ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

黒子のバスケ 赤司の能力を考えてみる。

なんかバレによると来週の掲載順やばいらしいので(まあ一週の掲載順では何も判断できないけど)、黒子のバスケ記事書く。週刊少年ジャンプ掲載の作品の中では現在一番好きだし。


黒子のバスケ。週刊少年ジャンプ連載中のバスケットボール漫画だが、その作中でトップクラスの実力を持ち、物語の動力となっているキセキの世代というキャラクター群がいる。
この漫画は高校バスケを主題とした漫画なのだが、キセキの世代は中学時代に同じ中学で活躍した一人一人が10年に一人の逸材で、今は別々の高校に散らばっている。

キセキの世代は(例外除いて)身体能力運動神経も抜群だが、それ以上に、異能力モノかと疑われるような凄まじい個性を持っている。
キセキの世代、あるいはそれに準ずるレベルのキャラクター(今出てきている中で)はほとんど能力が公開されたかその片鱗がほのめかされているが、キセキの世代のキャプテンである赤司征十郎はいまのところその逸脱性が示されるだけで、あまりどんな能力かということはわからない。

そこで、この記事では、他のキセキ級キャラクターの能力やこれまでの赤司の描写から赤司の能力を面白おかしく予想する。

まず他のキセキの世代の紹介。

黒子テツヤ
主人公。タイトルにもなってる。キセキの世代のシックスマン。
キセキの世代としては例外的に身体能力は普通のプレイヤーの平均以下だが、異常な影の薄さを利用してスティールしたりパスワークをする。
パスカットされないパスしたり、どうにかこうにかして特殊なドライブで相手を抜いたりもする。
能力を一言で言うなら「気付かれない」、「見えない」。

火神大我
もう一人の主人公。アメリカ帰り。
物語が進むにつれキセキの世代並みの選手に。
なんかジャンプ力がすっげー感じ。レーンアップ決めたり。あと野生の感が云々とか言って後述の青峰抜いたりブロックしたり。
能力は「超ジャンプ」。飛べば飛ぶほどジャンプ力が上がるとか。

黄瀬涼太
中二からバスケを始めたキセキの世代。モデルをやってるイケメン。
キセキの世代の中では下っ端という印象だが、それでも他にキセキの世代がいなければ普通に全国優勝しそうなレベル。
能力は「コピー」。キセキの世代の能力はコピーできない感じだったけどなんだかんだいって青峰コピーした。

緑間真太郎
ラッキーアイテムを持ち歩くキセキの世代のシューター。
この漫画の方向性を決めたとも言われる異常なシューター。なんとコートのどこからでもスリーポイントシュートが打てて、邪魔されない限り必中である。その努力はもっと別な、世界平和か何かのために使いたまえ。
能力は「必中オールコート3P」。少なくとも地球人ではなさそう。

青峰大輝
中学時代の黒子のパートナーでキセキの世代のエース。
キセキの世代の中でも最も覚醒(覚醒って言葉が出ることに違和感を感じるがこう書かざるを得ない)が早く、主人公チームが(メッタクソに)敗れた相手でもある。
強すぎて性格が捻じ曲がった。今週の中一時代の回想ではスゲーいい奴っぽいのに。まあキセキの世代は全員多かれ少なかれ捻じ曲がった印象を受けるが。
キセキの世代の中でも突出した身体能力。
能力は「ブロック不可」?まあ結構ブロックされてる印象だが。正確には「どんな風に投げても入る」かなぁ?これからの展開に期待。まだ第二形態が残ってるとか。

紫原敦
キセキの世代のセンター。身長208cm。
特にバスケが好きではないけど、強くて勝てるからやっているというタイプ。
でも練習はちゃんとしてる。負けず嫌いだから。関係ないけど負けず嫌いって言葉、言葉としてアレだよね。いいけど。
能力はたぶんブロック関係。カウンター?

氷室辰也
火神の兄貴分であり、紫原と同じ高校。
なんかキセキの世代と同等レベルらしい。
能力はよくわからないけど、普通のジャンプシュートなのにブロックをすり抜けるらしい。


まあこんなところ。
いずれもキチガイである。

こんな中で(火神と氷室は違うが)キャプテンをやっていた赤司はどんな人物なのか、これまでの描写を振り返ってみよう。

6巻50話
青峰が五人抜きした後、赤司の黒子に対する発言を言及。
青峰「やっぱ結局赤司が言った通りかよ… 黒子(「お前」とルビ)のバスケじゃ勝てねえよ」
ここで初めて赤司の名が出てくる。
黒子を否定する感じらしい。

8巻の特別編
中学時代(中二の春)、一軍にあがってまだレギュラーでない黄瀬を黒子と一緒に二軍の同伴(万が一にも負けないためらしい。)させるよう監督に勧めた。
赤司は将棋をしている(詰め将棋)ところを緑間に問われる。
緑間「赤司」
赤司「緑間か どうした?」
緑間「今回黒子と黄瀬の二軍同伴を勧めたそうだな」
赤司「別に… 黄瀬はすぐにユニフォームを着る 先に黒子の力を紹介した方がいいと思っただけだよ」
緑間「すぐに…か相変わらずなんでもわかったようなことを言う」
赤司「…わかるさ 黒子の力を見出したのだってオレだぜ?」
黒子や黄瀬の力を見出したのは赤司らしいことが示される。人の才能を見出す力?
将棋をしているのも何かの複線か。
なお、赤司の語尾とか一人称は作品時間や現実の時間経過によってポロポロ変わるので気にしないこと。
北斗の拳のラオウなんか一ページで3個の一人称使ってたし、まあいいよね。

9巻77話~80話
インターハイの決勝、準決勝で赤司、青峰、紫原の三人は全員でなかった。
青峰は故障、紫原は赤司の言う事だけ聞いて、赤司と戦うことだけは避けるから(負けるのが嫌だから?赤司に言われたから出るのをやめたとか)、赤司は勝つのが当たり前で、出たら面白くないかららしい。
青峰は赤司とやったらまた無茶をするとか。

10巻81話
ウィンターカップの予選が始まる日。
次々と同時刻のキセキの動向を映す中、最後に赤司が登場。なんか将棋駒をどうこうしてた。台詞は無し。
後83話で一コマ出てた。他のキセキも出てたけど。

11巻98話
回想シーン(というより過去編)でキセキの世代三年時代がチラッと。
その中に赤司も。
赤司「ムダ口をたたくな 帰ってすぐミーティングだ」
真面目にキャプテンやってる感じ。

小説版1話
キセキ達が中学(めんどくせーから中学の名前かいてなかったけど帝光中学ね)2年時、まだ覚醒する前で荒んでなかった頃の話。
赤司はいつも驚かされる提案をするが、間違っていたことはないとか。先輩達も従っているらしい。
話の中でも不可解な提案を多くしている。黒子の捻挫を見抜いて、その上で見えないところでバスケをしないように手を打っている。
学力テストでも勉強熱心な緑間よりも常に上の順位らしい。
マネージャーの桃井は、あの赤司が『なにか』で『誰か』に負ける姿は想像できないとか。

12巻でもちょろっと出てるけど省略。

13巻112話
ウィンターカップ本選前のキセキ達の動向。
ストイックに練習する赤司。
赤司の先輩らしき人物によると、「勝つためにどーこーとかそーゆー話じゃねーんだ 以前あいつは言ってたんだ 勝利することは息をしてるのと同じ事だと あいつにとって勝利は求めるものじゃなく 生きてく上であって当然 基礎代謝と変わらない」らしい。
勝利に対するスタンスが書かれた。赤司に限らずキセキの世代の勝利に対する認識は中々面白い。中学時代に無双しすぎたせいか。

13巻113話
ウィンターカップ開幕。
黒子や他のキセキ達が赤司に呼び出される。
ここでようやく顔見せ(!)なのだが、というか顔見せだけで一話終わったのだが色々暴れまくっている。
詳しくはこちらの記事を。
緑間からラッキーアイテムのはさみを(紫原には貸さなかったのに)借りて火神を刺したり、はさみで前髪切りながら、「すべてに勝つ僕はすべて正しい」だの「僕に逆らう奴は親でも殺す」だのやりたい放題。
身長は173cmとバスケ選手として小さめである。ポジションはポイントガードのようだが。
しかし、ここまで一切顔を見せず、見開き跨いでのドアップでの顔見せとはやりおる。
114話では全員「あの時の誓い」を忘れてないからといって早々に退場。本当に自由な人である。

その後青峰との戦いで黒子に感心したり、単行本にまだ未収録の回で火神の成長に驚いて(?)いたりした後、今週で黒子の回想(中一時)で出てくる。
黒子が三軍で、青峰が一軍レギュラーで、空いてる第4体育館で出会って友人になった頃の話。
そのころに赤司達が青峰を探して来て、黒子に出会ってその才能を(一目見ただけなのに)見出す。
顔が(前髪切ってないからか)黒子に似ているのは何か理由があるのか単純に書き分けの問題か…
この時点では赤司もまだちゃんとした人間性を保っているように見える。中学三年で何があったのか。赤と青の歪みっぷりは驚きに値する。他の連中はそこまで変わってない感じもするけど、細かいところが歪んでる気も。最初から変人というか?
というか青峰が一年レギュラーなのはわかるけど、他のキセキはどうなんだろ?微妙なところだが。


こんなところ。
キセキの世代のキャプテンだけあって全編にわたってよくわからない凄みが描かれている。
ラスボスらしさが出ている。

だが、エースは青峰とされていたり、その能力は未だに謎である。
そこで、上記の情報から赤司の能力を予想していく。

1.予知能力
黒子の力を見出したり、的確な提案をしたりと色々やってのけている。
ある種の予知能力のようなものがあればこういうことも可能なのではないか。単純に頭もいいらしいし。
だが難点は、帝光のマネージャーの桃井も似たような事をしている(データからの予測といった感じだが)。似たような能力は持たせないのではないか。

2.育成能力
黒子や黄瀬の能力を見出したのは赤司だ。ここからさらに広げてキセキの世代全体を作り上げたという可能性も無くは無い。これなら決勝で全員がキセキクラスという絶望的かつかつての帝光を思わせる過去との決別というテーマにもかなった展開が出来るでしょ?
問題は、やはりコート内での能力であったほうが良いという事。コート内でプレイ中に成長させるとか?無茶だろ。あんまかっこよくも無いし。人を鍛える。

3.指揮能力
キャプテンといえば指揮官だ。ならば仲間を効率的に動かす軍師的能力というのもありえそうだ。
問題は、キセキの世代は中学時代個人プレイに走って、それでも勝ってた感じだから指揮能力が要ったのかという感じである。個人プレイを指揮?

4.精神攻撃能力・敵操作能力
13巻に出てきた赤司は非常に威圧的であった。火神をびびらせるほどに。まああんなキチガイ行為をしたら、誰でもびびる、というか読者もびびったが。
そこから発展して相手を驚かせたり威圧したりオーラを送ったりして敵の動きを鈍らせたり止めたり、挙句操作したりするんじゃないかなぁ…と。ほら、身長あんま無いし。力技じゃないだろーなーと。

5.ゲームメイク能力
相手に拙攻させたり、攻め時を誤らせたり、戦術レベルじゃなく戦略レベルの能力?
うーん。地味?

6.万能能力
なんでもこなせる…みたいな。
パスでもシュートでもどんなプレイでも出来る感じ。
う~ん。インパクトが無いな。大体他のキセキだって結構万能だしねえ。

7.全能能力
100m走だろうが槍投げだろうが走り幅跳びだろうがなんでも世界一を取れるレベルの選手という説。
当然緑間のオールコート3Pも青峰のシュートも黄瀬のコピーも出来るよ?って感じの。
すべてに勝つ云々の発言を優先させるとこういう結論に。
まあインパクトは十分以上だけど、173cmでそれをやったら不自然を通り越してファンタジーに達する。
青峰もオレに勝てるのはオレだけとか言ってるんだよねえ。難しい問題。

8.因果能力
勝利するというのが当たり前→絶対勝利する→運命的に決まっている。
…バトル漫画でも無理だろ。それにどう勝つかって、そういうのは哲学分野の問題ではないのですか?

9.否定能力
能力モノの最強の能力は?という質問の答えの一つ。能力を打ち消す能力。
「とある魔術の禁書目録」の主人公の上条の能力みたいな。
能力に頼る相手からの能力を奪い去り、相手を凡庸化させて倒す。
エグさが赤司の印象に合うけど、ラストバトルで能力を使う姿が見れないのはどうなんだろう。あるいは能力を乗り越えてフラストレーションを打ち破るのが面白いか?
そもそも能力なんて使うのキセキの世代だけ(まあ必殺技みたいなの使う選手はまだいるけど)なのに、中学時代何していたのかという感じ。
まあありえなくはないと思うが。

10.無能力
まさかの特別枠としての能力なし。ただ身体能力運動神経が強いだけ。まあ頭もいいんだろうが。
能力が無くても強いというのはある種の美学ではある。ジョジョ3部のスタープラチナのようなものか。
問題はそれでラストバトルが映えるのかという事と、黒子がキセキの世代には全員特技があるみたいなこと言っていたという事か。

11.複数能力
青峰のそれや緑間のそれ、黒子のそれ等複数、或いは全て使えるというの。キセキの世代だけでなく、他の選手のも。
中々よさげだが、黄瀬のコピー能力と被る感じがある。黒子達はたぶん黄瀬と準決勝で再選する。そこでの黄瀬の能力としてありえそうなのがキセキの世代全員のコピーである。青峰が出来て他のが出来ないというのは無いのではないか。まあダークホースが絶対に無いとはいえないが、キセキありきの漫画だし、落とすことは無かろう。

12.審判操作能力
審判の判定を有利にする。
賄賂かよ。反則という意味ではすでに出た花宮と被る。無いと思う。

13.時間操作能力
時を止めたり、巻戻したり、未来を変えたりしたらバスケとかよゆーで勝てるんじゃね?ラスボスが時間系能力というのは当たり前でしょう?
…バスケじゃねーよ。ラスボスが時間系能力なのはジョジョだ。




色々と考えたがどれも決め手に欠ける。
しかしこういう風に能力者の能力を予想するのは楽しいね。能力者って言葉が怪獣モノの星人って言葉と被って思われる。
健全な肉体には健全な精神が宿るらしい(疑わしいが)。健全な精神には健全な能力が宿るか?異常な精神には異常な能力が宿るのかもしれない。
キャラの性格から、行動から、必然性からそれら全てを纏めてキャラの象徴である能力を考える。能力モノは逆に言えば能力からキャラができ、ストーリーができるのだ。

半分、能力物スポーツ漫画である黒子のバスケ。能力物漫画の面白さはその能力の面白さに依存する。
結末はラスボスとなる赤司の能力にかかっているといっても過言ではない。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2011/07/13(水) 02:34:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:16
<<「頑張れ」って命令形なんだよな…。第89回動画紹介回 | ホーム | 夏休みは刹那の如く。第88回動画紹介回>>

コメント

初めまして!

初めまして!
桜崎怜奈っていいます
赤司君の能力怜奈も超気になります
怜奈的には9番とかありそうかもw
12番と13番は逆に見てみたいです^^
面白い記事有難うございました♡
  1. 2012/03/30(金) 19:56:19 |
  2. URL |
  3. 桜崎怜奈 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 初めまして!

たしかに能力の無視というのは能力バトルのラスボスが良くやると言う話ですし、効果的な演出でありえそうですね。

最近、赤司の行うバスケは、黒子が嫌悪するバスケだと想像しています。
まあ結構ある回想描写で赤司と黒子の関係の描写が丁寧に避けられているからわからないんですけども、少なくとも物語時点では結構険悪な関係な気もするんですね。

黒子の秘められた才能を見出した赤司は恩人であるとともに、バスケを嫌わせた大敵という複雑な構図が、今までの赤司の描写からなんとなく見え隠れします


そう考えると、やっぱり育成能力は持ってるように思えます。
個人プレイのみのただ力が支配するバスケが黒子の嫌うところでしょうから。

しかし能力バトルのラスボスなら複数能力を持っていてもおかしくありません。いつだったか20点ノルマとかやっていましたし。赤司一人でもキセキの世代として遜色ない、むしろ超越する能力を持っていると考えられますね。
  1. 2012/03/31(土) 07:28:50 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

初めまして!

おもしろい記事ですね!
赤司の能力、僕の予想では高尾のホーク・アイのような特殊な眼によるものだと思います。赤司の目は確か左目の色が違うように見えるので。
  1. 2012/05/08(火) 23:52:38 |
  2. URL |
  3. ヒロ #-
  4. [ 編集 ]

Re: 初めまして!

> おもしろい記事ですね!
> 赤司の能力、僕の予想では高尾のホーク・アイのような特殊な眼によるものだと思います。赤司の目は確か左目の色が違うように見えるので。

173cmで肉体的素質が無いと考えると、やはり他のところが凄いと考えられますね。
瞳術となると能力バトル的ですが、まあ目が果たす役割は多いですからね。司令塔能力でしょうか?帝光時代にそれが必要だったのか疑問ですが。というか、帝光時代はキセキの世代揃ってるからどう考えても勝つので、高校時代のようにベンチで観戦してて全然試合に出てないという可能性もありますね。というわけで黒子も赤司の覚醒後の能力は知らないとかそういう展開も……
やはり赤司には注目ですね。
  1. 2012/05/09(水) 10:52:24 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

自分も「目」だと思います、ひとえに『すべてを見抜く能力』です。
黒子や黄瀬の能力を見い出すことも誠凜のリコ監督のように人のステータスを見抜く能力の上位ver.であれば可能(?)。
青峰のフェイントが赤司の前では駄技になるという話も、それを見抜く桁外れの洞察力と予測力とをもってすれば頷けます。
更には将棋のフリからも3番のような軍師であることは間違いなさそう、しかもストイックに鍛錬も欠かさない…。
キセキレベルの選手をもってしても簡単に弱点を見抜き、即座に対応できて他の選手を適切に動かす最強の司令塔、そんな能力を予測してます。
  1. 2012/06/05(火) 23:53:42 |
  2. URL |
  3. NO_NAME #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

身体能力に依存する能力では青峰や紫原の立場がないので、やはりそういったところでしょうか。
勿論バスケットプレイヤーとして低い身長の割にやたら強いと言う展開はありそうですが。

なんにせよ、赤司の能力は隠されています。もっとも顔出しからして物凄く勿体付けるほどのキャラですが。
あえてここまで隠す能力ということで、作者には我々の予想を裏切り期待を裏切らないような能力を期待したいですね。

赤司と言えば黒子との因縁も気になります。
展開や描写からして赤司こそ黒子の帝光バスケ部への決別の直接の原因だと思われます。
帝光時代のキセキの世代のエピソードも含めてそこら辺の詳しい描写、過去編に注目したいです。
ちょくちょくその場その場で回想して過去を埋めると言う可能性もありますが、やはり大きい過去編は必要でしょう。過去編はアンケートが落ちると言う噂もありますが、黒子のバスケはキセキの世代がテーマなので大丈夫でしょう。

過去編のタイミングとしては、赤司対緑間戦、セイリン対黄瀬戦、セイリン対赤司戦のどこかということになるでしょうが、妥当なところとしてはセイリン対赤司戦の直前でしょうか。
能力の描写は普通に考えれば緑間戦ですが、あえて描写しないとか能力を使うまでもなく勝ってしまうとか、複数能力の一片を使うだけで勝つとか、ベンチに座ったまま勝ってしまうとかで完全に描写されない可能性もあります。あるいは黄瀬が中学時代の赤司の能力のコピーを見せる展開もあるかもしれません。

とにかく、赤司の能力がどんなであるか、どんな形で出すか。
黒子のバスケという物語において、赤司の能力は大きな意味を持つようです。
  1. 2012/06/06(水) 00:48:56 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

No title

どうも夢叶@ムトです!
否定能力で技を奪い去るってあるんですが
それは灰崎の能力と被るので無いとおもいますw
やっぱ赤司は帝光中元キャプテンしてたんで
指揮能力だと思いますねw
  1. 2012/07/14(土) 22:36:45 |
  2. URL |
  3. 夢叶@ムト #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> どうも夢叶@ムトです!
> 否定能力で技を奪い去るってあるんですが
> それは灰崎の能力と被るので無いとおもいますw
> やっぱ赤司は帝光中元キャプテンしてたんで
> 指揮能力だと思いますねw
まあぶっちゃけこの記事書いたとき灰崎は陰も形も現れてなかったのでその辺は留意していただけると幸いです。しかし、黒子のバスケのラスボスであると考えると、黄瀬や灰崎は「技」のコピー、奪取であるので、コピー能力やイーグルアイといった精神系能力のコピー、否定、あるいは奪取の可能性はまだあると思います。
黄瀬と被りますが、単純にキセキの世代の技「ぐらい」全部使えるみたいなオチもあるかもしれませんし。

今週(土曜日発売)の回想から考えて、少なくとも予知か未来視か、それに類する能力は持っているようですね。
しかし、中学時代から高校時代にかけて(赤司の覚醒と共に?)、胡散臭く目がオッドアイになっているようなので、これに伴い能力が成長、変質、あるいは多能力者へと変容したという可能性もあります。まだまだ謎だらけです。
今週のジャンプ感想記事で詳しく考察するつもりですが、来週以降が楽しみです。
  1. 2012/07/14(土) 23:53:21 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

将棋という伏線があるのだから、ゲームの展開を常に先読みしチームメイトを
配置する能力だと思います
区分するなら予知と指揮のW能力
赤司によって動かされるので、雑魚選手まで予知を持つようにカウンターを待ち構えてつぶしてくる展開が予想されます
  1. 2012/07/17(火) 01:42:14 |
  2. URL |
  3. jj9 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 将棋という伏線があるのだから、ゲームの展開を常に先読みしチームメイトを
> 配置する能力だと思います
> 区分するなら予知と指揮のW能力
> 赤司によって動かされるので、雑魚選手まで予知を持つようにカウンターを待ち構えてつぶしてくる展開が予想されます

そうですね。ハサミでやらかしたせいでみんなの脳内から吹っ飛びがちですが将棋と言う伏線が歴然としてあtるのですね。
キャラクターズバイブルを読むと緑間の趣味にも将棋とあります。ここは本編でも関わってきそうですね。仲が良いキセキの世代も赤司のようですし、わざわざ対戦させるだけあって赤司と緑間には特別の因縁がありそうです。

将棋というとやはり静的な知的競技で、先の手を読むということが重要とされるといった印象です。
まあバスケ選手として身長が低めな赤司であるし、やはり能力は知性方面に偏っていることが予想されます。
それをどう絡めるかはやはりむずかしいところがあります。頭脳の天才というのはやはり漫画で表現しにくいです。
とはいえ、やはり将棋と言う面から見ても予知かそれに類する能力は少なくとももっていそうですね。
  1. 2012/07/17(火) 21:03:51 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

No title

ホークアイの上をいくゴッドアイ(仮)とかどうだろう。
ホークアイが3次元的(立体的)に捉えるのに対して4次元的(未来視)に捉える能力。
選手を見ただけ身体能力、潜在能力を見抜き(数値化とか?)、コート上の選手達の力を把握しきる事で勝利する未来へと誘導する。
潜在能力まで見切る為、ゾーンにはいった火神の強さも計算済み。
赤司からすれば火神がゾーン(成駒)に入ったところで強さ(駒の動き)さえ知っていればどうとでも対応できるという感じで、まさに詰め将棋のような能力。

なんてのはどうだろう
  1. 2012/07/27(金) 09:49:49 |
  2. URL |
  3. #la5PUrQg
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> ホークアイの上をいくゴッドアイ(仮)とかどうだろう。
> ホークアイが3次元的(立体的)に捉えるのに対して4次元的(未来視)に捉える能力。
> 選手を見ただけ身体能力、潜在能力を見抜き(数値化とか?)、コート上の選手達の力を把握しきる事で勝利する未来へと誘導する。
> 潜在能力まで見切る為、ゾーンにはいった火神の強さも計算済み。
> 赤司からすれば火神がゾーン(成駒)に入ったところで強さ(駒の動き)さえ知っていればどうとでも対応できるという感じで、まさに詰め将棋のような能力。
>
> なんてのはどうだろう

ホークアイ系の最上位能力というのはありえそうですね。ちょうど秀徳高校には高尾もいますし。
赤司は何の説明も無いままオッドアイ決めてるんですよね。中学の頃は普通だったのに。カラーコンタクトとか言うオチじゃないだろうし。

しかし、やはり赤司も自分で得点しそうなので、それだけって感じもしませんねえ。ラスボスですしもうちょっとキセキの概念を超えるレベルの能力を見たいです。
分析系の能力ならカントクや桃井が持ってますし……

やはり万華鏡写輪眼……とかそういう類の相手に影響を与える瞳術やっちゃうとファンタジーになっちゃいますからねえ。
来週のネタバレとか見ちゃったんですけど、やはり赤司はただものではなさそうです。
藤巻先生には全てのファンの予想を超える赤司の能力を期待したいです。
  1. 2012/07/27(金) 22:34:42 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

No title

初めまして!!私は赤司の能力は、相手の未来が見える能力だと思います。たぶんですが、呼吸や筋肉など細かいところを見ることができ、相手の次の行動が分かるというものだと思います。生意気なこと言ってすいませんでした。
  1. 2012/08/24(金) 19:12:32 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 初めまして!!私は赤司の能力は、相手の未来が見える能力だと思います。たぶんですが、呼吸や筋肉など細かいところを見ることができ、相手の次の行動が分かるというものだと思います。生意気なこと言ってすいませんでした。

ですね。
  1. 2012/08/24(金) 21:10:50 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

No title

天帝の目(テンペラーアイ)だと思う笑
  1. 2012/09/09(日) 08:58:39 |
  2. URL |
  3. コーラ #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 天帝の目(テンペラーアイ)だと思う笑

ですよね^^
  1. 2012/09/09(日) 10:00:53 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/597-b1ccd220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)