ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「乞食」は職業といえるのか

乞食、物貰い。物乞い行為の事である。
元々の意味は仏教の修行の一つみたいなものだが、ここではその意味ではなく、生活の手段としての乞食について。

乞食とは自分が働かずに物やお金を貰う事である。
日本の法律では禁止されているが、アラブ諸国辺りでは組合とかあったり縄張りとかあったりするし、中国辺りではマフィアのシノギになってたりするらしい。
とはいえ、この場合貧しい人にお金をあげる事で徳を積むという、ある種の宗教的行為に近いものがある。乞食はお金を貰い、お金を上げた方はそれで憐憫の情を表したり、優越感に浸ったりする。
つまりお金をあげた側も何か得る物があるのだ。

もし、お金をあげる側が何の得も無い、言い換えれば、
芸をして楽しませる事もなく(これはむしろ芸人である)、
宗教的な理由もなく(坊主の修行のそれは上げた側も宗教的観点からすると利益を得る事となる)、
自分の身を哀れませる事もなく(中国では子供の手足を切って乞食をさせるとか)、
乞食行為をすることは、それは職業、仕事、経済行為であるのか。

あるいは物珍しいからお金をあげる人もいるかもしれない。
となるとそれはある種の芸となる。
物珍しくもなくなれば?

それはただの「たかり」か?ただ「たかり」はより積極的な印象を受ける。軽度の脅迫である。
ただ金銭や物を要求する行為。それが純粋な物乞いといえる。
それは現実ではありえないかもしれないが、あったとしたら、そしてそれに物をやるという行為はどういう意味があるのだろうか。

なんらかの代償(例えば肉体労働)で何らかの利益(例えば金銭)を得るのが普通の仕事だ。
なんらかの物と物(例えば金銭と食べ物)を交換する事は経済活動といえる。
乞食の場合ただ一方的に貰うのみだ。経済活動と呼ぶのはどうだろう。

強盗、窃盗、地見屋、詐欺師、偽札作りなど、犯罪を生業とするのはどうだろうか。
(地見屋とは落ちてる金を拾って生活してる人のこと、ハズレ馬券の地見屋は有名か)
あるいは職業、仕事ではあるかもしれない。
しかし、経済活動というのはありえないだろう。不当に、被害者に本質的な意味での許可を得ずに利益を得る行為だ。

乞食の場合、了承は受けている。
この辺りが違いなのだ。
上で定義したような「純粋な」乞食行為はお金をあげる方に何の利益も無い。
あげるとしたら気の迷いかなにかだろう。
それは、ある意味では詐欺ではないか。積極的に働きかけていないだけで、お金を持っているものの気がおかしくなるのを利用しなければお金を貰う事は出来ない。つまり人の過ちを利用してお金を得る行為になる。そう考えると地見屋に近いか。

というわけで「純粋な」乞食はありえないことがわかる。
乞食とは哀れみを売る職業で、何の理由もなしに人は他人にお金を与える事は無い。
もし何の理由もなくお金を与えたとしたら、それは失った、と表現すべき事なのだ。
あるいは、実質的には何の理由も無いように見えて裏があるのだろう。物珍しいからとか。



乞食の本質とは、何もせずに利益を得ることではなく、利益を得る手段の特殊さにあるのか。
一見同じように見えても内実は違う。
あるいは乞食という仕事のその形態に意味があるのか。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2011/02/11(金) 00:26:15|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<第8回東方シリーズ人気投票 総合キャラ順位予想回 75位まで | ホーム | 第8回東方シリーズ人気投票 投票するキャラと曲の候補を書く不毛な回>>

コメント

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
  1. 2011/02/20(日) 21:50:30 |
  2. URL |
  3. 履歴書の書き方の見本 #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> とても魅力的な記事でした。
> また遊びにきます。
> ありがとうございます。
いえいえ、こちらこそ光栄です。
どうも自分の文章が客観的に面白いかどうかというのは不安になります。
まあ面白い記事が書ければ良いと言うわけでもないですが。
  1. 2011/02/20(日) 22:04:08 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/413-aef3ecd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)