ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「ブラウザ戦争」 クリックで救える命があるのか

東方茨歌仙の単行本一巻。6/27発売らしいね。音楽CDとか付くのかな。


参考 ニコニコ大百科 ブラウザ戦争

あ、タイトルは単純にギャグだから。


戦争。争い。人は争う事をやめない。
棍棒と石の時代から、剣と弓、大砲と銃、戦車と軍艦、戦闘機とミサイル、媒介物を変えながらも本質は同じである。
サイバー戦争という言葉もあるように、様々な理由で様々な場所で様々な方法で戦争は行われる。

それほど重大でなくても戦争はある。コカコーラとペプシコーラのシェア争い、きのこの山とたけのこの里の争い、最近有名で適度に迷惑なのはゲームハードの争いか。
これらは商戦である。商い、商売上の戦いである。もっとも例に挙げたのは少し遊離した感もあるが。企業ではなく消費者が必死なのは何故だろうか。企業も必死だろうが。
クリスマス商戦とかは健全なそれだが。まあサンタ云々から考え直すとアレだがそれは置いといて。

ブラウザ戦争も広い視野からすれば商戦の一種だろう。
今有力なブラウザは三つ巴状態である。
Internet Explorer、Firefox、Google chrome。それぞれ強力なブラウザである。
IEとFirefoxには歴史がある。IEとクロームには強大な後ろ盾がある。FirefoxとクロームにはIEの牙城を崩したという実績がある。IEはWindowsの同梱というのが一番の強みだからだ。私はIEも最近のは悪くないと思ってるが。

これらのブラウザは有名だが、他にも様々なブラウザがある。
Safari。Macの標準ブラウザである。
Opera。根強い人気がある。
Sleipnir、Lunascape、Donut・・・
ちなみに私はDonut系のDonut RAPTを使っている。



とはいえ私も全て使ったことがあるわけではなく、適当に話を聞いて自分にあってそうなのを選んだだけだ。
実際に全てのブラウザを使ったことのある人は少ないだろう。ここに書いたブラウザを十分に使った人さえマニアといえる。
そうである人も、「ブラウザ戦争」の論争に参加している人もいるのだろう。

そこが戦争の不毛さ。
結局は全てを知る事など出来ない。だが全てを知った気になる人は多い。
愚かさが故に戦争が起こる場合もあるのだ。

もちろんこれはブラウザ戦争。誰かが血を流すわけではない。
とはいえ、議論だけで噛み合うはずも無いし、全てのブラウザを全ての人が使いこなせるわけも無い。
不毛。起こるべくして起きた事だが・・・

戦争により真理は見出せるのか。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2011/04/13(水) 21:58:48|
  2. ネット界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヒトと人間のギャップ。第44回動画紹介回 | ホーム | 夢見る宇宙。第43回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/496-0964c5eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)