ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

情報長者。第五十三回動画紹介回

情報は実体のないものだが、もはや戦争を引き起こしかねないほどの価値を持つようになった。
いや、価値は元々あって量が増えたのか。


毎週木曜日恒例、ヤングジャンプ、ねじまきカギュー感想。
あらすじから。

生徒会から逃げるカモセンセ達。理事長もヘリコプターで見物している。
オルフェが生徒会の追っ手と戦うために一同から離れる。
安吉良とラムを前に復讐心を滾らせるオルフェ。しかし安吉良の不意打ちでズタボロに。


うひゃー!流石中山先生。やってくれる。鳥肌が立つほどの展開。安吉良のラッシュも凄まじい絵。オルフェはこれで終わりなのかな?

衿沙と理事長。理事長はこの個性狩りの展開でもウインクまでしてご機嫌。衿沙の個性狩りは個性の相対主義の理事長からすれば当然のことなのかな?衿沙は理事長の真意を理解できているのだろうか。
というか生徒会室に盗聴機でも付いてるのか?余り漫画でそういう深いところ気にしちゃだめだけど、衿沙の発言が聴こえてたみたいだし。
衿沙を煽る理事長。理事長的には衿沙はどうなんだろう。親子だけに何かあるのかな?どちらも高いところが好きなお方のようで。
小鹿に「上の蝿」を狙わせる衿沙。というか小鹿も手裏剣でよく届くな。444m以上でしょ?

衿沙はプロパガンダ放送しているが一般生徒には疑われていない。それどころかカモセンセ達に懸賞金まで付けたようだ。懸賞金目当ての生徒相手にカギューの取り巻き達の修行の成果を見せる展開もある?

復讐のために単独で生徒会に特攻をかけたオルフェ。戦いの前に靴下の匂いを嗅ぐのは確かに完全な変態である。
紫乃を襲った犯人を言い当てたオルフェ。復讐に身を焦がすが、そんな事やってるうちに安吉良うなとラム・ピリカにボロ雑巾にされた。
安吉良が髪を掴んでのラッシュをかけて、止めとばかりにラムの野干の一撃。格下相手にやりすぎじゃね?とも思うけど、獅子は兎を狩るのにも全力を尽くすということなのだろう。
中山先生らしい読者の予想を吹っ飛ばす展開と強烈な絵面だけど、オルフェはこのまま終わるのだろうか?
中山先生の前作であるトラウマイスタでは、ラスボス候補だった社長がダヴィンチに不意打ちで暗殺されていたと言う事件があった。中山先生の漫画では変身ヒーローがポーズをとって変身する最中に余裕で殺されるのかもしれない。
また、修行の効果も怪しいものがある。トラウマイスタではピカソが修行したけど結局ダヴィンチにフルボッコにされた挙句失望されたというオチがあった。
まあこれはダヴィンチ関係がおかしいだけと言う可能性もあるが、中山先生は何やるかわからないと言うのも確か。緊張感や絶望感を出すために生贄にされた可能性もある。
しかし、ここから復活がありえないかと言うとそうとも言い切れない。やはりこうした中で逆転する演出は熱いだろう。
剣も折れているが、幸いにも安吉良には髪を掴まれていて超接近戦。身体はズタボロであるが、カギューのように愛の力でベホマもありうる。この漫画では愛は重要なテーマなのだ。
しかし、このまま二人倒して逆転は作劇的にも厳しいか。せいぜい一矢報いるぐらいが限度?螺旋の真理を得たカギューの参戦もあるし。相打ちに持っていくことは可能だろうか?復讐という目的による行動はどうなのだろうか。オルフェの今後に注目。
確かに紫乃を倒した手段は卑怯だし、今回も不意打ち臭い攻撃だったが、実力は確かだし幾ら修行したといってもオルフェでは、さてどうなのか。剣折れてるし……あ、そういえば小鹿の手裏剣が背中に刺さってるか。だからなんだとも思うが。

小鹿と走がかなりいいキャラしている。走は体育会系のノリ(というか上下関係全般?)なら敵の行動にも感動するのか。小鹿は無視されたからといってオルフェの背中に手裏剣を投げる。一々発言が良い。
ムームーは全然目立たないな。バトルの際にその謎が明かされる流れかな?

で、逃げてるカギューの取り巻き+丸恵+カモセンセ。
都合6名だけど、戦闘要員は富江、朱羽、エグ美、丸恵の4人。生徒会の追っ手はオルフェに足止めされた安吉良とラムを除けば小鹿、走、ムームーの三名か。数的には有利だが……
適当に対戦相手を割り振るなら、朱羽対小鹿、富江対走、ムームー対丸恵+エグ美?エグ美が単体で闘えるとも思えないし。あるいは賞金目当ての生徒との戦いもあるかもしれない。
まあ追っ手がいる以上、闘えない窈とカモセンセは逃げるしかないので二人で話し合う時間はあるだろうが……

これから先の展開を予想すると、オルフェがどうなるにせよ(私はアレでノックアウトだと思うが)、生徒会の追っ手がカモセンセ達に追いついて、戦闘要員から数が減っていって、窈とカモセンセだけになったところで賞金目当ての生徒に襲われそうになったところでカギュー到着?意外性を付いてマブルゥが来るかも。そうなったらそうなったでカモセンセピンチだけど、ここで説得できれば……
なんにせよ、全員カギューが倒すのも違う気もするので、脇役同士の戦いにも期待したい。

今回は中山先生らしい、最高の回であった。この調子でバトル展開で盛り上がっていって欲しい。


「ブランコで一回転できるか?」永年の謎に決着をつけた

テキストリンク
ああ、何のかんの言って工夫すれば可能なのね。
こういう物理シュミレーターはいいよね。物理法則という現実のもので仮想的に遊べる。
仮想現実?いや、なんというか、ねぇ。超次元で核爆弾が爆発してもなにも面白くないと言うか。


Google Moogでドラクエの序曲弾いてみた

テキストリンク
できるのか。ドラクエはBGMの面でも革新的だったよね。すぎやま先生。
グーグルってほんとなんでもやるよね。インターネットの申し子?
検索エンジンこそ一番重要なのだが。


程高川島さん、元マネの追悼試合を発案し死亡

テキストリンク
なんJネタ。まあドラッガー読んで野球部が強くなったら苦労ない。
なんJらしい言語感覚がいい。言語によって考え方も変わる。スラングや方言もそうだろうか。
匿名掲示板という存在が生み出した価値。


課金騎兵モバマス予告集【散財編】

テキストリンク
ニコニコ大百科も参考。課金ゲーの恐ろしさ。
アイマスは元々そういうところがあったが、ソーシャルゲームになると本当に凄い事になっている。
物質でないものを売る。21世紀は情報の時代である。


ミリオンゴジカ ~神々の満足~

テキストリンク
この動画自体わからない人にはわからないと思う(私はわからなかった)が、まあなんとなく。
ミリオンゴッドとかいうパチスロ機は余りにも射幸心を煽るので、金をつぎ込んで、金を借りてまで打って、仕舞いには自殺者が続出したので検定取り消しとなったという伝説がある。まあこのMADの映像はリメイク版のだけど。
そういう界隈の話はよく知らなかったけどなんか凄そうな話だったので。




こんなところ。5動画大増量。多けりゃいいってもんでも無いけどね。
明日はFebriの発売日か。なるべく早く茨歌仙感想が書きたい。バレ見たけど凄そうだし。
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/05/25(金) 00:23:36|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<週刊少年ジャンプ、2010年から連載開始した作品を逐一コメントしてみる | ホーム | 週刊少年ジャンプ、今連載している作品を連載開始時期で分けてみた。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/937-b1f9a1dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【情報長者。第五十三回動画紹介回】

情報は実体のないものだが、もはや戦争を引き起こしかねないほどの価値を持つようになった。いや、価値は元々あって量が増えたのか。毎週木曜日恒例、ヤングジャンプ、ねじまきカギュー感想。あらすじから。生徒会から逃げるカモセンセ達。理事長もヘリコプターで見物して...
  1. 2012/05/25(金) 01:25:39 |
  2. まとめwoネタ速neo