ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

第8回東方シリーズ人気投票 一応の総まとめ回

thvote8b
第8回東方シリーズ人気投票

結果発表: 2011/2/20(日)
集計結果発表中。


紹介記事
曖昧なキャラ順位変動予想
大まかな音楽部門上位陣予想
新規曲の作品内順位の予想
キャラの立場別枠順位の予想
「枠」別音楽上位陣順位予想前編道中曲部門
「枠」別音楽上位陣順位予想後編6ボス曲とかExボス曲とか部門
投票するキャラと曲の候補を書いた回
総合キャラ順位予想回 75位まで
投票したキャラと曲の紹介・支援回
総合音楽順位予想回 101位まで
偏った出口調査の考察
これまでの記事のまとめと今後の予定
結果の感想的考察
投票したキャラ・曲の動向
投票者アンケートの分析
予想と結果の答え合わせ キャラ編
予想と結果の答え合わせ 音楽編
キャラ10位までコメントからの分析
キャラの相関を用いた枠別順位考察
「~率」から見た考察
キャラ11位~20位のコメント分析
キャラ21位~30位のコメント分析
偏った「出口調査」と結果の比較
特定のキャラ・曲の順位の変遷


東方新作、東方project第13弾、東方神霊廟 ~ Ten Desires.も発表されたし、第8回東方シリーズ人気投票の考察もそろそろ一区切り付けねばなるまい。
思えばたくさん書いたものだ。もうちょっと書いてるけど入れてないのもあるし。



まず順位についての総合的なまとめ・再考。

キャラは紅魔郷勢や幽香、にとりや文など二次創作で強いキャラの伸びを感じた。
他にも前回急激に下がったり、順位的に危機感があるキャラは伸びた傾向にある。
原作に出たキャラは、2010年、ダブルスポイラーと妖精大戦争で活躍した者の影響は見られるが、星蓮船は、新作という枠が消失したものの界隈にキャラが根付かず苦戦。地霊殿はようやくキャラが定着し、全体的に上昇。風神録は守矢三柱が落ちたが、原作に大きく関わっていた代償か。
新規キャラであるはたてと華仙。その出番、知名度からいって中々の順位に付けたのではないか。
華仙は書籍組みでも上位陣。流石に単独主人公扱い?

音楽は、知名度、派手さ、難解さによって順位の変動がなんとなくわかる。
その意味では道中曲は全体的に知名度が上昇した形か。
派手な曲は評価が早く、難解な曲は徐々に上がっていく印象。
二次創作の影響で知名度が上がる曲も。
知名度で言うなら、この投票自体も影響を与えているだろう。
もちろん、曲の地力が一番重要だが。原作での演出・展開が問題になる事も。


そしてこの「人気投票」が本当の意味で「人気の調査」となっているかについて語ろう。
これは大体のアンケート全般に言えることだが、なっていない。というか、なり得ない。

まず投票者の層が一つ問題だ。そもそもからして人気の調査にとって、期待すべき投票者とはどんなものだろうか。
原作をやっている人?東方関係でお金を使った人?東方を単に知っている人まで?そうにしても、本当に調査するならばそういった枠の中でランダムに投票者を決めねばならないだろう。
「投票者アンケート」で一応投票者の層は(完全でないにせよ)わかるが、これはその中でわざわざ投票するような層の結果とも言える。
原作中心のファン、ニコニコユーザー、ピクシブユーザー、その他のファンが量比も合わさらずごちゃ混ぜになっていて、しかもその中で合えて投票したい人のみが投票した結果という時点で、それらの層によってバラケた結果が得られるので結局何もわからない。

そして、アンケートとしての「問い」も、全てのアンケートにいえることだが問いによって結果は変わる、不完全である。
一人につきキャラは一押しも含めた6ポイント、音楽は別個に7ポイント分使えるわけだが、この時点でまず、そうした問いでの結果という事を認識せねばならない。
例えば、もし一票ずつなら大きく順位は変わった(キャラを一押し票だけでソートしてみると良い)。逆に10票ずつ、20票ずつとかなら思いもよらぬキャラ・曲が浮上する事もあろう。
人気投票の5キャラ1押し一人、音楽7曲はあくまでそのぐらいが面白く、また伝統であるというだけなのだ。

よって、人気投票の結果を「人気の順番」と考えるのは愚の骨頂である。


ただ、何かしらの傾向や去年から今年の動向を示唆するものではある。
そこには様々な情報が含まれている。



東方の原作は、ただそれのみのゲームではなく、二次創作を幾千幾万と生み出し、巨大な界隈を作り上げた。
特にコミケでもいけばその特筆性がわかるだろう。

東方は、もはや媒体、直接ファンが触れる作品としては二次創作のほうが大きくなったのかもしれない。
しかし、二次創作も原作を通って作られたものだ。原作の影響を受けて作られたものだ。
二次創作三次創作四次創作・・・と連なってもやはり根は原作にある。
そして原作の影響はその根を伝わっていく。どのような影響になりどういう風に伝わるかを予想することは難しいが。

つまり、原作はもはや最も大きい部分ではないが、中心にあり最も重要な部分である、という事だ。
原作なくして二次創作は成り立たず、原作の有り様が二次創作の有り様を決めるのである。
二次創作は原作と大きく違うように見えるが、それでもその根は原作に発するのである。



予想の反省点について語ろう。個別的な反省ではなく全体的・総合的な。

まず、前回からの傾向が続くという考えが間違いであった。
2010年にでた原作STGはダブルスポイラーと妖精大戦争。
これらは「本編」ではなく、それまでの地霊殿星蓮船の流れと違った。
つまり、原作中心の考え方をしながら原作の新作の動向の変化に目をつぶっていた感がある。

そして、原作中心という考え方も往々にして正しいとは言えない。
たしかに原作は二次創作にも影響を与え、最も重要な役目を果たしているが、二次創作が原作よりも大きくなっているという事実を、投票者の層の多さを見逃していた。
東方Wiki付属の投票所だからといって原作ゲーマーの投票と誤解していたような気がする。

そして、二次創作中心のファンが、ダブルスポイラーや妖精大戦争をどう捉えているかというのも見誤ったかも知れぬ。
新キャラのほとんどでないこれらの作品は、所謂「本編」より「下」の「外伝」と考えられていたのかも。
新キャラをコンスタントに出す東方のシステムは、これだけの界隈を作り上げるのに必要だったのかも。



最後に、この人気投票とは何なのか、何であったのか、何であるべきなのかについて語りたい。

私はこの人気投票で予想や考察をして遊んでいたが、それは本来の楽しみ方というと少し違うかもしれない。
もちろん、順位を見てどうこう言うのは人気投票として当然の事だし、人気投票の結果から実際にわかることがあるのも確かである。

しかし、実際は人気投票は、自分のお気に入りのキャラを上位につけたい、下位に付けたくないがための票戦の模様を示しつつある。
票戦、まあ私が適当に作り上げた造語(たぶん)だが最萌トーナメントなどはその最たるものだろう。
過去の投票の結果に影響されたり、大丈夫そうなキャラは後回しにしたりする。
そういうのも刺激的で面白いのだが健全とは言えない。

人気投票とは、私はキャラの再認識と何が好きという主張の場であったらいいと思う。
東方のキャラは年々増加する傾向にある。その中で年に一度行われるこの投票は投票者の頭の整理に役立つ。
また、キャラや曲の何が良いかという事を改めて議論する場を作り上げる。議論する事で投票者の中で新たな・深い認識が得られる場合もあるだろう。

つまり、この人気投票はお祭りでもあるのだ。
お祭りであり、東方の種々の事柄について考えさせるものであり、界隈の活性化に役立つ。
そのような動きが好ましいのではないかと私は思う。
ここまで大きくなれば与える影響についても考慮せねばならないという事だ。





私はずいぶんたくさんこの人気投票に時間を費やした。
それによってしか得られない知見もあり、中々充実した時間をすごした。
だがまだまだ考察できる場所はある。
あるいは骨の髄までしゃぶりつくすように網羅的に考察しても良いが、それもそれで大変だし、新作の情報も出た今意識を転換していくべきとも思う。
という訳で人気投票回はひとまず終了。
また何か書きたくなったら書くけど、この記事で一区切りを付ける。

来年の事をいうとアレだけど、来年もやる予定だよ。
スポンサーサイト



テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2011/03/03(木) 00:28:07|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<マモノスイーパーHUGE x BLINDモード、クリアした! | ホーム | 何はともあれ第26回動画紹介回>>

コメント

No title

早苗自機キャラ人気5人中4位(神霊廟で妖夢に抜かされる可能性あり)
神奈子ラスボス人気6人中最下位
諏訪子EXボス(藍じゃなく紫で)6人中5位
守矢好きは危機感持った方がいいですな EXボスがにとり以下
  1. 2011/03/21(月) 14:44:35 |
  2. URL |
  3. しん #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 早苗自機キャラ人気5人中4位(神霊廟で妖夢に抜かされる可能性あり)
> 神奈子ラスボス人気6人中最下位
> 諏訪子EXボス(藍じゃなく紫で)6人中5位
> 守矢好きは危機感持った方がいいですな EXボスがにとり以下

守矢組の凋落は第7回までの結果が安心させる、安定的なものだったという事と、2010年の原作に(それまで風地星非と関わってきたのに)あまり活躍していないというのが影響が大きいと思います。二次創作もなんだかんだいって原作の影響を受けてるので間接的に。
神霊廟での展開に望みを繋ぎたいですが、そうでなくともこれ以上大幅に下げるという展開は無いのではないでしょうか。最悪でもジリジリ落としていくぐらいでしょう。

にとり以下って言ってもまあにとりが高いだけなのでその点は心配しないでいいんじゃないかなあと思います。
地霊殿でもサポート妖怪だったし、これからにとりも原作のレギュラー的立ち位置になるかも。
  1. 2011/03/21(月) 17:52:01 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/450-c237be06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)