ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

インターネット探訪「外国人によるSFCソフトランキング」

Top 10 Tuesday: Best Super Nintendo Games


2chの嫌儲板より引用。アフィサイトじゃねーしいいよな。改変も何も翻訳めんどくさいから引っ張ってきただけだし。1だけだからまとめでもないし。

1 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] 投稿日:2012/06/29(金) 12:58:17.04 ID:of1m9oHH0 [1/3] ?2BP(7778)
sssp://img.2ch.net/ico/tinpopo1.gif
Top 10: Best Super Nintendo Games

 1位 クロノトリガー (1995)
 2位 ゼルダの伝説 神々のトライフォース (1992)
 3位 スーパーマリオワールド (1991)
 4位 スーパーメトロイド (1994)
 5位 FINAL FANTASY VI (1994)
 6位 ヨッシーアイランド (1995)
 7位 FINAL FANTASY IV (1991)
 8位 スーパードンキーコング (1994)
 9位 聖剣伝説2 (1993)
.10位 F-ZERO (1991)


If you’ve seen my top 10 games of all time video, you undoubtedly saw this one coming,
but it Chrono Trigger truly deserves the number one spot. Long before they merged to
become Square Enix, Squaresoft and Enix formed what was considered an RPG dream
team to make Chrono Trigger. Featuring key designers from both the Final Fantasy and
Dragon Quest series’, they teamed up to make what I consider to be the best JRPG ever
made, and the best game on the SNES.

http://gamingirresponsibly.com/top-10-tuesday-best-super-nintendo-games


なかなか面白いランキング。外国人らしいとも思うが、外国人が日本らしいゲームを選んだといった感じというか。

スクエニと任天堂で独占。今でも強い会社である。
クロノトリガーはなるほどJRPGの完全形態といっていいのかもしれない。
FF6と4が入って5が入らないのは、なんかバッツが嫌われてるんだっけ?主人公として確かにFF的な影が無い。底が問題か。FFUSAもアメリカな感じの全然絶望感の無いストーリーが受けなかったらしいし。子供は子供扱いされルノがイヤなのとにてるのかな?

そしてゼルダ、マリオ、メトロイド、ヨッシー、ドンキー、F-ZERO……
このバランスもクソも無い任天堂無双がリアルさを出している。今でも出せば売れるタイトルばかりと言うのが任天堂の強さを想わせる。
カービィはどちらかと言うと海外向けと言うより日本向けなのかな?
任天堂の作るアクションは流石と言うこと。常に進化している。走り続けなければその場に留まる事はできないということだろう。


SFC。任天堂黄金時代。その時代のゲームと今の時代のゲームでは何が違うのか。
ゲーム史の本質とは。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2012/06/30(土) 00:44:21|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Wikipedia探訪「近い恒星の一覧」 | ホーム | 黒子のバスケ、31号ネタバレ分の回想含む時系列の考察>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/979-e8d2feab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)