ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「完璧超人」とは何ぞや

そろそろコミケかー。


完璧超人
メアリ・スー
以上ニコニコ大百科より

完璧超人。キン肉マンのそれではなく(名前の元ネタはそれなのだが)、キャラクターの属性としてのそれである。

つまり、容姿端麗品行方正成績優秀文武両道色才兼備…とまあ非の打ち所の無いキャラクターという意味である。
想像するのは難しくないが、実際に動かすとなると様々な問題点が生じる。

欠点が無く、何をやってもそつなくこなすキャラクターは面白くないどころか反感を買うのだ。
弱点が無い事は他のキャラクターとの絡みを難しくする。というよりも、他のキャラクターを踏み台にする形になるのが問題なのだろう。

と、いうわけで完璧超人系キャラクターもいくつか欠点・弱点・弱みらしきものを持っている場合が多い。
例えば「ハヤテのごとく!」の桂ヒナギクは文武両道でなんでもできるまさに完璧超人キャラとして描かれているが、高所恐怖症だったり、幽霊が怖かったり、ツンデレだったりと数々のつまらない弱点を持つ。

弱点を持つのに完璧超人といわれるのはその弱点が他愛無いものであるからだ。逆に言うと、それだけの弱点しか付加していないともいえる。
とはいえ、それで嫌味ったらしさはだいぶ軽減されるので効果はある。実際ヒナギクは人気キャラクターなのだ。


使いどころを間違えなければ魅力的に成りうる完璧超人だが、間違えれば悲惨な事になる。
典型例がメアリー・スーと呼ばれるキャラクター分類である。
ニコニコ大百科より引用すると

引用
元々はスタートレックシリーズの二次創作を風刺した作品「A Trekkie's Tale」に出てくるキャラクターの名前である。このキャラは全知全能、かわいそうな悲劇的背景、唐突に現れて他キャラの欠点をなじる、ご都合主義で問題解決、全キャラクター好感度MAX、そうでない奴は悪!即!斬!という実に解かりやすい痛いオリキャラである。ここから転じて創作関連・特に二次創作において美化された自己や自己理想の投影があまりにも強すぎるキャラを指す様になった。

まあこういうのである。
完璧超人系キャラクターの悪いところを集めたようなところがある。
二次創作で元々のキャラを踏みにじるようなところが悪質、作者の自己投影が見えてしまうというのも気分が悪い。

キャラクターは一人では成り立たない(普通は)。様々なキャラクターとの絡みこそがキャラクターの意味を持たすのだ。
完璧超人はともすれば一人で何もかも担ってしまう。それはキャラクターとしての欠点なのだろう。
他のキャラクターの完全上位互換では他のキャラクターが存在する意味が無い。



完璧さは人を魅せるが、同時に退屈なものでもある。
少し傷があったほうが親しみやすいという事か。
しかし、完璧なものを完璧なものとして表現する事も、あるいは可能かもしれない。それを目指すのもまた一つの道だろう。

「完璧な人間」は人間なのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2011/08/02(火) 17:13:40|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<東方神霊廟マスターアップしたらしい。第99回動画紹介回 | ホーム | 秋>冬>春>夏。第98回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/618-c92d8c8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

即効!わずか5分~20分で恐怖症を改善できます!

普通の治療法では数ヶ月かけてもなかなか治らない症状でも、早い人だとほんの1分~5分ほどで驚くほど改善してしまいます。もちろん、人によって改善するまでの時間には差がありますが、 過去の治療実績として90%以上の人が改善するという成果を誇っています。
  1. 2011/08/04(木) 08:46:46 |
  2. 恐怖症が5分で改善できる!恐怖症克服マニュアル