ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

インターネット探訪 「各ラノベ出版社のラノベレーベルランキング」

ウゲェ、動画紹介回の番号いつのまにかズレてるじゃねーか…
神霊廟は届いた。一応霊夢でEX出した。もっと簡単かと思ってたけど思ったより普通に難しかった。STGの腕衰えてるのかな?動体視力?


各ラノベ出版社のラノベレーベルランキング やらおん!
まあ2chのアニメサロンの転載なんだけども。

449 名前:メロンさんex@ご利用は紳士的に[sage] 投稿日:2011/09/10(土) 18:47:50.81 ID:lqKmYh7p0

ラノベの新人賞の評価らしい


特 電撃  育成の余裕がないのか無難な受賞作が目立つ。
        尖った作品も拾い上げてくれるが、売れなければ一冊で使い捨て

――【王者の壁】――
優 富士見 デビュー後、次のシリーズで躍進する者目立つ
   MF   萌え路線が功を奏し躍進中。平坂読がエースの座に。準主力層が厚くなってきた

――【駒数の壁】――
上 ファミ通 井上堅二クラスは出ないが、一冊切りは少なくなった
   靴    大賞ブランド崩壊、ザ・スニーカー休刊。
        ハルヒ復活の際、作者が精神的な問題を示唆。編集長が交代

――【大物輩出の壁】――
中 GA    メディア展開微妙・下読み導入・ロリ魔改造でワナビ人気やや下降。新人は育っている
   SD    紅、ベン・トーの成功で賞出身作家に光が当たり始める
   HJ    面倒見はトップ級。だが大物感に乏しく、他レーベルでの活躍がない
   Cノベル ファンタジー路線重視。そこそこ活躍しているが、茅田の存在大きく

――【新人実績の壁】――
下 ガガガ   尖った路線でもおk。新人の売上が悲惨。人退がアニメ化。ガガガ放送局開始
   このラノ  創刊ラインナップは全員受賞作。営業力に見合った大物が不在で迷走
   幻狼    デビューを絞っている印象。学生優遇
   スマッシュ 文庫の発売日が不安定
   京アニ   奨励賞のうち一作が文庫化へ。メディア展開がどうなるかは不明

――【新人輩出の壁】――
外 一迅   運営能力疑問。どうにか第1回は発表されたが…
  スクエニ リニューアルしても出版意欲の無さは変わらず
  JNGP  規約に罠&WEB掲載だけでそれっきりが多い
新 講談   秋のCCカップで二次選考の通過者を編集部に招待
   星海   全売上/100/デビュー者数が賞金。一般小説との競合も

公募\(^o^)/オワタ 徳間 朝日 メガミ

文書欄の横幅せまいから盛大にぐちゃってるけど、まあ、うん。いいよね。

前書いたラノベレーベル特徴解説記事で扱った9レーベルは流石に上のほうを占有している。そりゃ影響ある9レーベルで選んだから当然だが。順位も調べた時とさして変わっていないよう。

Cノベルは入れなかったけど、アレ本の大きさ違うから本屋でラノベ棚じゃない場所においてるのよね。
内容的にも必ずしもラノベ文庫と言う印象じゃないし。

やはり新人によってそのレーベルの未来がわかる、と言う趣旨だろうか。
成長期の文化であるしそういう性質はあるのかも?というよりロートルは体力の関係からあんまり書けなくなっていくとか?

確かにまだまだライトノベル界隈は発展の余地はあるだろう。だからやたらとレーベル作って受け口大きくして拡大に備えているという事。
しかし多い。だがそれに比してはヒット作は少ない。ヒットメーカーを育てる、見出すのが今後の課題。
という訳で新人賞とかやって新人を一本釣りするわけだ。
いやまあどこでもやってるけど。


電撃はイマイチ書いてることわからないのでパス。まあ平均的という印象。

富士見 デビュー後、次のシリーズで躍進する者目立つ

MF   萌え路線が功を奏し躍進中。平坂読がエースの座に。準主力層が厚くなってきた

このランキングで優に分類されるレーベルは、新人発掘に力を入れ、それ故成功したというタイプだろうか。つまり他の新規レーベルはこれらを目指している?まあ電撃もだけど。

ファミ通 井上堅二クラスは出ないが、一冊切りは少なくなった

靴    大賞ブランド崩壊、ザ・スニーカー休刊。
        ハルヒ復活の際、作者が精神的な問題を示唆。編集長が交代

上のこれらはそんな感じでもないイメージ。誤解を恐れずに言うと、過去によって生きているという印象もある。
まだまだ一線を張るとおもうけどね。古豪?上昇の目が薄い?角川スニーカーはハルヒさえでりゃガンガンいけるけども。ファミ通は手堅くやってきそう。

中 GA    メディア展開微妙・下読み導入・ロリ魔改造でワナビ人気やや下降。新人は育っている
   SD    紅、ベン・トーの成功で賞出身作家に光が当たり始める
   HJ    面倒見はトップ級。だが大物感に乏しく、他レーベルでの活躍がない
   Cノベル ファンタジー路線重視。そこそこ活躍しているが、茅田の存在大きく

二文字英字(スーパーダッシュ文庫は略称だけど)新レーベル勢とCノベル。というかC★NOVELS、Wikipediaに記事無いのね。新人賞の記事はあったけど。
GAはなんやかんや失敗がありつつも新人は育っている。
SDは何年か前までダメっぽいなとかおもってたけど、結構発展してきている。
HJはがんばっているが…
やはり新人自体が重要。HJ文庫はマイナーな印象あるからねえ。あとなんか装丁がラノベレーベルの中でも手に取りにくい気がする。
Cノベルは一点集中という事?一人でも凄いのはいってくれば安泰という?バクチだねえ。

下 ガガガ   尖った路線でもおk。新人の売上が悲惨。人退がアニメ化。ガガガ放送局開始
   このラノ  創刊ラインナップは全員受賞作。営業力に見合った大物が不在で迷走
   幻狼    デビューを絞っている印象。学生優遇
   スマッシュ 文庫の発売日が不安定
   京アニ   奨励賞のうち一作が文庫化へ。メディア展開がどうなるかは不明

人退って人類は衰退しましたって奴か。なんとなくタイトルが鼻について読んでねえけど、面白い略称。でも地味に変換しにくい。
というかなんか危うい一覧。ガガガより下全部ギリギリな印象。
とはいえビッグな新人でもくりゃ話は別だからね。そういうビジネス。まあこれでも黒字なんか知らんけど。

外 一迅   運営能力疑問。どうにか第1回は発表されたが…
  スクエニ リニューアルしても出版意欲の無さは変わらず
  JNGP  規約に罠&WEB掲載だけでそれっきりが多い

はい。

新 講談   秋のCCカップで二次選考の通過者を編集部に招待
   星海   全売上/100/デビュー者数が賞金。一般小説との競合も

新期レーベル。いろんなところが参戦してくるね。
とりあえずちょっと捻った方法でメインのレーベルをかわす方式?
さて吉と出るか凶と出るか。ダメで元々?



といった感じ。
まあ結局人気作家の獲得ができれば浮かび上がるわけだが、そうはいっても弱小レーベルには簡単に入ってこないので数年単位でこの勢力図は変わらないだろう。たぶん。
変わるとすればライトノベル界隈自体の変容になるのではないか。いまだ発展性を持つこの界隈。どのように動くのだろうか。今後の展開に注目である。

やっぱもうちょいラノベ読んだほうがいいかなあ。でも新人の作品とか話題でもないと読む気しないのよね…
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2011/09/12(月) 03:00:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<動画の回数カウント間違ってた。第119回動画紹介回 | ホーム | セカチャクのテーマ聞き飽きた。第109回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/661-3b6fcaf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)