよっぽど目っぽい能力。
何にせよこれからに期待。

ボロ
幾らなんでも風紀委員に生徒の退学の権限まで与えるのは無茶苦茶だぞ。30秒とか言うのも病的だし。
そら殴られるわとしか言いようがない。

左門
良妻である。
べるぜバブの作者の新連載に合わせてベルゼブブと。糞山の王だから部下がクソ揃いと。

鬼滅
修行回がうまい作者である。
で、刀。刀を折ったら一時間包丁持って追い回される。キレすぎである。
伊之助はそりゃキレられる。
善逸とねづこ。これは恋のなれそめ的なそれでいいのか?箱に向かって話しかける辺りはなんというかやや狂気めいているが。
鬼サイド。琵琶の鬼の人、鼓鬼と同質の血鬼術?部屋単位ではないからやや違うのか。上弦の十二鬼月の一人?
下弦の鬼は壱以外汗をかいていて小物臭もするが、全員累以上(下陸以外)なんだろ?つーか累も能力分けてたからアレな訳で。
自分で平伏しろとか言ったり無茶苦茶な責任を押し付けてきたり読心術の最悪な使い方してみたりとキブツジ流が炸裂している。
これ下陸の人、鬼殺隊と戦うまでもなくここで殺されるのでは?もう下伍倒したしねえ。いても物語上あんまり意味ないしここは死ぬと予想。
上弦は百歳以上か。それこそ物語の鬼共というところか。
いつも面白いが新展開も面白くなりそうだ。期待。

ナンバーワン
零一の顔が崩れまくってて笑える。
そらこんなリア充野郎がいればみんな狂気に落ちざるを得ないか。
数値に三浦春馬は完全にバグってるだろ。

斉木
これほど善行をし過ぎるのもまたどうなんだ。

磯部
一つだけ関係のない呪いの人形というクソさ好き。


こんなところか。今回は新連載が秀逸であった。鬼滅も良かったしナンバーワンにボルトも楽しめた。
総合評価は上の中としておこう。

キン肉マン。なるほど悪魔将軍が他の始祖の突出した点を取り入れて対抗と?まだまだ戦いは始まったばかりか。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/02/28(火) 14:38:23|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ