ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方茨歌仙 第四話 信仰の人工湖① 感想・考察・その他の確認等

最近東方記事が多いような。まあバランスは気にしない事にしてるけど。


東方茨歌仙 Wild and horned hermit 第四話「信仰の人工湖①」の感想や考察、など。
第一話「片腕有角の仙人」感想
第二話「意図的に捨てられた技術と地獄」感想
第三話「罪人の金鉱床」感想


まず、あらすじ。出来うる限り短くしたい。

タイトルページは神社での主要メンバー(華仙、霊夢、魔理沙)のスリーショット。今回の季節は冬。大雪らしい。

博麗神社で山の麓の川縁で地滑りが起こった話をしている霊夢と華仙。河童のアジト付近らしい。
雨もなく地滑りが起こった事に不思議がる霊夢。

魔理沙登場。地滑りで土砂が川をせき止めたらしい。
見に行く一行。

川はせき止められ湖になっていた。河童は見当たらない。
神奈子登場。不味い状態であるとか。
魔理沙は幻想郷にダム湖があってもいいんじゃないかと問う。
神奈子はダムの利点と欠点を話す。
天然のダムは決壊する恐れがある。慌てる一行。
河童はアジトごとダムの底にいるとか。
神奈子が何とかしておくと豪語。

一日後(?)
土砂は取り除かれダムはなくなって、河童も出てきた。
そこで魔理沙登場。
山の麓に新しいダム計画が始まったらしい。

すでに土台が見える。
早苗登場。このダム計画は神奈子の指示らしい。
ダムの計画自体はかなり前からあったとか。

その夜(?)、華仙の屋敷。
ダム計画を不審がる華仙。
なにやら本当の目的を思いついたらしい。

次の日(?)
神社でお茶しながらくつろぐ霊夢と魔理沙。
河童ダムの建造は順調らしい。
不安がる霊夢。河童は大型建造物はあまりやっていないとか。
早苗登場。河童ダムグッズを色々持ち込む。
ダムは観光資源になる。スーベニールはフランス語で記念品、みやげ物。

所変わってなにやらうら寂しい場所。
「名存実亡の神様」洩矢諏訪子 登場。
歌仙が後ろから現れ話しかける。
ダムの真の目的がわかったという。とぼける諏訪子。
守矢一派は湖の神。山の上では思いのほか信仰が集まらない。
山の麓に拠点を作るためにダム湖を作ったと華仙は言う。
まだとぼける諏訪子。
地滑りによって出来たダムが不自然(大雨も大雪もないのにできた)だったと華仙。
最初からダムを作るつもりで地滑りを起こしたのではないかと諏訪子に問う。

ようやく話す諏訪子。
河童はダム計画に最初から乗り気だった。
だが、河童は長期かつ大規模な工事は得意でなかった。
河童は一晩でダムを造ってみせるといって山を崩したらしい。
それで神奈子は河童のダム計画を止めて自分で工事を指示する様にした。
だが河童は設計図と違う物を造ったり遊んでばかりで協調性がなく、ダム計画は中止にするしかないと諏訪子はいう。

博麗神社。
河童ダムグッズを広げる霊夢。華仙が問うと、霊夢はダムが完成したら便乗してグッズを売りさばくつもりという。
貧乏神社からおさらばとはしゃぐ霊夢にダム計画は中止といえない華仙。

人形供養の練習をしたほうがいいという華仙。
なぜかと霊夢は問う。
華仙「放って置くと飲み込まれても知りませんよ? 山の信仰に」山の信仰と書いてダムの放水とルビを振っている。
その台詞の裏に諏訪子と神奈子。諏訪子がなにやら話していて神奈子に汗マーク。

Vol.05に続く・・・



あらすじはこんな所。
まずは出現キャラクターの確認。
茨華仙。
茨歌仙の主人公とちゃんといえる存在感に。
当然の如く全話登場。
地滑りによって川が流れないのは大変とは思っている。基本的には人間の味方のようだが・・・

博麗霊夢。
東方project全体の主人公。情報は集めるのではなく聞く側。
全話登場。
貧乏神社云々の話は長くなるので考察のところで。
結構皮肉は言うタイプ。まあSTGでもいつも言うけど。というか基本東方の会話は皮肉とかブラックジョーク多いから。

霧雨魔理沙。
東方project全体の副主人公。ケープにいつもの魔女帽子っぽいフードがついたのを着てる。
全話登場。
ちょくちょく服装が変わるよね。服とかあまり詳しくないから困る。
地滑りの原因やら河童ダム建設やら重要な情報を伝えに来る役割。
華仙が知っても一人で突っ走るだろうしね。霊夢は何もなかったら神社で茶飲んでるだけだし。
Febri118ページの2コマ目の顔が好き。

八坂神奈子。
風神録のラスボスで、守矢神社の神様。
2話にも登場してるから2回登場。
最近色々やっているようだ。信仰心を獲得するため東奔西走。
今回はダム計画。山の麓に人工のダム湖を作りそこを拠点とするため。
ダムは観光地にもなるし、治水、水源確保、水力発電にも使える。
信仰心の元に使うには最適という事か。

河童。
にとりとか2話に登場した黒髪のとか眼鏡っ子とか、新しいのも。
にとりはモブだが全話登場。何故だ。
華仙は山の仙人(であり鬼?)だから山に関連したのがたくさん出るって事かな。天狗はあまり見ないけれども。
河童は人間に身近な妖怪だから?技術とかそういう話には飛びつくだろうし。
うーむ。その辺が東方茨歌仙のテーマなのかな。

東風谷早苗。
守矢神社の手先。
2話でも登場して2回登場。
ダムが必要な理由を神奈子が言った理由を繰り返しているあたり「皮相浅薄な人間」ということか。
まあ確かにたいして何も考えて無さそう。霊夢も魔理沙もだけども。少女だしね。

洩矢諏訪子。
守矢神社の神様その2。
初登場のはず。
ただのロリではないダークな厄介さが出てる。華仙に話しかけられて「そうだけど仙人風情が何か?」と返す時の顔が素敵。流石祟り神。
冬は山の上の守矢神社は参拝に不便で人が集まらないとか。妖怪がいるからよりもそっちのが重要らしい。まあ参道は許可してるとか?単に山の妖怪が適当だから?
今後ストーリーに関わりそう。
最後のコマとか中々後に引く感じ。何を神奈子に話しているのか・・・



キャラはこんな所か。
じゃあ全体の感想みたいな。あくまで感想。
茨歌仙は妖怪の山中心のエピソードが多い。今後もそうなるだろうか。
三月精が紅妖永三部作作品のキャラ多めなのに対し対にしているのか。

神奈子は表側の仕事をして、諏訪子は裏側の仕事をしているのかな。どうもそんな印象を受ける。

華仙が持ってる神様図鑑。内容はどんなんだろう。求聞史紀みたいな?

・・・そういえば感想書いてるんだった。
全体の感想としては、
諏訪子がダークでカッコよかった。

守矢一派の動きが活発。それがストーリーの基盤となるのか?

博麗神社の信仰関係も話の中心な気がする。

①とあるが②はこの次なのか③はあるのか、期待。

絵は安定してきてるのかな。個性的で好きなんだけど。表情とか。

今後の展開が気になる。




まあ感想はこれでいいとして、細かい所の確認と考察。

まず季節。
第一回は不明だが魔理沙の格好から冬ではない。春か夏か、残暑かそのあたり?
第二回もよくわからないが、まあ夏かな?は魔理沙が夏だと言ってた。
第三回は枯葉舞う秋。
そして第四回、今回は冬である。
まあ発売時期と季節をあわしている感じなのかな?それでも中々長い間である。

タイトル。信仰の人工湖①。
①という事は②もあるだろう。次回に続くのか。
「しんこう」と「じんこう」で掛けてたり?

タイトルの霊夢は手袋をしている。手袋よりもっと暖かい服にしたほうがよさそうなものだが、その辺は巫女としての義務なのだろう。

賽銭箱の陰陽図が第二話のそれとは逆に。普通にミスだろう。

魔理沙はダムについて知っていた。どのくらい外の世界について知っているのか。

鯉の滝登りを阻害とか、幻想郷では普通に鯉も滝登りするらしい。したら龍になるんだよね?霖之助の恐竜の化石のアレはやっぱ妄想だったのか?
霖之助の発言の正否は色々検証せねばなるまい。ボロが出てきたというか・・・

天然のダムの決壊の話から妖怪の山から流れる川の下流に人里があることが読み取れる。幻想郷の地図的位置関係ってどうなってるんだろ。興味深い。
たまに位置の話は出てくるが断片的で・・・
色々情報をまとめる必要があるかもね。

里が無事ですまないことになると霊夢や魔理沙も困るらしい。
生活の基盤はある程度人里に依存しているということか?
というか人里がなくなったら困るのは当たり前といえばそうだが。

神奈子の手先となって方々で活動する早苗。
半人半神で、半人半霊の妖夢と同様半人前で「皮相浅薄」という事か。

鯉の滝登りって魚の遡上と同一視していいんだ。スロープとかで何とかなるものらしい。

「核融合炉を計画している」らしいが、実際に電気はもう作っているのだろうか。造っているとしたらどこまで電化しているのか。守矢神社には電気は通っているのか。現代技術を持って信仰を集めようというのが多少矛盾している感じだが。
非想天則の間欠泉地下センターとか核融合炉は誰が作ったのか。河童に長期かつ大規模の工事は得意ではないはずだが・・・神奈子諏訪子だけでおおまかに造ったのかも。第二話にナズーリンでてるし時系列的にも非想天則の後だしねえ。

幻想郷は水害も少ないし水は豊富。恵まれている。流石楽園。

早苗が持ってきた河童ダムグッズ。
河童ダムのマスコットキャラクター(名称募集中)のぬいぐるみ、ペナント、提灯、ストラップ、地酒。
マスコットは何の変哲もない河童に見える。ダムの要素はない。
というか名称は河童ダムで決定らしい。
提灯に幻想郷名所とあるが、幻想郷のみが住む世界である人々に幻想郷名所もないような。
ストラップって、えっと何に付けるの?そういうのが受け入れられる土壌がないよね?携帯電話とかないし・・・(はたての持ってるアレは知らんが)
地酒の名前は河童の里。河童も酒、造ってるのかな。
他にも星型の何かがあるが・・・

ダムは観光資源にもなるって、まあ幻想郷には珍しい物だが、またマイナーな・・・

諏訪子は河童の様子を見に来ていたのか?
しかし中々の祟り神っぷり。仙人風情と来た。
表情も一々きてるし、華仙の言葉に対する返答も素直じゃない。

守矢一派は拠点に湖が必要らしい。そういうものなのかな?
というかダム湖でいいのか。

河童は協調性がない。でもカメラみたいな精密機械は上手い。
ダブルスポイラーによると、土蜘蛛が建築が得意らしいが、河童には嫌われている。「鬼の道具」らしいが・・・
緋想天で萃香が博麗神社建て直してたし(そうだったよね)、その辺りにも絡むか。

諏訪子はダム計画を中止にするしかないといったが、本当にそうなるのか。最後のコマが不穏だが・・・


そして今回の争点。
グッズを便乗して売りさばく予定の巫女。
霊夢「これで貧乏神社からおさらばねー!」

さてさて。貧乏神社。
神社が貧乏、参拝客がいないという話は実は初期からある。実はというほどではないが妖怪神社だし。

霖之助によるとお金に興味がないとか物の価値がわかってないとか散々言われてるが、支払いをツケにしたり、奪った本で服の修理させようとしたりとかあの辺の場面は単純に商交渉の一環とも思える。単純にお金がないからケチという。

賽銭が入る事で信仰を集めるとかそういう解釈もあるが、三話では金鉱床でなんとかしようとしてたり、今回はグッズ販売でどうにかしようとしている。
つまりなんでもいいから金は欲しいらしい。
なるほど妖怪退治はするが、他に金銭収入が入りそうな事はしていない。賽銭はないし。
幻想郷は自然も豊かで、霊夢は食には困っていないようだが現金は持っていないのかも。

「現金で出来る事」に対して霊夢が自覚的になってきたという事かも。神社の修理とか増築とか。第三話でそんな感じのことを漏らしている。
守矢神社に命蓮寺と宗教系一派が増えたことで博麗神社の信仰について危機を覚えてきたとか。
それを解決するためにお金で解決できたらいいよねという。

というかそもそも霖之助の評が間違っていたという印象が強い。次々ボロが出始めてる感じ。
普通にお金はあったほうがいいと霊夢は思ってるというか。
でも現金収入源は少ない。里の人間などによる妖怪退治の依頼ぐらいか?それすら今一どんな現状か曖昧だが。
紅魔郷とか妖々夢とか永夜抄とかの異変は世間的に霊夢が解決した事にはなってないみたいだし、誰からも報酬を受け取っていないのだろう。風神録以降は異変でもなんでもないし。
お酒は勝手に置かれてるらしいが。

魔理沙にそういう発言が少ないのは必要な物は泥棒してるからか。努力家だし。一応店やってるみたいなアレだし。霧雨魔法店は機能してるのかわからんが。最悪キノコ食えばいいし。
博麗神社ではしょっちゅう宴会やってるし、幻想郷の生活では食うに困る事はないのかも。
そういえばいつかのQ&Aによると自給自足で自炊らしい。霊夢や魔理沙ぐらいの力があればどうとでもなるのかも。でもお金はない。
お金の力は偉大だね。みんなも欲しいよね。

まとめると、霊夢は人並みかそれ以上にお金は好き。食うに困っていないが収入源は乏しい。現金はあまり無いのだろう。
その使用用途が議論の的となってくるか。香霖堂ではほとんど金を払ってないみたいだし。そもそも人里で何が売っているのか。物々交換とかあるのかな?
博麗神社の改築?式年遷宮は緋想天でやったしなあ。
霊夢は神社の信仰獲得に対しそれなりに考えてる節がある。
信仰ゲットの作戦をするにも先立つ物がなくてはということか。
そういう発想は若干霊夢っぽいかも。努力して信仰を増やすというよりも楽して一発逆転という辺り。
あるいは単純に生活レベルを上げるためにお金が欲しいのかも。





放って置くと山の信仰に飲み込まれる。
つまりそこがストーリーの焦点となるのか。
信仰は新三部作のキーワード。この作品はその総まとめとなるのか。
華仙の正体、山の神一派の動向、博麗神社の信仰、河童の今後、幻想郷の変遷・・・
今後の東方茨歌仙の展開に注目である。


投票受付まであと19日となった第8回東方シリーズ人気投票への影響も無視できないだろう。
今月のコンプエースは東方三月精は載ってないが、新三月精2巻の発売日は3/26となったとか。
新曲入り音楽CDも単行本についてくるらしい。期待。
話によると例大祭で新作(の体験版?)が出るとか・・・
東方界隈が更に活気を帯び始めた。東方は活気にむらがあって突然勢い良く飛び出る印象。
今後も東方界隈の動きを注視していきたい。


1/30追記
タイトルの信仰の人工湖①の①って誤植だったらしいね。
続くと見せかけて次号に続かないという罠。
ということは最後のコマは意味無いのか?
それと、華仙が人形供養云々言ってるのも続かないのか?
なにかしら次号以降に続く要素はあるような気もするが・・・
スポンサーサイト

テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2011/01/26(水) 00:34:26|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<雑誌の発売日を割と忘れるのを気に病む第十三回動画紹介回 | ホーム | セカカンで紹介されたのとかの第12回動画紹介回>>

コメント

No title

香霖堂によると魔理沙は鉄くずを霖之助に売って金を稼いでるらしいですね。(霖之助がそんなに金を持ってるとは思えませんけど)
知ってたらすみません。
あと細かいですけど、「守屋神社」は「守矢神社」です。

魔理沙がどれくらい泥棒してるのかもよく分かりませんよね。
図書館は確実に、でもアリスの物を盗んだことはないらしいですし。
地霊殿Exで神社で泥棒しようともしてましたけど。
  1. 2011/01/26(水) 04:17:50 |
  2. URL |
  3. #IaRAWSpA
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 香霖堂によると魔理沙は鉄くずを霖之助に売って金を稼いでるらしいですね。(霖之助がそんなに金を持ってるとは思えませんけど)
> 知ってたらすみません。
> あと細かいですけど、「守屋神社」は「守矢神社」です。
>
> 魔理沙がどれくらい泥棒してるのかもよく分かりませんよね。
> 図書館は確実に、でもアリスの物を盗んだことはないらしいですし。
> 地霊殿Exで神社で泥棒しようともしてましたけど。


守矢神社に修正しました。こういう細かい点は本当に間違えやすいので指摘は嬉しいです。まあ間違った事の悔しさもあるのでトントンですけど。

ちょっと香霖堂読み返しましたが、確かにそうとも取れる描写もありますね。
「蒐集癖のある魔理沙が集めるゴミを"不当に安い条件"で~」云々でしょうか?
場合によっては現金に化ける事もありそうですね。

魔理沙が何を盗んでいるのか、結構面白い問題かもしれません。
魔道書の類はしっかり図書館から盗んでるらしいし、香霖堂ではただでコンピューターを持っていったり・・・
生活雑貨とか食料の、生活に密接して関係するものについてのそういう描写は今一よくわかりませんね。あるいは見落としてるだけかもしれませんが。
死ぬまで借りるとか何とか行ってたし、妖怪とか神様からしか盗まないのかも。一種の義賊的な・・・違うか。
  1. 2011/01/26(水) 12:58:10 |
  2. URL |
  3. たていと1 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/396-975f3314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)