ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ロシアの森の廃戦闘機・廃戦車

種記事 らばQより

モスクワ郊外の森に冷戦時代の兵器が遺棄されている。

それは作られた当時は非常に価値あるものだったが、今ではもはや鉄屑でしかない。

あるいは、特殊な用途、戦争に用いられるべきものであるが故に、高価となり、その特殊さゆえに時代が変われば鉄屑でしかないのか。

冷戦は冷たい戦争と書くが、実際にはそれほど激しい戦争行為はなかった。だからこそ冷たい。
であればこそこれらの兵器群も保存状態がいい。
これらの兵器は何のためにあったのか?
いざという時の備え?私が思うに「いざという時」にならないため、戦争を仕掛けられないために合ったのではないかと思う。
核抑止と同じである。つまり脅迫の道具。

実際に望まれない手段を成す為の作りをせねば本来の目的は遂げられない。

奇妙な運命の元にある道具。
しかし、これがもっとも幸せな形なのかもしれない。
…誰かにとって、あるいは何かにとって…
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2011/05/12(木) 01:58:11|
  2. ネット界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お金は大事。第55回動画紹介回 | ホーム | 暑くて湿気がきつい。第54回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/528-3ccb2eaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)