ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

アンサイクロペディア探訪 系統樹

アンサイクロペディア 系統樹

系統樹を聖書とかの生命の樹とごり押ししている所が笑える。

まあ、面白いから紹介したわけではない。多少は笑えるが。
樹を持って何かを説明しようという考えの普遍性が面白いと思った。
両方とも樹の構造を使って凄まじい事を説明している。説明する事をまとめたら樹の形になったというのが適切か?

ようするに、系統樹はツリー構造、掲示板でもあるアレである。
ツリー構造で説明するのが容易い事は多い。

一方カバラとかの生命の樹は上の方でまとまっている。まあ広葉樹は大体こんな形のような気もするが。
複雑なネットワークを持っている。

どちらも生命を説明する感じだが、どちらの主張でも論じられるのは、根、根源があるといったところか。
中々示唆的である。

生命には何かしら根源的なものがあるという事が中世の人間の意識にあったのか。
ともかく、わからないなりに考えた結果が「樹」になった。それは完全には外していなかったのか?



あるいは偶然の一致かも知れぬ。だが生命を表すのに、また生命である「樹」を使うのは、あるいはなにやら人間の文化的センスとして意味あるものかもしれない。
「樹」、植物は人間、哺乳類と比べて明らかに異質な生命の形であるという事実もこうした事態の遠因となったのかも。

面白い。面白いだけかも知れないが、それでもいいじゃないか。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2011/04/10(日) 01:58:23|
  2. ネット界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<そろそろ怖い第42回動画紹介回 | ホーム | 安全第一。第41回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/492-385ab23e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)