ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ニャル子さんのアニメ(FLASHじゃない)のPVが思いのほか良い件について

茨歌仙の表紙と付け替えカバー。そういうアレなのか。一種の後出しじゃんけんとも言えるが、この場合、時系列を考える事がそもそも妥当なのか。


這いよれ!ニャル子さん PV

テキストリンク

アレ?クソでも見ると決定してたんだけど、思いのほかちゃんとしてる!

FLASHアニメで二回やってたんだよね。OPはまともだったりしたけど。
まあそれでも個人的にくだらないクトゥルフネタが好きだったんだけど、今回は三期(?)、本格的な原作準拠のアニメ化。
元々FLASHアニメはニコニコに公式があったから期待はしてたんだけど、ちゃんと配信決定したようで。

ニャル子が死ぬほどあざとくてウザいのが原作通りで好印象。
パロネタはどうなるかな?結構わかりにくいのも含めて9割パロディで進むラノベだったからなあ。その辺の解決が課題か。

クー子とかキャラが集まってからが真骨頂でもあるんだよね。学校はあるけど、学園ものの定番ネタとかやるだけしか使わない感じだし。

主人公の真尋が結構暴力的なんだよね。フォーク使ったりして。フォークなのがギリギリな線といえばそうだけど、大丈夫なのかね。乙女の柔肌につきたてるのは。まあ邪神だけど。

ラブコメといえばそうだけれど、ラヴクラフトコメディで別に愛は無い。
クトゥルフ物的描写にはあまり期待はしない。基本クトゥルフものってビジュアル化困難なんだよね。H・R・ギーガーぐらいか?成功してるのは。まあエヴァの使徒とか若干クトゥルフ的だけど、エヴァ並のクオリティを求めるのは無茶な話。
ニャル子さんの設定的には宇宙生物でしかないから、まあそのように描写されていればいいや。



なんだかんだいって結構面白そうなアニメが揃っている。
というより、好きな作品のアニメ化が進んできたと言うべきか?
アニメファンも、まだ見ぬアニメ候補を探しに漫画やラノベを読むのもありだろう。原作ファンから見るアニメはまた違った視点である。

アニメにされるような面白い作品を見つけるのがまた難しいのだが。
面白いと感じても、マニアックすぎたりね。
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

  1. 2012/03/24(土) 01:37:17|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東方茨歌仙 第十一話 運松庵の太公望 感想・考察・その他の確認等 | ホーム | 逆転の人生。第三十五回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/876-ad84093a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)