ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方茨歌仙 第五話 仙人の本分 感想・考察・その他の確認等

すげえ寝てた。


東方茨歌仙 Wild and horned hermit. 第5話「仙人の本分」の感想や考察など。
第一話「片腕有角の仙人」感想
第二話「意図的に捨てられた技術と地獄」感想
第三話「罪人の金鉱床」感想
第四話「信仰の人工湖①」感想


あらすじ。短めに。

タイトルページは普通に座ってる華仙。女の子座りで、背景は服にも書かれてる蔦?

舞台は博麗神社?
霊夢、魔理沙、早苗が河童ダムグッズを燃やしている。
早苗によると、河童ダムが中止になったのは神奈子と河童の労組(労働組合)が揉めたかららしい。

魔理沙は、河童よりダムを造るのが上手い動物がいると聞いたことがあった。ビーバーの事らしい。
ビーバーは日本に住んでいないので、十分な数の動物園が必要と早苗は言う。
じゃあ河童に動物園を作らせればいいと魔理沙は言う。
霊夢は「河童といえば前の金鉱脈採掘場も中止になったし彼奴等もう駄目なんじゃないの?」と根本的なことを突っ込む。相当不貞腐れているらしい。

河童は技術力は高いが集団労働に向いていない。組織的な天狗と正反対で、動物園を作らせても動物の管理も出来ない。
ギーク的天才、好きな事なら天才的能力を発現できるタイプらしい。

霊夢は自分で参拝客を増やすしか無い(儲けるには)と考え至るが、河童が駄目なら仙人を有効利用できないかと思いつく。


舞台変わって華仙道場。
華仙が座ったり伸びをしながら神社の信仰合戦について思いを巡らす。
神社は俗っぽくっていいのか?(面倒だが)仙人として説教する必要があると華仙は宣言。

博麗神社へ。
まじまじと華仙の顔を睨め付ける霊夢。魔理沙、早苗もいる。
仙人としての技で神社で客寄せ出来ないかと尋ねる。
最近何やっても参拝客来ないから見世物でもと思ってるらしい。

この言葉が華仙の逆鱗に触れた。マジギレ。
霊夢に対して俗気にまみれすぎている、神に仕える巫女なのに云々。
華仙によると堕落した性格が参拝客を減らしているとか。
華仙によると参拝客を増やすには修行するしかない。

華仙は右手を振り上げる。包帯の隙間から煙が溢れる。
雷雲と突風。
博麗神社に大雨。龍の子供が霊夢を連れ去る。龍の子供は華仙のいう事なら何でも聞くらしい。
早苗からしても「凄い・・・」らしい。

巨大な鷲を呼び出し、それに乗って飛び去る華仙。
次に会う霊夢は生まれ変わっていると宣言。

霊夢が留守の間、早苗が博麗神社を預かる事に。巫女だから。


数日後。博麗神社。
掃除中の早苗。残すは灯篭の掃除だけだとか。
霊夢はまだ修行しているらしい。魔理沙によると霊夢にしては頑張ってるとか。

ここで霊夢が大鷲から舞い降りる。エルシャダイっぽい落下シーン。
「動物園修行」で生まれ変わったらしい。
凄いテンションが高い。この神社を幻想郷一の神社にさせると豪語。
魔理沙は、幻想郷には二つしか神社が無いからすぐにでもなると突っ込む。

華仙道場。夜。
やっと修行が終わった。これで霊夢も生まれ変わったはずと独り言。
窓から小町が話しかける。
あのままでは欲の塊になっていたから、お得意の動物たちを使って修行をつけたらしい。
座禅とか滝行とか石抱きとかの修行シーン。

小町は、「残念だけどあの修行は意味ないよ」という。
小町によると華仙はまだまだ霊夢の事がわかっていないとか。
最初から邪念は無く、修行するまでも無い。
お金や参拝客のことばかり考えるぐらいの欲は人間あって当然。
欲に忠実な内は邪念ではなく無邪気、あそこまで無邪気な人間は霊夢くらいらしい。

最初の内は不自然に頑張っていても、今頃は力尽きて無気力になっている。
少し寝たらいつも通りの自分に素直な霊夢に戻っていると。

華仙は、私の仕事は全て無駄だと言いたいのかと聞く。
小町は、華仙も仙人みたいな事をするんだと感心した、らしい。

ちなみに小町と華仙の会話は窓越しに行われていた。
小町は窓から入ろうと思っていたが思ったより窓が小さかったらしい。

両者苦笑でVol.06へ続く



あらすじはこんな所
登場キャラクター確認。
茨歌仙(茨木華扇)
ついに仙人として(?)の能力を発言。動物を操る程度の能力?
動物どころか龍の子供等も範疇のようだ。いや、龍の子供を呼び出した時は右手から煙を出して雷雲を呼んでたし、別の能力なのかな?鬼としての能力も別にあるというか。
道場では結構ダラダラしてるように見える。でも仙人としての義務感はあるようだ。その辺の微妙な所が物語の軸か。
霊夢の、その特殊性に振り回されたというべきか。
今月の名台詞「では次に会う霊夢は生まれ変わっている事でしょう お楽しみに」
まあ茨歌仙という書籍の一話でキャラ設定を大きく変える訳はないが、緊張感に溢れた台詞。

博麗霊夢
霊夢の設定にまた一か条。邪念は無い。精神修行は無駄。
不自然に頑張ると力尽きて、寝て元通りになる。基本の性格は自分に素直。
神社は基本的に他力本願なところはあるけどねえ。他力本願って言葉は仏教だっけか。
しかしエルシャダイパロ。笑える。
今月の名台詞「彼奴等もう駄目なんじゃないの?」
河童に対するすげー直接的なディス。河童に頼るのは諦めたらしい。

霧雨魔理沙
基本余計な事言うだけ。まあこういうキャラがいないと回らないんだが。
幻想郷的一般人見解なのかも。
動物園云々は婉曲な伏線。まあ偶然の一致。華仙はビーバー、ペットに持ってるのかな。
今月の名台詞「従順な天才は転がっていないものか」
すげー都合のいい台詞。まあ知ってて言う辺りが魔理沙。

東風谷早苗
上司無し単独メイン登場。まあ台詞には出てくるけど。
一応、神社の問題だからね。でも勝手に博麗神社の管理任されていいのか。掃除とかしてるけど。
「労組」とか「日本」とか「ビーバー」とか「ギーク」とか、発する単語に元外の世界の人という感じが出てる。
今月の名台詞「残すは灯篭の掃除だけです」
このズレ具合が早苗。天然というか。

小野塚小町
ずっと小町の監視をしているらしい。サボタージュの極み。仕事しろよ。
霊夢の事は華仙よりもわかっている。付き合い長いし。
華仙に「仙人みたいなことするんだ」と。仙人ではないと疑っている?それとも単に落第仙人と思ってるのか。
ちょっとしたミスで笑い会える関係に。この辺の微妙さが上手い。
今月の名台詞「思ったより窓が小さくてさ」
まああんたもでかいし、鎌もでかいしね。赤らめた顔がかわいい。

その他モブ等
河城にとり 動物園想像シーンとか、遠景とか河童の代表的存在。
黒髪河童 遠景で。ロボット弄ってる。結構出てるよね。
射命丸文、犬走椛 天狗の説明シーンで。天狗の組織はそれなりに書かれてるよね。



キャラはこんな所
全体の感想。
華仙の能力紹介回にして、霊夢の性格再認識回。

結構細かいネタが好き。

やっぱ仙人もつえーんだな。天人の下位互換的イメージがあったけど。

魔理沙の無責任な発言とか、早苗の天然発言とか、小町の説教垂れるくせに抜けてるとことか、キャラの掘り下げ回と言っていいのではないか。

基本、霊夢の博麗神社の信仰、参拝客の増加作戦が物語の主軸なのよね。全部失敗してるけど。

幻想郷の住民は怠惰だから、華仙の行動も空回りする。それがお話になるのか。というか華仙も自分の道場じゃ結構ダラダラしてるように見えるし。そりゃ小町にも目を付けられるわ。

最後に顔を赤らめる小町が可愛い。やはり結びが良い作品。

絵はいつもより白め?まああずまあや先生も忙しかったらしいし、仕方あるまい。より漫画的画風になったと言い換える事も出来よう。



ここから確認と考察。イマイチ感想との違いがアレだが。

季節。基本的に発売時期と合わしている感じで間違いないらしい。
一コマ目でなんとなくわかる気もするが、花とかよくわからんからね。木は葉をつけていないが。

タイトル。「仙人の本分」
恐らく、仙人の本分は、自分の中で悟る事ではなく、啓蒙活動など、他人を悟らせようとする行為だという事だと思う。
十牛図の8個目とか、なんとなく自分の中で悟っただけというような感があったが、それを超えて霊夢を修行させるという事が大乗仏教的に良い行動なのだろう。結果的に失敗しているが、小町も認めている。
その辺の履き違えてる所が気になって小町は監視しているのか?あるいはもっと別の理由か。

河童グッズは霊夢の自家製のようだ。
そういうの作る暇があればもっと真っ当な事をしろっていうのが華仙の言い分なのか。

河童には労働組合があるとか。
諏訪子の暗躍は早苗も知らないようだ。
まあ暗躍っつっても、視察して報告しただけだけど。

魔理沙はビーバーの情報はどこから仕入れたのか。本知識かな。

「日本」という概念。早苗はちゃんとそういう事も考えてるらしい。外国行ったことあるのかな。今でも外の世界と行き来できるのかな。というか、近代的電化製品とか守矢神社にはあるのかな。紫のとこにはあるみたいだけど。

参拝客を増やす理由は儲けるためのようだ。
小町によると、そのぐらいの欲は人間にはあって当然らしいが。
まあお金はあった方がいいよね。

博麗神社も守矢神社も信仰獲得に必死。
それが物語の主軸。という事は早苗の活躍にはまだまだ期待していいのかも。
それに関わる華仙の話か。

というか修行シーンでもあるように禅宗っぽいのに、道場ではすげーダラダラしてる華仙。仙人としてそれでいいのか。まあ禅宗にも色々あるけど。禅組めよって感じではある。やっぱ究極的には仙人じゃないのかな?
仙人の真似事やってるうちに仙人みたいな考え方になっていったとか。

何やっても参拝客が増えないって、それでもちょっとはいるのかね。参拝客。

「暫くうちに来なさい!」うちってどこよ。妖怪の山の修行場?道場の近くなのかな?

龍の子供ってどのくらいの戦闘力あるのかな。霊夢より強いようだが。流石龍。子供でも強い。

博麗神社の管理。別に早苗がやっててもいいらしい。問題は結界だが、数日程度ならいいのかな。
商売敵なのに適当だよね。

修行明けでテンションの上がった霊夢は具体的には何やってたんだろ。広告でも作ってたのかな。
真っ当な参拝客の増やし方ってそもそもなんなんだ。
いうても神道だしなあ。アニミズム。やはり客寄せ見世物も真っ当じゃないのかな。
御利益とか?自分で何とかなるものでもないし。改築はお金が無いし。

しかし、修行シーン、それほど動物使う意味無い上、石抱きは修行じゃなくて拷問じゃないのか。
というか大丈夫なのか。案外軽めの石なのかもしれないけど。

霊夢の性質論。
結構色々設定出るけど何一つ具体的じゃないのよね。だからこそ二次創作もしやすい訳だが。
自分に素直で無邪気。他にも色々設定あるけど、一度全部示し合わして考えた方がいいのかな。

仙人としての仕事。それが無駄といわれても困るらしい。
たまにダークでたまに仙人。華仙にはまだまだ謎が多い。
その解決こそがこの漫画の最終目的地点か。
小町は華仙に付き纏っているが・・・



信仰大戦に華仙の謎。
主軸は明確になったが、これがどう展開していくのか
小町の動向も気になるし、霊夢や守矢神社勢の動き、さらには地下の妖怪との絡みも気になる。

東方茨歌仙の今後の展開には大いに注目である。
単行本いつ発売だっけな。5月だっけ6月だっけ7月だっけ。特典は付くのかな。
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2011/03/29(火) 04:41:17|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<結構グラグラしてきた第37回動画紹介回 | ホーム | 3月に買った本の感想と4月に買う予定の本の紹介>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/481-d8173acf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)