ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

6月に買った本の感想と7月に買う予定の本の紹介

5~6月のはこちら
毎月恒例の新刊本の感想紹介記事。一応買う予定だった本は買ったので。

一応新刊の漫画、ライトノベルのみの紹介感想ね。まあどうしても書きたくなったら書くけど。気になったらググッたりしてね。
感想のほうは書きたくなった奴だけ。紹介は基本全部。買うかどうか判らない奴もあるけど。抜けとか延期とかもあるかも。
ネタバレはあるかも。知らんけど。



ではスタート。
6/1
角川スニーカー文庫 機動戦士ガンダムUC (10) 虹の彼方に(下) 福井晴敏 美樹本晴彦&大森倖三

ガンダムユニコーンの角川スニーカー版の最終巻。キッチリ揃ってうれしい。
「ラプラスの箱」の隠し場所、その正体。隠された宝物を探すというストーリー、そのSF・ガンダム版と考えられるか。
やはり「最高の宝物」がなんであるかという話は興味深い。人によって価値観は変わるわけだが、読者の想像を上回るそれを考えなければならない。その点、宇宙世紀ガンダムの世界観から言って納得の正体であった。

6/3
集英社 ヘタッピマンガ研究所R 村田 雄介
集英社 逢魔ヶ刻動物園 4 堀越 耕平
集英社 STEEL BALL RUN 24巻〈完〉荒木 飛呂彦

ジャンプ組。
ヘタッピ。別に漫画書くわけでもないけど、こういう製作の裏側が見れる類のは面白い。何を基礎としてるとか色々考えさせる。
動物園。5巻で終わり?結構好きだったけど…というか話数足りるのかな?
スティールボールラン。完結。ツェペリ家の人間はすぐ死ぬなあ。レースの「順位」が面白かった。最終的な結果はこうなるのね。後々のシリーズへの伏線とかあったりする?8部も同じ世界かわからないけども。

6/27
一迅社 東方茨歌仙 ~Wild and Horned Hermit. あずま あや

もう感想書いたようなもんだけど、その内通しで読んだ感想でも書く予定。予定は未定だが。
修正点のまとめは他の人がやってくれてるみたいなので()自分はしないけどすっげー多いみたいね。全体的に明るめに?
これで一巻なんだよね。何巻まで続くのか。地霊殿勢とか星蓮船勢とか神霊廟勢とか出てこないかな。


6月のはこんなとこ。
ここから7月発売予定の紹介。

7/4
(◆講談社 ヘルズキッチン (4) 天道 グミ)
◆集英社 黒子のバスケ 13巻 藤巻 忠俊
◆集英社 べるぜバブ 12巻 田村 隆平

ヘルズキッチンってなんか話題になってたけど面白いのかな?4巻から買うというのもどうかと思うが…料理漫画の先にあるモノ。
黒子。赤司の顔見せ回収録でしょ?あれは凄かった。顔見せだけなのに。あとQ&A的コーナーが出来るんだっけ。裏設定に期待。
べるぜ。ストーリーがあるくせにフラフラとせわしなく話題が変わる。ある種新時代の漫画。

7/10
◆電撃文庫 学園キノ (5) 時雨沢恵一 黒星紅白
◆電撃文庫 狼と香辛料 XVII Epilogue 支倉凍砂 文倉十

電撃文庫組。
学園キノ。イカレてて結構面白いけど、基本マニア向け。あとがき作家だしあとがきに期待。もしドラの旬は過ぎたか?
狼と香辛料。えぴろーぐ。ストーリーを折りたたむという事。話には一定の区切りがある。エピローグこそ読書という意味で一番重要なのではないか。登場人物の今後の描写に期待。

7/15
◆講談社 だぶるじぇい (5) 亜桜 まる

アニメ、なんか声優陣がすごいらしいね。後は原作通りテキトーな感じっぽいけど。だがそれがいい。

7/20
◆秋田書店 フランケン・ふらん 第7巻 木々津 克久
◆集英社 ゴクジョッ。~極楽院女子高寮物語~ 5 宮崎 摩耶

ふらん。エログロ。まあそこまでエロくはないか。嫌~な気分にさせてくれる漫画。ねこぢるの漫画と近いところがある。現代的世界観でSFを書くということは日常に埋もれていない突出した科学を書くということ。ガジェットSFならそっちの方がわかりやすいのかも?
ゴクジョ。エロユリ。まあエロかったり百合だったからどうしたって感じの純ギャグマンガだが。女子高の幻想とかバラバラになる感じ。登場人物が何か退廃的というか世紀末的というか、…底辺というか?

7/25
エンターブレイン 血まみれスケバンチェーンソー 3 三家本 礼
スクウェア・エニックス 荒川アンダーザブリッジ 12 中村 光

血まみれスケバンチェーンソー(どう略せばいいのかわからなかった)。番長とかスケバンっていなくなったよね。なんでだろ?細かいことが忘れられる漫画。勢いとカタルシスと後なんか。
荒川。そういえば忘れてたし、まあどうでもいいことなんだがホームレスの集落が舞台っていうのは新しいし面白いよね。まあギャグ漫画だけど。

7/26
(◆角川書店 ストライクウィッチーズ零 1937 扶桑海事変 (1)にんげん)

前日談出すんだ~。漫画で?映画化とか言ってたっけ?
ストライクウィッチーズは魔法少女のグレーゾーンなのよね。魔法少女的な側面もあるが、そうでない部分も多い。
もっともそんな事いちいち考えて作品を見ても仕方が無いが。

7/27
(竹書房 アカギ 24.5巻 福本 伸行 )

何コレ?「雀士最強列伝キャラファンブック」?キャラクターの設定資料集みたいな?鷲頭とズルズル何年も戦ってるから巻数の割にキャラはいないぞ?





今回はこんなところ。数は多いが…まあ普通か。
微妙に人を選ぶ作品ばかりな気がする。そうでないのもあるが。
最近竹本泉の漫画に嵌ってるけど、結構沢山あって大変。近所の本屋にはあんま売ってないし、古本屋巡っても(そこまで巡ってないけど)あんま置いてない。アマゾンには多少あるが…
スポンサーサイト



テーマ:読書 - ジャンル:サブカル

  1. 2011/06/29(水) 20:31:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<金銀財宝って下手な芸術よりいいよね。第81回動画紹介回 | ホーム | 脳髄の中のスイマー。第80回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/581-e5c9e0c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)