ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

東方project:タイトル考 タイトル名に使われる漢字と曲名の被り

東方紅魔郷、東方妖々夢、東方永夜抄、風神録、地霊殿、星蓮船・・・・・・
東方のタイトル名は基本的に東方○○○と三文字の漢字で成り立っている。
そして三文字の漢字はそのストーリーを表すと共にラスボスとその従者に同じ漢字があったりするのは周知の事実である。
紅魔郷はまあ微妙だが、妖々夢は妖夢と幽々子のノマ点、永夜抄は永琳の永の字と輝夜の夜の字、萃夢想は萃香の萃の字、花映塚は映姫の映に小野塚小町の塚・・・という風に関連付けている。
名前が先かタイトルが先かは知らないが面白い傾向である。

そして、よく調べてみると、その作品に収録されているBGMにも作品ごとの漢字が多く使われる傾向がある。
タイトルはテーマで、テーマに沿った曲作りをしているからといったところだろうか。

とりあえずWIN版本編、紅魔郷・妖々夢・永夜抄・風神録・地霊殿・星蓮船のタイトル名と曲の被りをリストアップしてみる。

東方紅魔郷
タイトル曲 赤よりい夢
一面道中曲 ほおずきみたいにい魂
一面ボス曲 妖夜行
四面道中曲 ヴワル法図書館
EX道中曲 法少女達の百年祭 
エンディング曲 より儚い永遠 
スタッフロール曲 楼 ~ Eastern Dream...

紅い魔、ようするに吸血鬼のお話。敵本拠地の名前は紅魔館。
吸血鬼は西洋のモンスター。「魔法」と書くと西洋のそれを思い起こさせる。
紅、赤はあまりに象徴的な色。色の中でも知名度はNo.1らしい。知名度というと齟齬が生じるが、とにかく人間にとって重要な色らしい。というわけで、赤は様々な意味を持つわけだが、曲の中でも様々な意味で使っている。意図して使っていると見てよいだろう。


東方妖々夢
タイトル曲 妖々夢 ~ Snow or Cherry Petal
五面道中曲 東方妖々夢 ~ Ancient Temple
EX道中曲 妖々跋扈
Phantasm道中曲 妖々跋扈 ~ Who done it!
エンディング曲 春風の

妖しい妖しい夢。紅魔郷が西洋物であるのに対し、日本的妖怪が前面に出てくる妖々夢。
「妖々」はそれの強調?いきなり冥界に行く辺りが夢物語っぽい?
イマイチよくわからないタイトルのテーマだが、それ故何かありそう。


東方永夜抄
タイトル曲 永夜抄 ~ Eastern Night.
一面道中曲 幻視の ~ Ghostly Eyes
二面道中曲 雀の歌声 ~ Night Bird
四面道中曲 永夜の報い ~ Imperishable Night.

永夜抄は偽の満月に対し主人公組が永夜の術を使い夜を長引かせてどうにかする話である。
というわけで夜が舞台。だが永遠亭に入ると夜とかそういう話でもなくなる。曲も4面までである。
夜空があってこそ夜というイメージがあるということか?


東方風神録
タイトル曲 封印されし
一面道中曲 人恋し様 ~ Romantic Fall
二面道中曲 厄様の通り道 ~ Dark Road
三面道中曲 々が恋した幻想郷 
五面道中曲 少女が見た日本の原
六面ボス曲 さびた古戦場 ~ Suwa Foughten Field
エンディング曲 麓の
スタッフロール曲 は恵みの雨を降らす ~ Sylphid Dream

「神」の字が非常に多いことが見て取れる。風神録は妖怪の山が舞台だが、相手取ってるのは神様相手、信仰がテーマなのだ。
そしてここまでの傾向から、タイトルの漢字はボスのテーマの感じになる事は少ないのがわかるが、神奈子のテーマは一文字目に「神」とある。
思うに、ボス曲はそのキャラクターを表す曲で、名前もそうなっているが、道中、タイトル、エンディング、スタッフロールは作品のテーマを表す事が出来るからではないか?
そして神奈子はまさにテーマに沿った、タイトルそのままのボスである。
であるが故の一致であろう。
風神録は結構多い。新三部作の一つ目で曲名も練られていたという事か?


東方地霊殿
タイトル曲 地霊達の起床
六面ボス曲 知の太陽信仰 ~ Nuclear Fusion
エンディング曲 地霊達の帰宅

地下深くの幽霊っぽいのが一杯いる建物、地霊殿。怨霊だけど。
地霊は怨霊の言い換え?でもなさそうだけど。タイトル画面の顔がある霊は地霊?
地霊が起床して出社して帰宅する。
6ボス曲にタイトルと同じ文字が入ってるのは風神録に習って?曲も似てるって言うし。
だが全体的に少ない。


東方星蓮船
四面道中曲 幽霊客の時空を越えた旅

これだけ。
星蓮船(聖輦船)は3,4面の舞台。星蓮船に乗せられて魔界に向かう。出てくるキャラの本拠地だが、物語的には進むにつれて重要度は薄まる。聖輦船は命蓮寺に姿を変える。
星蓮船は仏教要素が強い。諸行無常という事か。タイトルの漢字が使われる傾向も地霊殿、星蓮船と減って、意味の無い物となっていく・・・深読みのしすぎか。
星蓮船はそのボスたちの本拠地ではある。タイトルは実際の物語のテーマというよりも、出てくるキャラたちの総合的な印象という所なのか。

つまり東方のストーリーとキャラクターは切っても切れないという事か。キャラクターありき、そういう風に出来ている



タイトルには意味がある。
その作品の重要な所が記される。
記す物は、最初のころはストーリーだったが、次第にキャラの集合を表すようになってきた。

洗練されてきたと言って言えなくは無い。
東方projectの最も重要な財産はキャラである、と考えても面白い。
スポンサーサイト



テーマ:東方 - ジャンル:サブカル

  1. 2010/12/29(水) 00:01:11|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<年末的動画紹介回 | ホーム | 恒例となりつつある動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/366-78f960d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)