ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

コンプエース9月号、鈴奈庵最終回、三月精第七話感想など

電子書籍の利点っつったらなんといっても発売日の0時から読めることだよなあ。


Fate関連、アニメやってるのもあってか元気だよね。実際面白いし。
幼女戦記はターニャちゃんが軍服吹っ飛ばされて半裸、というか9/10裸ぐらいになってるのが何とも良かった。


鈴奈庵最終回。なんといっても小鈴が主人公の漫画なんだよね。異能を持った少女が幻想郷の中でどう扱われるか、どうなっていくか、そういう話というか。
そういう意味で霊夢は幻想郷のルール側の人間であり、そこの葛藤も描かれる。
マミゾウは妖怪一般代表的な?
そういう意味で、宴会ENDで納まりよく。まあ、人間と妖怪と区切っているけれども、霊夢や魔理沙もその境界たる超人だとでも言おうか。
幻想郷のルールというか仕組みをよく考えさせる作品でもあった。
もえ先生の今後にも期待したい。異議ガールとか。

で、三月精。第四部は三妖精というよりもクラウンピースの話よね。今回はスターの話だが。
なるほど星の妖精だから七夕は専門と。つーか世界平和ね。そらまあ叶うならそれが良いが。
しかし霊夢、クラウンピース、三妖精の微妙な関係良いよね。霊夢さん呼ばわりが移るとか。

星関連で言うと魔理沙も専門か。で、七夕の説明。それ以前に誰でも知ってることではあるか。
ニートはホラー現象。

で、屋台。あおりんごの二人も屋台してる。週刊誌でやってたやつ。二人で協力しろよっていうな。
いつもの面々の他、お燐お空やナズーリン、ばんきっきにはたてなんかも来てる。諏訪子や幽香もめずらしいか。
クラウンピースはなんか猪の丸焼きなんぞ作っているがどうやらルーミアが買って喰ってる辺りいい。
あと、妹紅と一緒に菫子来てる?相変わらず仲がいい。しかし華扇はモブ出演でももの食ってばっかだな。


星の妖精の願い事。あるいは幻想郷では効力があるのか?
スターもたまに謎めいている。まあ大した力がある訳でもないのだろうが、やはり自然の顕現としての不思議を持っているというところか。

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/07/26(水) 02:08:46|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東方天空璋のパッケ絵が同人ショップのページで既に公開されてる件について

とらのあな 東方天空璋紹介ページ

制作のしおりさんで知ったが神主ブログ更新してないのにね。まあそりゃ先に画像渡すか知らんが。それぞれのスケジュールというものがあるという事か。
とらとメロン。

まあ件についてとかやや仰々しく書いたがともかくパッケ絵を見ていくと3人のシルエットが見える。4人説もあるが。
4ボス5ボス6ボスとみてもいいし5ボス6ボスEXボスとか中ボス絡みかもしれない。
三位一体型のラスボスかも?両脇が双子って感じに見えるが髪型的に。



前の二軒目ラジオでは神主の不穏な発言などもあったようだがよくよく気になる。
東方天空璋。今年も注目である。

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/07/26(水) 00:58:23|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「東方Project コラボTシャツ」相当ややこしいことになってない?



いやなんかツイッターで流れて来てたんだけど、まあこういうの自体は珍しくは無い。東方も表舞台で活躍するようになってきたものだという感慨はいつもあるが。

しかし、タイトーと東方。いや、音ゲーでコラボとかあったが、そもそも神主、ZUNさんは元タイトー社員。そういえば霊夢はハクレイノミコとしてラクガキ王国シリーズに出てて夢想封印はそこが初出だったりもする。
割かし、嫌気がさしてというほどでもないが会社勤めが嫌になってという感じというか、それほど円満な退社でもなかった気もする。まあ東方が大きくなりすぎたし必然ではあったのかもしれないが。
この時点でややねじれた関係。

で、絵柄だが、大川ぶくぶ先生。最近はポプテピピックとかで有名だが、元々東方同人上がりという経緯を持つ。結構東方同人上がりの商業作家も増えてきた。数え上げるのも大変だがこの事実だけでも東方の影響力の大きさがわかるというもの。
そんでまあ今でもたまに、いやたまに以上の頻度で東方の絵を描いてたりする訳だが、今回も東方同人でいつも書いていた橙やてゐを描いている。
東方だが二次創作作家が書いている訳で、商業と同人のねじれた関係が想われる。

タイトー側ではインベーダーとダライアス。東方は基本的にSTGなのでそれを合わせるのは素直でよい。
てゐは、てゐ自身は地球の妖怪兎だが宇宙人(月だが)の勢力下にいるのでインベーダー。橙は化け猫なので魚のボスのダライアスというのも素直ではある。まあ深海魚のオニキンメがモチーフのGOLDEN OGREは釣りで釣れそうにないが。
その辺は素直。

で、なんでまたタイトーとのコラボなのにセガのゲーセンのUFOキャッチャーなんだろう。
まあこのツイートはセガのそれなのでタイトーのゲーセンでもあるんか知らんが。



こうして俯瞰すると、東方という存在は未だに規格下されたゲーム業界においても型に収まりきらない存在なのだなあと思う。
そういやそろそろ夏コミか。WEB体験版まだかな?天空璋に憑依録、期待して注目したい。

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/07/15(土) 13:43:47|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東方茨歌仙 第四十話 幻想郷を蝕む異常気象 感想・考察・その他の確認等

東方茨歌仙 Wild and horned hermit. 第40話「幻想郷を蝕む異常気象」の感想や考察など。

第一話「片腕有角の仙人」感想
第二話「意図的に捨てられた技術と地獄」感想
第三話「罪人の金鉱床」感想
第四話「信仰の人工湖」感想
第五話「仙人の本分」感想
↑ここまで単行本一巻に収録
第六話 「雷の持つ見えない毒」感想
第七話 「本物の福の神」感想
第八話 「狐の奸計」感想
第九話 「新旧の妖怪」感想
第十話 「帚木の別天地」感想
↑ここまで単行本二巻に収録
第十一話 「運松庵の太公望」感想
第十二話 「地獄のお迎え」感想
第十三話 「河を捨てた河童」感想
第十四話 「人間に好かれる妖怪」感想
第十五話 「人の寄り付かない神社」感想
↑ここまで単行本三巻に収録
第十六話 「鬼の酒器」感想
第十七話 「梅雨の奇石」感想
第十八話 「宗教家としての仙人」感想
第十九話 「由緒正しいお酒」感想
第二十話 「間違いだらけの酉の市」感想
↑ここまで単行本四巻に収録
第二十一話 「鬼は外、腹は内」感想
第二十二話 「怪魚万歳楽」感想
第二十三話 「道を誤る巫女」感想
第二十四話 「有足の雷」感想
第二十五話 「渾円球の檻」感想
↑ここまで単行本五巻に収録
第二十六話 「野卑な怪異」感想
第二十七話 「妖怪に刺さる針」感想
第二十八話 「桜の木の地底には死体も眠らない」感想
第二十九話「深秘の世界の夢」感想
第三十話「神のみに許された霊力」感想
↑ここまで単行本六巻に収録
第三十一話「誰が兎を生かしたか」感想
第三十二話「ぽんぽこ陣取り裏合戦」感想
第三十三話「足元で蔓延る西洋の悪魔」感想
第三十四話「脳にかかる未確認の靄」感想
第三十五話「茨華仙の信じる道」感想
↑ここまで単行本七巻に収録
第三十六話「天高く神社肥ゆる秋」感想
第三十七話「閃光が起こすのは雪か神か」感想
第三十八話「聖地としての神社」感想
第三十九話「そこに妖怪の山があるから」感想


単行本第一巻の雑誌収録してないところとかの感想。
単行本第一巻の総合的感想・考察
単行本第二巻の総合的感想・考察
単行本第三巻の総合的感想・考察
単行本第四巻の総合的感想・考察
単行本第五巻の総合的感想・考察
単行本第六巻の総合的感想・考察
単行本第七巻の総合的感想・考察

月曜発売。Febriの発売日って全然わからん。
表紙は正解するカド。結構面白いんだけど最近見てねえな。
あと進撃の巨人の作者インタビューとか。スプラトゥーン好きなのね。

たるとたたん。相変わらずクズクソ漫画で好き。まつ毛とか埃とかってな。

茨歌仙あらすじ。
表紙は華仙が雨の中、唐傘を差している。

幻想郷は梅雨入り。雨の中霊夢と魔理沙が談笑している。そこに現れる華扇
雨の日は休養、ならば異変を起こすならば梅雨時?異変が起きれば時間外労働でもする。

歌仙は大量に筍を持ってきた。
筍づくしの料理に竹の酒器での酒宴。更には筍のお刺身。山葵をつけて。

守矢神社の索道によって参拝客は取られきり、しかし里の人間が信心深くなったことはまわりまわってプラスだと霊夢は考える。異変解決では早苗に負けない自負がある。

雷。梅雨時にも雷は落ちるが梅雨入りか梅雨明け、こんな中途半端な時期の雷は珍しい。梅雨明け寸前の雷だとすると梅雨が短すぎる。
ここ最近急に暑くなったり寒くなったり、異常気象が激しい。魔理沙は外の世界の影響と考えるが華仙はそう考えない。

夏のパワーを持った雷。尋常じゃない量の筍。季節の持つ生命力が何らかの理由で狂っている?
霊夢と魔理沙は酔いつぶれている。

翌朝。華仙はもういない。片付けまですべて終わっている。随分と優しい。何か目的があって来たのか?何かを伝えたかったのか。
霊夢たちが思い出せたのは新鮮な筍は生でも美味しいという言葉だけ。
霊夢たちは筍狩りに赴く。華仙の屋敷は行きにくいので迷いの竹林にて。

どちらがたくさん取れるか勝負。
魔理沙は自信あり。あちこち見ていくとなんと竹の花の群生が。
霊夢に至っては光る竹を見つける。

魔理沙は歩いて帰ろうとすると迷ってしまう。
霊夢は光る竹の中身が気になって何とか切れないか試しているうちに妹紅に出会う。
妹紅は手刀で竹を切る、光る竹には生命力が宿っているが中を見ると消えてしまう。原因不明。

魔理沙はいくら待っても集合場所に戻ってこなかった。仕方なく霊夢は一人で神社に戻り竹林の変化を調べた。その結果外の世界の異常気象だけでは片づけられない不思議なことが起こっていた。
その異常気象は手の付けられないほど幻想郷を狂わせていたのだが、それはまた別のお話。

Febri Vol.43へ続く。


あらすじ終わり。天空璋の前日譚!まあそろそろ来る頃合いだとは思ってたが。書籍はこういう役割多いよね。鈴奈庵は憑依華の前日譚だったりする?
しかし妹紅か。書籍では珍しい登場。地味にあうんも出ているというか、狛犬状態だが。
この一連の流れが天空璋でどう動くか。大注目である。


登場キャラ紹介。登場順。
茨華仙(茨木華扇)
東方茨歌仙の主人公。仙人であり実は鬼。お節介なところもある。

異常なんだったら口で言えって話だよな。気付けっていうんだろうが。

今月の名台詞
「異変を起こすなら梅雨時で決まりね」
やや意地悪な忠告がらしい。


博麗霊夢
博麗神社の巫女。東方projectの主人公。やる時は、やる。

迷いの竹林で妹紅に会うっていうのは一つの幸運描写かな?

今月の名台詞
「その時は時間外労働でもするけど」
時間外労働てそういう概念幻想郷にあるん?


霧雨魔理沙
普通の魔法使い。東方projectの副主人公。野生収集には自信。

迷ったまま描写が終わってしまった。
まあここから天空璋のキャラごとのストーリーに分かれるてな話だろうが。

今月の名台詞
「山葵をつけて食べるのかー これは大人っぽいな」
大人っぽいか?


藤原妹紅
不死の蓬莱人。東方永夜抄EXボス。迷いの竹林の案内人みたいなことをやってたり。

迷いの竹林なので出てきたが話自体にはあまり関係がないところがある?
手刀で竹切るてなんか凄いな。

今月の名台詞
「ここは迷いの竹林 慣れた人間でも必ず迷う 不用意に中に入らない方が良い」
RPGで町の前に立ってる人みたいなセリフだ。


その他モブ等
東風谷早苗
いまいち脅威にならない。

高麗野あうん
というか博麗神社の狛犬。わざわざ映したってことはそうなんだろうけど。

射命丸文
日焼けしたチルノ
天空璋自機組残り。チルノは日焼けしてるので別キャラ疑惑もある。


細かい点も含めた確認考察など。
饅頭屋、まだ続けてるのか。貴重な現金収入。
索道の話は原作ゲーム、黄昏の方かもしれんが採り上げてきそうだなあ。

霊夢たちのクソださ採集服好き。スプラトゥーン2のバイト服もそうだけど美少女がダッサイかっこしてるのなんかいいよね。

竹の花。花映塚の時も咲いてたっけ?アレも一種の異常気象異変であるか。

プレ天空璋。異常気象の兆しはもっと前からあった。異変自体ももっと前から?

「どっちの神社?」
これは結構重大な問題か。
山と言えば妖怪の山、里と言えば人間の里、寺と言えば命蓮寺、湖といえば霧の湖、森と言えば魔法の森……
と言った具合に幻想郷では幅広い単語でも一つのそれを指す場合が多かった。ミニマムに充実した箱庭というか。
しかし神社に至ってはそれが崩された。それが作中で言及されたわけだ。
宗教戦争は心綺楼でやったが同じ神社での対立。原作ゲームでも浮かび上がりそうな捩れになってきそうだ。



まあこんなところで。夏コミも言うてそろそろか。なんか黄昏フロンティア夏コミの抽選落ちたんだっけ?まあ上海アリスや吞んべえ会で売るのか知らんが。
やはり東方の頒布がある年の夏コミは気になる。新作が気になるというのはまさに健全なゲーム文化。キャラもストーリーもゲーム自体も。何にせよ注目。
Febri次は8月?夏コミはいつだっけか。Febri発売されてからだよね?8月も忙しそうだ。

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/06/14(水) 00:38:09|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東方天空璋、チルノとエタニティラルバは知り合いだったのかどうか


Radical Discovery 天空璋 - 溶けない炎天下の氷精 日焼けしたチルノ


チルノとラルバの会話いいよね。テンションの高い馬鹿小学生同士の会話って感じで。
同じ妖精同士の会話でも三妖精辺りだともうちょい違うというか。クラウンピースは近いけどそれでも地獄の妖精なだけあってなんかまた違う。性格的に近しいものがあるのだろう。

で、その会話を見るとやや違和感というか疑問もある。
戦闘前、ラルバが「お、日焼けしたねぇ。」とか言ってる辺りチルノと旧知の仲のようにも思えるが、戦闘後ラルバは「負けたー。あんた、なかなかやるね!」とか言い出している。

日焼けした、というのが一般的な妖精にしては、という意味なら単純に小学生並みのノリで馴れ合ってただけともとれる。
あんた、という二人称は微妙な距離感。そしてチルノの強さについては知らなかった?

ラルバの他の自機に対する二人称は、文に対しては「そこの黒い人」、魔理沙には「貴方」。
霊夢のことは巫女として知っているようだ。

チルノの台詞に関してはやはりどちらとでも取れるのでやや難しいところ。同じ妖精だから、夏のテンションで気を許しているのか?


総合的に見ると、とりあえず顔ぐらいは知っている程度の仲ぐらいだろうか?
それ以上かもしれないが平時に戦闘などはしていない。
普通に妖精同士の交流があったのかもしれない。今後の三月精辺りに注目したい。

そういえばどちらも妖精なので異変により能力がブーストされている訳だが、妖精大戦争の差異は異変ブースとは掛かって無かったのだろうか?なるほど魔理沙が極悪に強く見える訳だ。



今回は軽めの記事で。もうちょいまともなまとめはその内。

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/05/11(木) 07:46:09|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ