ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

マークの表すもの 大量破壊兵器とか

参考大量破壊兵器マーク
この画像はWikipediaのページより引用。
svgなんか使いやがって・・・引用するのが実に面倒。

この三種のマークはそれぞれ表すものは似て非なる物だ。
左のマークは放射能汚染への注意を促すマーク。
真ん中のマークは生物的汚染への注意を促すマーク。
右のマークは化学的汚染への注意を促すマーク
である。


このマークはWikipediaの大量破壊兵器関係のページに張られている画像で、この三種類の危険は、物理学・化学・生物学、「科学」の三つの大カテゴリからそれぞれ生み出される脅威である。
つまりこの危険を極限まで高めて兵器としたのが、原爆水爆などの核兵器、毒ガスなどの化学兵器、致命的な細菌やウイルスなどの生物兵器である。これらは大量破壊兵器と呼ばれる。
これらの兵器は世界的に規制、拡散防止が為されている。しかし、テロなどに使われれば悲惨な結末が容易く予想できる。もちろん使った側は破滅だろうが。テロリズムに至る経緯を含めて。


まあ、そこまで大したものじゃなくても、そういった類の危険があるものにはこういったマークが付いている。
これらのマークを見比べると中々面白い。
今回の記事はそれを見ていく趣旨である。

まず全てに共通する点。それが危機感を感じさせるものだという事だ。
御馴染みの放射能汚染マークは中央の円を中心に放射状にプロペラの羽根みたいな物が付いている。プロペラの羽根状の何かが広がっていく様子は放射線のα線、β線、γ線を表しているとか。広がっていく感じがアンバランスな感じでなんとなく注意を促しているような。
で、生物的汚染マーク。バイオハザードマークとも。ゲームじゃなくてね。これはCを組み合わしたマークらしい。意味はないが「覚えやすく、忘れにくく、危険を感じさせるデザイン」らしい。確かに鋭利なところが危険を感じさせる・・・気がする。
で、化学物質、毒物マーク。見ての通りドクロ。これを見て危険だと思わない人は少ないだろう。海賊船の旗のようだ。
ともかく、それぞれの役割は果たせているようだ。

そして、2つに共通するが1つに合わない物もそれぞれある。
まず、放射能汚染マークとバイオハザードマークは抽象的なのに、毒物マークは写実的。
放射能汚染マークと毒物マークは「覚えやすい」マークだが、バイオハザードマークは細部まで見ずに書き写す事は難しい。
そして、放射能汚染マークはよく知られているが、バイオハザードマークと毒物マークはそれほど知名度が無い。

私が思うに、それはそれが出来た歴史から遡るとわかりやすい気がする。

まず錬金術の時代から発達してきた化学。兵器としての利用も第一次世界大戦時に毒ガスとして為されている。中世でも、それより前でさえ毒物の利用はあった。
一番早く毒物マークは考案されている。古いがゆえに写実的。洗練されていないが、危険さがわかりやすい。ただ、それが示すのは死のイメージに余りに近く、「化学」毒物という分け方が無い時代からのものであると逆算できる。

その後、毒物マークから派生されて放射能汚染マークは考案された。第二次大戦期に発達した学問である物理学の子である核兵器は、三種類の大量破壊兵器の中でも最も致命的な使用が為された。洗練され、わかりやすいのは自然に発案され、使われてきたマークであるからか。

生物学の脅威は、兵器として利用されるよりも、学問研究の場で先に予想されたものである。もっとも、感染症が侵略者の大きな武器であるのは古代からだが。とはいえ、近代的戦争で、意図的に使われた例は無い。いくつかの事件で用いられた例はあるのみだ。実際、兵器としては使いにくい性質があるのかもしれない。
バイオハザードマークが抽象的ながらわかりにくく、マイナーなのは、そもそも生物災害的危険が他二つの危険に比べて微妙であるのと(もちろん他二つよりも致命的な結果を想像することも出来るが)、一人の人(ハーバード大学のCharles Baldwin)が識別のために考え出したものが使用され続けられたものでしかないというところに原因の大本があると思う。


もちろん私が適当に考えた事なので当てにしてもらっても困るが、それぞれの科学の脅威にはそれぞれの科学の事情があり、実際のものだけでなく、マークにさえ特性が現れる、という事がいいたかった。



学問の発展する先は危険があるかもしれない。
だが、それを乗り越えてこそ、本当の意味での学問の進歩といえるのではないか。
危険は目的でなく、副産物、副作用、あるいは蝶へ羽化するための蛹であるか。
危険はそれぞれ違うし、対処法も、進歩の方向も、社会へ及ぼす影響も違う。
学問には王道は無く、道は険しく、一つ一つ道は違うのだ。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2011/04/05(火) 23:59:31|
  2. 科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<別に記念すべきでもない第40回動画紹介回 | ホーム | 何か非常に軽めの頭痛がする第39回動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/488-a6bcc715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)