ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

超能力バトル漫画・それらの能力の特徴や差異2

前回の続き。
ここから差異とか使いやすさとかも書いていく。


スクライド

アルター

能力の性質全般
自分の意思で周囲の物質を原子レベルで各々の個別なアルターに再構成する。『「向こう側」の世界』と呼ばれる胃空間にアクセスして物質を変換し己のエゴを具現化している。生物を再構成することは出来ない。相手のアルター物質を自分のアルターに再構成することは困難だが可能。

形状・実体
形状は様々。形状自体見当たらないものも。隠れて見えないとかかもしれないが。
実体は他の物質を再構成したアルター物質。

能力の規模・パワーなど
能力の種類は論理的能力は無く、物質的能力が多い。精神に関与する能力も少々だがある。
例外的なものを除けば能力の及ぼす範囲は数十メートルを超える事は無い。スピードは上がるものも多いのでその辺で補う?
パワーは単騎で宇宙に到達できるものもあるほど高い。むしろスピードか?

能力発現の条件
ロストグラウンド出身の新生児の2~5%に見られ、その数値は年々上昇している。
後天的に得ることは出来ないらしい。

制約・副作用等
原則的にはないが、精製という過程などによって『「向こう側」の世界』を見たアルター能力者はアルター能力が強くなるがその代わりアルター能力を使うたびに寿命が削れるという。
また、「アルター使いは人間でない」と差別される場合も良くある。

その他特記すべき事
特には無し。


他の作品との比較。
物理的な能力が多い。
スタンドは不可視だがアルターは可視出来る物質。



使いやすさ
物理的な能力ばかりだから、喧嘩にはいいが応用が無い。
物質を再構成するのでゴミの処理にはいいかも。
アンサイクロペディアでアルター塵はリサイクル不可だからどうとか言ってた様な気もするが、確認のため見に行こうとしても全然開かない。安物のサーバー使ってるから?
使うところを見たらすぐにバレルので御家庭で。




次もアニメでコードギアスのギアス能力とかいってみようかな?
予定は未定って言うけど予定はあるのよね。守られないだけで。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2010/04/13(火) 18:14:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ポケットモンスターブラック・ホワイト  思った事と予想 | ホーム | 超能力バトル漫画・それらの能力の特徴や差異>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/95-fb048dbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)