ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方神霊廟、パラレルエンディングにみる東方projectにおける道教と自機キャラとの関係

なんか更新結構途切れたね。まあ月に32記事と言うのがノルマだから巻き返せばいいんだけど。三連休だし。
今週のヤングジャンプのねじまきカギュー、やばかったね。展開早過ぎて怖い。トラウマイスタのトラウマ。まあ俺は展開早い方が好きなんだけど、この作者は前のめりにガンガンストーリー進めていくタイプだと知っていても、単行本に重版が掛かったという話を聞いても、やはりクソアーメン的展開が待ってるのではないかと恐れてしまう。まあそれはそれで面白いんだけどね。でももっと長々続いて欲しい気持ちも。しかし大ゴマ・見開きの使い方が凄まじいわ。ブリーチ見たく全部のコマがでかいんじゃなくて、メリハリがあるというか?いや俺ブリーチも嫌いじゃないけど。
イカ娘の公式ファンブック、たけえ。いや千円だけど思ったより高かった。内容は中々。書き下ろしとかもあるし、人物相関図が結構好き。能力とか特技一覧とか。小さいイカ娘はあんま好きじゃないんだけど、書き下ろしのアレは結構いいな。しかし、絵・変わりすぎである。

東方神霊廟、バッドエンディングに見る自機キャラの差異
東方神霊廟、ノーマルエンドに見る諸々の設定

エンディング関連の話書いていいのかというのは上の「バッドエンディング~」の記事の冒頭に書いてる。テキストそのまま使わずに、エンディングのスナップショット無しならいいみたい。
というかさっき気付いたけどバッドの記事とノーマルの記事でタイトルのエンディング・エンドで表記ぶれしとる。どうでもいいけど。

ようやくパラレル全クリアしたのでパラレルエンドの記事。まあ本気ならチートツールみたいなの使ってさっさと書けばよかったといえばそうだけど、それではやはり感想も違うかなと。苦労してクリアする事に意義があり、楽しみがある。
実際にはそういうのの導入がめんどくさかったのとか、東方記事とは言っても何連続もするのはこっちが倒れるというのとか、私自身がゲーム楽しみたいとか、色々あった。

やはり東方神霊廟は欲との戦いのゲーム。欲を如何に制御して動けるか、それがこのゲームのゲームとしてのテーマだと思う。
稼ぎすっげー楽しいんだけど、稼いだら事故るんだよねこのゲーム。
溜め撃ちが強いけどその分無茶に前には行かない妖夢はノーミス6機4ボムでクリアしたけど、神霊ゲージが溜まりまくるので稼ぎが楽しい早苗は事故りまくって0機3ボムという体たらく。
パラレルエンド目指して、ボム欠片七個から死んで十七条終わった後の欠片とってボム3個でパラレルみよう勢はスペルプラクティスでしっかり星降る神霊廟練習すること。結構硬いから死ぬ。テンパってると三機死ぬ。後霊界モードで最後のボム欠片はとらない事(霊界で一ボムになり死んで二ボムになる)。結構ミスって呆然とする。した。



というわけでパラレルエンディング。その内容は「おまけ」的内容。見ても見なくても良い本筋とは離れた話。そもそもエンディングそれぞれ正史とも思えないんだけど、或いは全部あったことなのかもしれない。でもノーマルエンドは全部あったとするとおかしなことになるんだよねえ。うーむ。まあその辺は曖昧な領域にしているのだろう
パラレルエンディングはクリアした自機と道教に関する話。ノーマルエンドに比べると絵も少ないが、こちらもとぼけていて面白い。ノーコンテニューボム三個残しという稼ぎでもクリア重視でも余り無い状況が条件なのも頷ける特殊な内容。トゥルーエンドとかじゃないのよね。
Wikipedia、パラレルの項より

引用
パラレル (parallel) は、英語で平行、並行、並列を意味する言葉。

ノーマルとパラレル、どちらが上という話では無い。


それぞれの自機のパラレルエンド概要、そしてその考察。
霊夢

博麗神社。よく見たら賽銭箱が茨歌仙みたいな陰陽魚のマーク付でなく「御金」と書かれている。結構建物のデザインはあやふや?
霊夢は(今日は暇だから)ごはんを食べようとしている。無意味に気合が入ってる気もする。
壁からガリガリと音が。

霍青娥が壁に丸穴を空けて登場。若干茨歌仙の道場の窓に似ている。
穴を空けたことについて非難されると手品のように穴を消す(すぐ快復する、らしい)。青娥は屋内に。
青娥は霊夢にタオの教えを乞いに来たらしい。
青娥は霊夢を褒め称えるが、霊夢はタオなんか知らないと言う。
しかし青娥曰く、霊夢の使う力は道教そのもの、陰陽玉もお札も霊界トランスも、他にも色々道教の力を使っているんだとか。
霊夢はそのことについて知らなかった。日本ではそういうものを陰陽道という。

青娥が霊夢に迫るのは霊夢の力に魅入られたから。
青娥は強い人間の力に引かれる癖があって、豊聡耳神子に道教を伝えたのもそのせいらしい。


ごはんってそんな、「そうしよう!」って感じで食うものだっけ?白米しか盛ってないし。まあ急に青娥か来たからかもだけど。
ご飯を食べれるだけの財力はまあ勿論あるわけだけど、ご飯に困っている疑惑が出たという話。どうとでも取れるようにしてるんだと思うけどね。

壁の丸穴。霍青娥は穴掘り能力者。ミスタードリラーじゃないけれど。まあ中国風の窓みたいな?
快復って?仙人流のなんか龍脈とか風水とかそれ系?壁が快復するとは。壁の形を変えただけとか?壁堀も大変だな。
霊夢の力は陰陽道。確かにそういうモチーフ多いよね。そういや魔理沙もミニ八卦炉とかあるし、早苗も九字刺しとかやってたな。意外に道教の影響大きいな。
陰陽玉はオプション。オプションって実際なんだと思ってたら普通にみたまま攻撃の補助に使ってるのね。ちょっとしたファンネルの類?
霊界トランスも道教?小神霊集めて結局何やってんだよ。
霊夢はそのことを知らない。というか霊夢は何を知っているのだろうか。神社の巫女としての技は誰から学んだのか。過去編はなさそうだ。設定資料集とやらに期待。

青娥は強い者に靡く。強さこそ正義ー。

青娥のつけてる羽衣は安物。買うのか?どこで?あれって何の意味あるの?



魔理沙

魔理沙の家。ゴチャゴチャと物が散らかっている。
帽子掛けにいつもの帽子。スタンドライトのように机?を照らす謎の花。積まれた本(8冊くらい)に巻物?インクと筆?何かが入った丸フラスコ。六芒星が描かれたマグカップ。水晶。そして星蓮船のUFOらしき物が置かれている。
通気性が悪く物のせいで薄暗い。魔理沙は外にいるようだ。奇声が聞こえる。

道教的な服(白っぽくて袴?に六芒星が描かれている。布都辺りの服を思い起こさせる。ドロワーズがモロ見え、帽子はいつも通り靴とか髪型も。)を着て朝っぱらから踊り狂う魔理沙の姿が。
朝の修行らしい。
青娥から道教の秘密、不老不死について聞いたらしい。
道教の最終目的とは不老不死。
茨華仙(華仙表記)からも聞いたし神子や布都のような不老不死らしき人間も見て道教にはまったらしい。

どうやら修行は我流のよう。
不老不死はともかく早起きと運動で多少健康になっている。
どうせすぐ飽きる?


ゴチャゴチャ散らばったもの。光を放つ花。ソーラービームなら知ってるけどこんな便利なのは知らない。電気来てないからね。ただでさえ薄暗いのに。
丸フラスコってメスフラスコ、容量計る用なんだってね。どうでもいいけど。

六芒星のマグカップは道教にはまってから買った?元々あった?
UFO、つまりぬえの正体不明の種。魔理沙は捨てない人だし。友情出演。というか空飛ばないものも正体不明の種くっつけたらUFOに見えるのか?それともアレ飛宝か?他の空飛ぶものだったりして。

あの服はどこで手に入れたのやら。香霖堂?ドロワ見えまくりだけどドロワだしいいのかな。
帽子とかは変えない。帽子変えたらわからんもんね。ZUN帽は個人識別の道具。

不老不死。魔理沙は本気かどうかわからないが狙っている。
結局神子とか布都は不老不死なのだろうか。刺されたら死ぬタイプの不老不死かも。この辺いい言葉が無くてたまに困るのだが。老いたり老死はしないけど、まあ物理的には普通に死ぬというアレ。

修行は我流。師がいないとねえ。魔理沙がちゃんと修行しても霊夢より弱いのはこの辺?
不老不死も健康から。



早苗

秘密の地、神子達の道場。仙界、神子達が暮らすために造られた閉じた世界で幻想郷かどうかも不明だとか。

なんとそこで早苗が道教に改宗して修行している。
道教風の服(袴?に陰陽魚)にゼッケンみたいな「さなえ」と書いた布が縫い付けられている。カエルの髪留めは確認できるがヘビの髪飾りは見えない。見えないだけかも。
なにやら巻き藁か丸太かなんか(喋ってる?)に拳を(POM!っと)打ちつけている早苗さん。
布都がコーチをしている。
改宗したのは圧倒的なカリスマに当てられたとか。
ラッセッラーとか叫んでいる。
道教の修行として少し疑問を持った早苗だが(道教の修行はこんな感じなのかという質問に対し)布都曰く、「確実にそうだ」。

欲=小神霊を集めることが信仰に繋がるので修行も改宗もした訳だが、なぜか自分が信仰してしまっている。
だがそれは間違いではなく、神道は仏教、道教に密接な繋がりがあるゆえ、それを知らずして信仰を会得など出来ないと考えたかららしい。

すぐまた改宗したけど・・・



ドラえもん的異空間。そういえば青娥は青い。名前にも青が付いてる。
なんと巫女であり半神半人である早苗が改宗してしまう。その場合早苗向けの信仰とかどうなんだろ。まあ神仏習合とかあるし大して関係ないのかな。ヒンドゥー教ではシャカはヴィシュヌの化身の一人なんだっけ?そんなもん。いやそれとは若干違うか。
布都の「確実にそうだ」という言い回し。青娥に適当なこと教えられていると心のそこで疑っている?そうだとしたら今までやってきたこと全部アレだから疑念を振り払おうと確実にそうだといったとか?穿ちすぎか。
信仰のために改宗したらしい。行動力が半端無い。霊夢とか茨歌仙とか読んでもわかるように楽して儲けろ戦法だからなあ。歴史も勉強しなおすし、向上心も高い。霊夢が家で暇してごはんを食べている間に早苗は進歩を続ける・・・!

仏教も知らないとダメなんだよねこの理論だと。再改宗先は命蓮寺だったりして。
しかし学者じゃないんだから信仰者がそこまで知る必要あるのかね?宗教と言うものにはそこまで詳しくないのだけれどもその辺どうなんだろ。知るに越したことは無いのかな?聖書なんか読むほど深みに嵌っていくイメージだが。
学者といえばアカデミックな調査とかそういう言い訳早苗さん星蓮船でしてたような気がするけど、魔理沙も神霊廟でしてたな。
まあ遺跡は学者の飯種かもね。



妖夢

冥界。死後、霊たちが行く世界の一つらしい。地獄とか天国とか死後の世界いっぱいあるから閻魔も大変だな。
無駄に広い。

庭の掃除もせずに付け髭を蓄え半霊の上に座禅しフォフォフォと笑う妖夢。
妖夢は実は自分が仙人だったと気付いたとかのたまっている
春の陽気かと思いきや、神子達に仙人仙人言われ続けたのが原因らしい。

その様子を幽々子が面白がり幻想郷のあちこちに吹聴した。

正気に戻った妖夢にとって黒歴史になった。
妖夢は幽々子に一生頭が上がらない。


死後行く世界の一つ。悪くも無く良くも無かった死人?煉獄とかないのかな?

ストーリーで散々仙人扱いされたら調子に乗った。
でも付け髭とか関係あるのか?半人半霊って実際どういう種族なんだろ。アンデットともまた違うし。親族の妖忌も半人半霊なんだろ?どういう状況なんだか。スタンド使い?

しかし幽々子は酷い。みんな知ってる黒歴史。




といった感じである。
全体として比較してみると、
影響されやすさは早苗>妖夢>魔理沙≫霊夢。
霊夢は何が来ても変わらない。変わらない良さがある。
魔理沙は新しい物好き。とりあえず試す。そういえば風神録の時も分社造ってたっけ。
早苗の行動力は異常。立場考えろよ。流石現代っ子。
妖夢は受動的だが洗脳される。半人前である。

道教の真理に近いのは早苗≒霊夢>魔理沙>妖夢。
早苗は何か悟ったらしい。本場で修業。問題は布都が頼れるかどうか。
霊夢はそこかしこのアイテムや技が道教由来。新しく学ぶものは無くむしろ教える立場?
魔理沙は少し健康になった。
妖夢は付け髭をした。

神子達との関係が深まったのは霊夢≧早苗>魔理沙>妖夢
霊夢は、ノーマルエンドのそれは別にしてもわざわざ訪れてくるほどの関係。
早苗は本拠地に修行しにいっている。
魔理沙は青娥になにやら教えられたらしい。
妖夢は結局まともなコミュニケーションもとれず黒歴史を作る羽目に。


・・・妖夢はまた別なバッドエンドだな。
魔理沙は常に三位。まあ魔理沙らしいといえばそうかも。
早苗は本拠地まで出向いて修行と言う積極性が評価。履歴書に書けそう。
霊夢は流石の貫禄。ずっしりと構えてます。

霊夢は家の中、魔理沙は家の外、早苗は仙界の道場、妖夢は雲(半霊)の上。
それぞれのキャラクターをいる場所からして上手く表している。妖夢は自分の世界というべきか・・・

全体として面白い、やたらと陽気な印象を与える。稼ぎの結果でもクリア重視の結果でもない魅せプレイの結果だからか。
バッドエンドのシンプルなキャラの性格描写、ノーマルエンディングの設定披露とはまた別の、力を抜いた、楽しいエンディングという感触を受けた。
道教の影響力が深く感じられたエンディング群であった。





日本の宗教については神霊廟で語りつくした感がある?キリスト教も地味に入ってきてるけど、文化となったかと言うと微妙だからなあ。
スペルプラクティスや4自機と言う点で若干永夜抄と被るが、果たして神霊廟組みの未来は。全員人間だから出しやすいのかな。
道教と霊夢の意外な関係など、まだまだ語りつくしていない感がある神霊廟。
これからの東方projectにますます期待が掛かる。道教関連が今後の作品に影響を与える事もあるかもしれない。


神霊廟が妖々夢と星蓮船の世界観の組み合わせだから次回作は他の組み合わせって可能性もあるわけだ。
再出演に期待が掛かるキャラ、リストアップしようかな。
あと全部のエンディングの総まとめとか・・・
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2011/10/08(土) 02:35:11|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<時間とネタは反比例の関係。第131回動画紹介回 | ホーム | 答えを知っているという事を知らない。第130回動画紹介回。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/687-6ba49c99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)