ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「東方茨歌仙 Wild and Horned Hermit.」 単行本第1巻 感想・考察・その他確認回

REXは買ってない。4ページだしたいした事書いてないんじゃね?知らんけど。


東方茨歌仙の単行本第一巻の感想や考察。
第一話「片腕有角の仙人」感想
第二話「意図的に捨てられた技術と地獄」感想
第三話「罪人の金鉱床」感想
第四話「信仰の人工湖①」感想
第五話「仙人の本分」感想
↑ここまで単行本収録
第六話 「雷の持つ見えない毒」感想


まずは表紙…ではなく帯から。
白地に赤文字のシンプルな帯。

引用
“東方”公式コミック最新作!
幻想郷に仙人現る
博霊神社に現れた仙人“茨木華扇”、乱れきった霊夢にモノ申す!?

といった感じ。
博麗神社が誤字って博霊になってる。
三月精とかの帯もそうだったような気もするが、得点(Bonus)はカンスト(99999999)、historyは0/1。原作のスペルカードの表現を模している。
茨木華扇が公式の本名のようだ。いままで華仙って書いてたけど、これからは華扇って書くことにしよう。
霊夢は乱れきったと表現されるほどのアレらしい。

後は一迅社のHPとか、一迅社発行の東方書籍とか、FebriとかREXの宣伝。
REX、8月号は茨歌仙のかけかえカバー、9月はかんなぎ再開か。結構攻勢?知らんけど。
というかREXコミックスなのね。


表紙。博麗神社が背景だがどことなく中国の桃源郷を思い起こさせる。仙人は中国の伝説。その辺が考慮されているのか。桜の花びらが散っているが。
まず霊夢がドーンと中央に。やはり東方というブランドを前面に押し出す売り方をするにはこれが一番なのだろう。
その後ろに華扇。一応主人公だが、東方という括りではまだまだ扱いは小さいキャラクター。
裏表紙には箒に乗った魔理沙。良くも悪くも副主人公。

英語表記では東方はTOHOらしい。TOHO IBARA KASEN VOLUME ONE。


表紙側折り返し。神主とあずまあや先生の言葉とか顔写真とか自画像とか。
神主はいつも通りビール飲んでる写真で、暢気な事書いてる。
あずま先生は初々しい感じ。同人上がりで商業一作目がこの作品だもんね。
裏表紙側折り返しは普通にREXコミックスの宣伝。


カバー裏は第四話「信仰の人工湖」(①は無くなった。)や第五話「仙人の本分」に登場した河童ダムのマスコットキャラの河童ぬいぐるみ。手作り感がある。一応二話に渡って登場したガジェットなのね。
その裏には目を見開いた河童ぬいぐるみが。
気に入ってるのか。


中を開く。華扇を中心としたカラー集合絵?が。
いるキャラは茨木華扇、東風谷早苗、八坂神奈子、洩矢諏訪子 、河城にとり、小野塚小町の五人。手前側に半透明の霊らしきものも。霊夢や魔理沙はいない。どういう意味合いがあるのか。
太陽を含んだ宇宙空間(お空を暗示?)の背景や、空の背景が混じっている。


目次は金地白抜き。ゴージャスで良い。


内容の変化とかは難しいし後にするが、とりあえず各話のタイトルがかっこよくなってる。
カラーはそのまま白黒に。流石に仕方が無い。良く見てないし見比べてないし恐らく気のせいだけど、背景描き足してたりする?…と、明らかに書き加えてるシーン発見。4話で。色々(最後のコマとか)。たぶん全体的に書き加えてる?


空きページにはキャラの設定資料が。
壱は茨木華扇(春)。一話の?袖は半袖か七分袖かでワイルドらしい。ワイルド?
弐は東風谷早苗(夏)。二話の?蛙のほうの髪飾りは布製で中身が詰まってるらしい。目がらんらんとしていてきゅっと上がってるとか(霊夢は眠そうなツリ目らしい)。そういえば早苗の服フリル無いのね。身長順は華扇>早苗>霊夢>魔理沙である模様。
参は茨木華扇(秋)。三話の?やはりワイルドらしい。
四は小野塚小町(秋)。三話の?服装の細かな点とか。
伍は洩矢諏訪子(冬)。四話の。蛙の柄は省略してるらしい。あの鳥獣戯画的な。漫画で何回も書くには余計だよね。
六は霊夢と魔理沙の衣替え。2話から5話?魔理沙が毎回服装変えてたのは読んでてわかってたが、霊夢も地味に衣替えしてる。三話の魔理沙は髪が伸びてるとか四話の霊夢は黒タイツだとか。


そして後書き。書き下ろし。
四コマ形式なのが3セット。出てるのは華扇、霊夢、魔理沙、早苗。この四キャラクターが茨歌仙のメインキャラという事だろう。
やはり物語の季節はFebriの発売に合わせているようで。
女性作家ならではというべきか、服装にはこだわり、毎回の変化。華仙はお堅いし、霊夢と早苗は制服みたいなもんだし、だから魔理沙がスゲー色々服装変わってるのか。まあ他のキャラも細部が異なってるらしいが。




全体として、実際の漫画の面白さの他に設定資料集としての価値もあるなあという印象。
やっぱ早苗はメインキャラの中で一番ハイな感じなのね…
中々綺麗に仕上がっている。風神録以降の話といった趣が強く、現れるキャラもその方向へ偏っている。
東方のファンなら間違いなく買いであろう。CD付いてないから高くないし。安くも無いが。

一応その内、書き加えた場所の総ざらいとかしてみたい。他の人がやってくれるならそれでいいけど。
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2011/06/27(月) 17:16:18|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<脳髄の中のスイマー。第80回動画紹介回 | ホーム | 心理テスト製作者の堕ちる地獄。第79回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/579-86c9fe84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)