ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

インターネット探訪「部屋の雰囲気をガラリと変える、ユニークな16の「壁」のデザイン」

部屋の雰囲気をガラリと変える、ユニークな16の「壁」のデザイン:らばQ

こういうふうにらばQの記事とか紹介する時は私に時間が無いときである。まあポケモンに嵌ってるからだけど。
らばQの記事見ないと多分この記事の内容もわからないよ。まあアフィ広告あるサイト見る気がしないというならいいけど。


壁。壁は基本2次元であるがゆえに、物体的なものよりも情報的なものを置くのに適しているか。
芸術家にはそのまま真っ白いキャンパスに見えるか。


適当に個別に。
ポストイットをドット代わりに使うのは少し前からある手法。
ドット絵は文化だよね。軽く扱われてる気もするけども、デジタル化が進む昨今の世の中では、更に重要度が増すのかもしれない。なんでも3Dにすればいいってもんじゃないのよ。


黒板というのも実用的。まあ最近じゃホワイトボードのが普通かもだけど、レトロ感があるのかな?


落書きをするというのも本質的にわかりやすい。古代人の洞窟の壁画も落書きみたいなもんだもんね。
半分だけ落書きというのも何か面白いけど全然落ち着かない気もする。


本のページやレシピ、地図を張るというのも見て面白いし実用的である。
実用性と芸術性を兼ね備えるというのは難しい?実用性を極めれば芸術性も出てくるという考えもあるが。


お札を貼っちゃうのは非実用の極み。だからこそやる価値があるか。



なんにせよ、巨大な空間、平面であるし、使用しなければもったいない。
であればこそ様々なやり方がある。
部屋を見ればその人がわかる。もはや当たり前か。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/07/09(月) 02:11:48|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<文化の破壊者。第六十六回動画紹介回 | ホーム | 2chの板の「公認アニメ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/986-71e1a0f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)