ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

世界の「名言」にケチをつけてみる3

記事まとめ記事は今週末まで延期。
またしても歴史に名高い偉人が残した名言を貶していく。

※注意事項
1.ジョークです。
2.自分も名言っぽい断定した言葉適当に他の記事で書いてたりしますが余り突っ込まないでください。
3.それぞれの突っ込みに整合性とかそういうこと考えないでください。
4.反論しにくいのは抜いてたりします。皮肉っぽいのとか。
5.名言の内容ちゃんと理解してなかったらごめんなさい。理解してて無視してる場合もあるかもですが。
6.あくまでジョークです。
7.この記事は続きものです。前回はこちら。第一回はこちら


今回はgooの「あつめてみた。」の偉人の名言100その2から名言をコピペ。 なんかまともに見れないから、グーグルキャッシュから読んでるけど。


ではスタート。

ローガン・ピアソール・スミス
その仕事につきものの単調で嫌な部分が苦にならないなら、その仕事は自分に向いているのだ。

苦にならないものは仕事ではない。錯覚か、勘違い。

マーガレット・ボナーノ
それからはずっと幸せに暮らしましたとさ、というのは一日一日の積み重ねによってのみ可能なのだ。

才能が無い人間の戯言。

カーネギー
たいていの者は、自分でも思いがけないほど、すばらしい勇気を持っている。

所謂無知の蛮勇。つまりたいていの者は無知なのだ。

ゲーテ
ただはつらつとした活動によってのみ、不愉快なことは克服される。

はつらつとした行動こそ不愉快が生じる原因。コカインの禁断症状はコカインによって一時的に克服されるが、原因はコカインなのだ。

ゲーテ
ただの1日は間違いと失敗にすぎぬが、それが積み重なって、ある期間になれば結果や成功がもたらされる。

積み重なった結果は大失敗か良くて虚無。ただの一日を成功にしなければ意味は無い。

ショーン・コネリー
つねに真実を話さなくちゃならない。なぜなら真実を話せは、あとは相手の問題になる。

常に真実を話す人間ほど信用が置けない人間はいない。

ブレーク
つねに素直に語れ、そうそれば卑しい人間は君を避けるだろう。

卑しい人間を避けようという心こそ卑しい。自分を避けなければならない破目に陥るだろう。

ウスペンスキー&グルジェフ
できることから始めなさい。まず、第一歩から始めなさい。いつも必ずこれ以上できないという限界があります。あまり多くやろうとすると、何事もなし得ないだろう。

不可能と思うことから始めよ。常に先へ先へ始めよ。限界など人間には到達できない。一つの事に執着すると、成し遂げるという意味が無くなる。

小津安二郎
どうでもよいことは流行に従い、重大なことは道徳に従い、芸術のことは自分に従う。

どうでもよいことは慣例に従い、重大なことは慣例に従い、芸術のことは慣例に従う。

トルストイ
どんなに仲のよい、美しい打ちとけた関係であっても、相手の気に入ることを言ったり、賞賛したりするのは、車輪の進行に必要なように、是非なくてはならないものである。

間違いである。

セルバンテス
どんな困難な状況にあっても、解決策は必ずある。救いのない運命というものはない。災難にあわせて、どこか一方の扉をあけて、救いの道を残している。

本当に困難な状況に陥っていない人間の妄言。真の運命は泣き寝入りが一番マシというものだ。

ドライデン
なにはともあれ、笑うのはいいことだ。藁が人間をくすぐって笑わすなら、それは幸せをもたらす道具である。

え?

シェイクスピア
ばかの愚かな行いは、いつも、知恵者の砥石になるものだわ。

知恵者こそ愚かな行いをする。

アドリエンヌ・リッチ
一人の女性が真実を語るとき、彼女のまわりでより多くの真実が語られる可能性が生まれる。

真実を語ることは不可能だ。

マーフィー
もし貴方がおこりっぽく、気まぐれで、気むずかしく、意地悪な人ならば、猛スピードで年をとっていくだろう。

逆。

トーマス・エジソン
もし自分にできることをすべて実行すれば、その結果に文字通り、びっくり仰天することだろう。

びっくり仰天するのは他人。もちろんその末路を見て。

シェイクスピア
もっとよく、というあがきが、往々にして、すでによいことを台無しにしてしまう。

すでによいことなど無い。

ジョン・F・ケネディ
やるべきことはやる。自分がどうなろうとも、いかなる障害、危険、圧力があろうとも。これは人間道徳の基本。

「やるべきこと」などやらなくてもよい。他人がどうなろうとも、いかに容易で、安全で、責任があろうとも。人間には何も決められたことはない。

アラン・コーエン
よい人間関係を築こうと思ったら、貴方の愛の気持ちを相手に示すことだ。

人間関係とは気持ちを示さないことだ。

ビュフェ
よく狩りをする者はよく獲物を見つける。

よく狩りをするものはよく狩りに出なければ獲物を見つけられないのだ。もしよく狩をするものがよく獲物を見つけるのならば、それは無駄である。

J・ジェローム
よほど巧みに嘘をつけない限り、真実を語るに越したことはない。

最も巧みな嘘とは真実を語るという事だ。

ジョン・レー
ロバにはロバが美しく、ブタにはブタが美しい。

ロバにはブタが美しく、ブタにはロバが美しい。

ラ・ロシュフコー
我々は、たとえどれほどの恥辱を自ら招いたとしても、ほとんど必ず自分の力で名誉を挽回できるものである。

恥辱は永遠に背負う重荷であり、名誉はもはやありえない。




ここまで。
今回は単純だがそれゆえわかりやすいのが多い?
要するに、名言はそれらしいが、逆の意味にしてもそれらしく聞えるという事。
つまり、その人物の経験経歴が説得力を作る。
なので全く知らない偉人の名言などをありがたがるは危険なのだ。

勿論ジョーク記事である。
とはいえ、偉人、名言。こういった概念についての認識を再検討するために何かしらの意味を持つかもしれない。
偉人の名言。偉人、ある種の業績を残した人間の言葉は何も成し遂げていない人間の言葉より常に正しいのだろうか?
言葉は言葉でしかないと私は思う。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2011/12/19(月) 08:29:53|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<溶けゆく世界。第169回動画紹介回 | ホーム | 賢くてもアホでも同じな社会。第168回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/766-8ae4d133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)