ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

黒子のバスケ、31号ネタバレ分の回想含む時系列の考察

週刊少年ジャンプ31号黒子のバスケネタバレ注意。
まあ回想部分だけだけど。
黒子ネタバレスレでホットな話題だったので自分も考えてみたくなった。



黒子のバスケは回想が多い。キセキの世代というキャラクターの過去、中学時代は非常に重要なテーマであるからだ。
その時々に合わせて回想が行われる。各々が十年に一人の天才と呼ばれるキセキの世代。彼らが帝光中学でいかに集い、いかに生き、いかに闘い、いかに変わっていったか。この漫画における最大のキーポイントである。
最近になって、後にキセキの世代の一人と呼ばれる黄瀬の前に帝光バスケ部スタメンであった灰崎と呼ばれるキャラが出現した。

ここに至って帝光時代の時系列がややこしくなったので、ここいらで整理しておこうと思う。
まずは灰崎の情報についてまとめよう。

暴力沙汰が多く、そのせいで(?)赤司に強制退部にさせられた。

黄瀬は灰崎と入れ替わりの形で帝光バスケ部のスタメンに選ばれた。

灰崎はキセキの世代とは呼ばれていない。灰崎が止めてからキセキの世代と騒がれるようになった。

黄瀬は灰崎に勝ったことが無い(1on1?)。

ここから31号の回想で、
黒子青峰緑間紫原赤司と昼食を共にしている。
その時黄瀬の話が始まり、緑間曰く二週間で一軍入りは「俺達以来の早さ」らしい。
灰崎は話した事は無いが、見たことがあり、(灰崎にしては珍しく)名前を覚えていて、才能を直感している。


そして黄瀬の情報。
2年時に青峰の凄さに感じ入り、帝光バスケ部に入部。

二週間で一軍。その後二日後、青峰と緑間の他に二人の凄い人がいて「キセキの世代」と呼ばれているとモノローグ。黒子は別。黒子は一軍レギュラー。赤司が二人を二軍の試合に同伴させる。中二の春らしい。


うん?あれれ?さて。
とりあえず、これらを踏まえて帝光時代のキセキの世代達の動向を時系列順に直してみる。


赤司・青峰・緑間・紫原・灰崎、一年で2週間で一軍に。

青峰、一年で一軍スタメンに。他は不明だが、恐らく全中までにスタメンになってる?木吉は灰崎と戦った事があるらしい。

帝光、全中制覇。
黒子、青峰と一緒に練習するようになる。
黒子、昇級テストに落ちるが、赤司に才能を見出される
黒子一軍、幻のシックスマンに。

2年時。黄瀬、青峰を見てバスケ部に入部する。
↓2週間後
黄瀬、一軍に。

(灰崎、黄瀬と戦う?黄瀬は一度も勝てず)
(灰崎、赤司に強制退部にされる)
赤司・青峰・緑間・紫原がキセキの世代と呼ばれるようになる。

黄瀬、黒子と出会う。赤司は黄瀬がすぐに一軍スタメンになる事を予測している。二年の春。

青峰覚醒。
帝光全中二連覇。
他の連中も徐々に覚醒。赤司、オッドアイになる?

帝光全中三連覇。
その時に何かあり、その後黒子はバスケを離れる。
赤司はキセキの世代達(黒子含むか不明)に「誓い」をさせる。

バラバラの高校に進学する。


こんなところか。無冠とか色々省いたけど。三年の時系列がカスカスだが、これは今後描かれるのだろう。たぶん無双しまくってたのだろうが。
灰崎関係の時系列がかなり埋まっている。まあ実際のところ矛盾は単純に矛盾として解決される可能性もあるけど、可能な線として、灰崎が黄瀬と戦ったこと、灰崎が赤司に強制退部にされること、キセキの世代の呼び名の発祥。これらはリンクしている可能性もある。

何らかの事件をきっかけに、灰崎が赤司に強制退部されるが、その時起こった事件によって赤司達がキセキの世代と呼ばれるようになったとか。
灰崎のクズ行為(回想でも中々クズっぽい。キセキの世代に今ほど嫌われてはないようだが)を赤司達が止め、赤司が灰崎を強制退部させる。その一連の流れの凄さが反響を呼び、キセキの世代と呼ばれるようになったとか?
バスケ関係じゃないと違うんだろうが……

黄瀬は灰崎の退部と入れ替わりにスタメンになる。これも難しいところだが、
灰崎が強制退部にされてから、黄瀬が二軍の試合に同伴するまでの間、一軍の試合がなく、一軍のスタメンが4人(+シックスマンの黒子)しか決まってなかった時期があるとかで解決できる。あの過去編の後の一軍の試合の前に黄瀬は一軍のスタメンに任命されたという形だ。黄瀬は一軍スタメンになるまでだいぶ掛かると見ていたが、赤司の言うとおりすぐユニフォームを着る事になったという訳だ。

なんにせよ、この辺りの激動は、灰崎戦の休憩時か終了時か、赤司関係で必ず語られるだろう。
黄瀬と灰崎のキセキの世代の名を賭けた戦い。キセキの世代とはなんなのか、そういう作品の本質に迫る疑問の回答がこの試合の結果となるか。
黄瀬が勝ちそうだが、まだまだ灰崎にも可能性はある。先の読めない展開は色々想像できて楽しい。
今後の黒子のバスケに期待である。特に回想など過去への言及には注目である。
スポンサーサイト



テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/06/30(土) 00:14:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<インターネット探訪「外国人によるSFCソフトランキング」 | ホーム | 「キルミーベイベー」のソーニャと「アリョーシャ!」のアリョーシャの相違点>>

コメント

初めてコメントします。
黒子が幻のシックスマンになったのって1年の全中終わってからですか?
黒子vs緑間のときに青峰が「どっちもだてに全中三連覇してねえよ」って言ってませんでしたっけ?
  1. 2012/07/09(月) 19:11:46 |
  2. URL |
  3. あさひ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 初めてコメントします。
> 黒子が幻のシックスマンになったのって1年の全中終わってからですか?
> 黒子vs緑間のときに青峰が「どっちもだてに全中三連覇してねえよ」って言ってませんでしたっけ?

あらら。まあこの記事書き終わってしばらくしてからなんかおかしいような気もしてましたが、黒子は普通に一年からシックスマンですね。たぶん。
紫原が木吉を知っていて(対戦経験があって)、黒子が知らないという辺りで勘違いしてたのかもしれません。そうなると黒子の実践投入時期が絞られてきますかね?イマイチ中学生のバスケの試合事情よくわかりませんが。練習試合で当たったという感じでも無いですし。全中以外に大会ありましたっけ?
木吉は灰崎とも対戦経験があるようですし、一年であたったことは確かなようです。

もちろん一年の描写も少ないので断言できないですが。整合性云々いっても、単に設定が変わりましたとか矛盾がありましたとかでスルーされる気もしますし。
  1. 2012/07/09(月) 22:26:54 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/978-554d4220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)