ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Bleachの小説「BLEACH Spirits Are Forever With You」感想

東方の英訳関係まとめてるけどどうも上手くまとまらない……


Amazonのページ1

なんか評判良いみたいなので買って読んで見た。
ちなみに描いてる人はデュラララとか書いてる成田良悟先生ね。


実際、かなり面白かった。そりゃまあ驚くほど、とまではいかないけど、相当よく出来ていた。

一応、この小説のテーマ、役割は「剣八」関連の描写と「破面」関連の伏線回収といったところだろうか。

七代目剣八「刳屋敷剣八」、八代目剣八「痣城剣八」、そして十一代剣八「更木剣八」。
最強の死神、剣八の系譜をよく描いている。
全員が全員して訳のわからない強さ。能力のインフレとか余裕で起きてるけど、まあブリーチなので問題は無い。
それぞれかなり個性がある。最強にも色々あるわけだ。まあ山爺のほうが強いかもっぽいけど。

痣城は最初の方こそほとんど全能な感じだったけど。最後のほうでなんか戦わずしてボロボロになってる感が好きじゃない。
けどまあ、その捻くれた性格は結構好き。ひねくれたってか異常に純粋?

更木。理不尽に強い。戦う事以外あんま何も考えて無いあたりが素敵。
で、久保先生(師匠)が隠してた「伏線」、成田先生が見つけて書いちゃった件。凄いよね。何がすごいかって師匠が一応こういう伏線張るってことが。これからも期待していいのかな?
伏線と言えば、これまでのブリーチにあった矛盾をかなり解消してたり。まあ師匠からしたら一々解決する気も起きない矛盾なのかもだけど。


で、破面たち。細かいモブ的な破面から、ザエルアポロとかその兄まで、色々な描写がなされた。もうハリベルぐらいしか破面残ってないからこれ以上語られる事も少ないだろうし、面白かった。
もっとも、師匠はアニメオリジナルとかそういう系の設定割と無視するタイプなのでアレだけど。

藍染以前の虚圏について色々描かれていたのも面白かった。ザエルアポロが元々0番って、なんかヤミー0番が後付じゃないとゴリ押す様なアレだけどまあいいや。
細かくホロウと死神の技術・能力的な違いとかもあって面白かった。


あと、ドン・観音寺が弱いくせに活躍しまくってたのは痛快。



伏線回収、キャラの絡み、会話等の描写、バトル。この辺りは満足できた。
ブリーチはやはり素材としていいよね。

不満点は、まあ仕方ないんだが、扱ってるキャラが少ない、偏っていることか。
まあ出てないキャラは本編で活躍する予定があるからなんだろうけど、しかしもうちょい色々深く活躍して欲しかった。ちょこちょこ顔見せはするからこそ煽られる。
零番隊関連に言及があったのはその中でも本編に関わる進展の一つか。

小説を読んだ後に思ったのは、なんだかんだいってジャンプ連載のBLEACH本編に期待しているんだなあと言う事。
本編での温存してる卍解のバーゲンセールとかに期待。零番隊にも。
スポンサーサイト



テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/06/10(日) 03:56:15|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0
<<最近のDQNネーム | ホーム | 一億総精神病>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/955-c2ca44d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【Bleachの小説「BLEACH Spirits Are Forever With You」感想】

東方の英訳関係まとめてるけどどうも上手くまとまらない……Amazonのページ1、2なんか評判良いみたいなので買って読んで見た。ちなみに描いてる人はデュラララとか書いてる成田良悟先生ね。実際、かなり面白かった。そりゃまあ驚くほど、とまではいかないけど、相当よく...
  1. 2012/06/10(日) 18:03:16 |
  2. まとめwoネタ速neo