ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

覇王鬼帝2、「ハローキティといっしょ!ブロッククラッシュV」公式サイトオープン・・・

ハローキティといっしょ!ブロッククラッシュV公式
ドラス公式
ハローキティといっしょ!公式

つーかVitaで出るんすか。高性能機で何するつもりだ?
いや、それ以前に、続編作るほど売れたのか?続編作るほど好評だったのか?「ハローキティといっしょ!」のファンには結構叩かれてたような印象だが。
それともスゲー低コストで出来たから黒字だったとか?Vitaで作る時点で厳しそうだが。

前作、「ハローキティといっしょ!ブロッククラッシュ123!!」は散々記事にしたが非常にインパクトの大きいクソゲーで、激戦の2010年携帯ゲーム機クソゲーオブザイヤー(KOTY)で大賞をとったほどの逸材だった。
KOTY携ゲ版Wikiより大賞「ハローキティといっしょ!ブロッククラッシュ123!!」
当ブログ記事より
クソゲーオブザイヤー、覇王鬼帝、及び最近の傾向について考察。
KOTY、クソゲーオブザイヤー2010 動向のまとめ 主に携帯ゲーム板の
クソゲーオブザイヤー2010 遂に大賞決定!※携帯ゲーム版のね。
クソゲーオブザイヤー2011携帯機版 今年の門番「対戦チンチロリン」※この記事の下のほうにブロッククラッシュ新作の企画ツイートを転載してる。

という訳で最近のクソゲーの中では非常にビッグネーム、悪評知れ渡るクソゲーな訳だが、どうして続編が作られる事になったのか。その辺を考察していく。


1.クソゲーという評判が知れ渡りすぎて逆に売れたので続編。
悪名は無名に勝るという説。
確かにクソゲーというのはそれ自体でジャンルになりうる。つまりその「ダメさ」、「クソさ」を評価する人間、そのために作られたのではないか、という説。
たしかにこのゲームを巡る顛末は傍から見ていて面白かった。それに参加するだけの価値はあるかもしれない。ないかもしれない。

2.高難易度ブロック崩しという分野の開拓。
はてさて、高難易度ゲームの歴史は古く、根も深い問題だ。
最近のゲームはどんどん易化していっている印象がある。ライトゲーマーの増加に伴って、本気で取り組まないとクリアできないようなゲームは避けられ、それ故その数も減ってきているようだ。
とはいえ、それを望むコアゲーマーも少なくない。そこを狙い目とするという考えだ。
高難易度ゲームが発達しているジャンルといえばSTG等、アーケードゲームに近い場所のそれが多い。ブロック崩しはアーケードゲームで、元を辿ればSTGもブロック崩しのヴァリエーション、つまり遠縁と言える(逆かも)。そういうゲームのジャンルを創造できればそれは大きなパイとなり、大バクチに勝った事になる。
問題はその難易度の理不尽さ、運が絡む要素だが、そういう要素を取り除くなりすれば、或いは可能性があるのかも。

3.実はブロック崩しなんか低コストで作れる。
まあプログラムとしても、適当に色々ルール追加するにしても非常に簡単なものである。
グラフィック、音楽も前作は非常にシンプルであった。バグが無いといわれるほど。
というわけでローコストローリターンの道を行くということ。
でもPSVitaの開発機材高そうなんだけど?買うのはホープムーンだからいいのか?まあ別にVitaのゲーム作れるし、その練習とか。

4.話題づくり。
ドラス、更にはハローキティといっしょと言う企画は非常にマイナーである。
話題性では事欠かないKOTY級のクソゲーを作る事でその知名度を底上げしようと言うのではないか。
そのためにクソゲー作ると言うのもおかしな話だが

5.汚名返上。
KOTY大賞に選ばれるほどのクソゲーを作ってしまった、こんなはずではなかった、あるいはやりたいことと違うものが生まれてしまった。
であるからして、その失策から挽回するため、本当に作りたかったものはこういうのだよ、というものを作る。と言う話。
でもそれじゃあデスクリムゾン2みたいな煮ても焼いても食えないものが出来そうな気が・・・
良ゲーが出来たらいいんだけどね。うん。

6.嫌がらせ。
中小ゲーム企業のブラックな体質に絶望して、全次元宇宙に呪いを掛けるように練り上げた地獄の呪物、それがブロッククラッシュシリーズだ!と言う話。
まあ悪意や殺意がこもった芸術品というのもいいよね。人を呪う歌、殺意を昇華させて作った文学。素晴らしいものだ。
KOTYに選ばれているからにはまあある意味で素晴らしいものかもしれない。
ともかくそれで開発人の鬱憤が晴れるならば一石二鳥ではないか?
うん、無いね。





まあこんなところだろうか?
発売日は未定だが、発売された年のクソゲーオブザイヤーを賑やかすだろう。クソゲーであろうとなかろうと。
負の期待は負の賞を掛けて正となり得る。
これからの新情報に注視したい。なんでも新キティラーが登場するとか。こんなゲームで出していいのかな?いや、元々の企画ですでにでてるか知らんけど。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2011/09/23(金) 11:50:10|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東方神霊廟、ノーマルエンドに見る諸々の設定 | ホーム | 来週(42号)のジャンプ順位順バレが凄まじい件について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/674-74ef12f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)