ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「ジャンルコード別サークル数の推定速報(C82)」を見る

ジャンルコード別サークル数の推定速報(C82) - Myrmecoleon in Paradoxical Library. はてな新館


まあ私が見たところで新しい見解が生まれるというわけではないけれど。
データは上の記事の見てね。


東方は作品別ジャンルで2670サークルで一位。ジャンル全体で見ても男性向けに次いで二位。
増減率も大体安定。飽和したという事だろうか?

この多さは、同人誌(ノーマル、R-18両方、小説も)、ゲーム、音楽アレンジ、グッズ……と多岐にわたった二次創作展開がなされている事も一要因であろう。
このように二次創作が盛んなのは、まずやはり二次創作についてかなり寛容なガイドラインが制定されているからであろう。厳しいルールや、そもそもガイドライン無しだとどうしてもしり込みしてしまう。そもそもそういう作品は二次創作させるという発想自体小さいのだ。
更に、様々なキャラクターに、二次創作を妨げない設定、内容的にも二次創作を意識して、作りやすいように作られている。
そのようにして、二次創作を活発化させる事で界隈事態を盛り上げ、そのようにすることで原作も含めたジャンル全体の人気を作り上げた、ということだろう。どこまで意識していたかはわからないが。そしてもちろん意識してさえそのような作品作りは神業で、作り上げた界隈の管理と言うか、運営と言うか、暴走させず腐敗させずうまくやっているように思える。天然でやっているのか意識してやっているのかはわからないが。
そういう意味で東方は新しい作品創りの方向性なのかもしれない。


TIGER&BUNNYもジャンルが独立し1109と一大勢力を築き上げている。
基本的には「腐」需要であろう。コミケは元々女性参加者のほうが多かったのだ。今はどうか知らないけど。
テレビアニメは消費が早いような印象があるが、2011年前半のアニメだったはずなのに非常に健闘している。これは作品自体の魅力か、それとも「腐女子」達が移れるほど魅力的な作品がそれまで表れなかったのか。
青のエクソシストとかもそうだけど最近は結構人気になった作品人気のまま?

なんか黒子のバスケがアニメ化でやたらめったら(「腐」方面に)人気みたいだけど、どうもコミケの申し込みまでにはフィーバーが間に合わなかったとか。それでもちょっと増えてるらしいけど。ピクシブとかでアホみたいにランキングに入ってるもんねえ。
設定資料集的なアレが売り切れてたりして結構好調らしい。
冬コミに期待か。それまで人気が持つか否か。アニメ二期計画されてるのかな?


ガンダムは最近目に見えて減少しC82では275サークル。
たぶんAGEが破滅的に受けなかったことが要因だと思われる。子供にも受けてない見たいね。子供こそ子供向けなのを嫌う傾向があるから。もうちょい年食ったファンにも厳しく見られている。しかし最近は良くなったマシになったとかそういう噂も聴いた気もしたけど、気になって新シャア板の本スレ見に行ったらダメっぽい感じが漂ってた。
まあ良く考えると新シャア板なんて昔からこんなもんかとも思うし、今後に期待。
でもこういうのってスタートダッシュに失敗した時点で挽回不可能な気がするよね。ガンダムは違うのだろうか。


TYPE-MOON。やたらめったら上昇して482サークル。
これは、サークルの新作の威力もあるだろうが、何よりアニメ化の成功が大きいと思っている。
テレビアニメはやはりその年だけのもの。往年の人気を取り戻すためには継続的な作品化が重要だろうか?よくわからんけど。


Leaf&Keyは減少傾向が続き250サークル。
よく知らんけど、リライトとかいうのがそんなでもなかったんだっけ?
嫌儲板見てると、まあ竜騎士07の話題が出ると完全に馬鹿にされてるんだけど、たしかリライトにも竜騎士07が関わってて、その内容も批判されてたような。まああのアクが強い作風を無理に持ち込んだらそりゃ厳しい気もするけど。


ジャンプ勢は横ばい?リボーンが原作終わりかけで下げてる?ワンピースはちょっと前までが多すぎた?ナルトは最近の展開が見直されている?銀魂は、他の作品に流れている?テニスはSQに移って大安定か?
売り上げとサークル数があまり一致していないのが面白いところ。
ファンの層、二次創作意欲に二次創作のしやすさ、メディアミックスの形などが影響しているのか。



コミックマーケット。同人の祭典。ただ一番大きい同人誌即売会というだけではない。日本の所謂サブカルチャー、所謂オタク文化の中心をなしている。
それ故、コミケの動向によって日本のそういった文化の未来が窺える。
売り上げが表層のデータならば、こちらは深層のデータと言うべきか。もちろん表面も内部もあってこそということを忘れてはいけない。

果実の中心に種がある。それは食べられないかもしれないが、その果肉と同じように大事なものである。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/07/18(水) 20:19:19|
  2. ネット界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<悪人が生きられない世界、悪人しか生きられない世界。第六十九回動画紹介回 | ホーム | RPGとしてのポケモンについて考察>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/997-2de045f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)