ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

フリーセル 「クリア不可能」番号11982

フリーセル11982

フリーセル、トランプの一人遊びゲームである。
古くからWindowsに内蔵されているゲームの一つで、擬似乱数によってゲームの最初の配置が決められる。
ルールは大雑把に言うと振り分けられたカードをAからの数字の小さい順に同じスートで分けて置いていくという感じだ。
画像が切れてるが8列である。
暇つぶしのゲームとしては非常に良く出来ている。

WindowsXP以前までは擬似乱数を発生させる番号は32000までだった。
1からやっている人も中にはいる。
全てのゲームで証明されていないがクリアできる可能性があるとヘルプにはあった・・・

だがその中にクリア不可能な番号があった。
「11892」。クリア不可能な事が証明されている。まあ私にはイマイチよくわからないが妥当な結論のようだ。

見ればわかるが、Aや2が一番奥にあったりして見るからに難しそうではある。


この番号はある種伝説的になり、グーグルでただ「11982」と検索してもフリーセルの11982の話が検索の上位に来る。11982という数字の中で最も有名という事だ。意味があるのかは微妙だが。


まあXP以降では選べる番号は1000000まで増え、クリア不可能番号も#11982, #146692, #186216, #455889, #495505, #512118, #517776, #781948と8つに増えた。
だがこれだけ若い番号にあったことや、それまでの唯一性から11982は解なしの代表的数字といっていいだろう。


「クリアできるはず」なのにクリアできない。例外的数字。なんでもない数字。
それが明確な番号を持つ辺り、コンピューター的と感じる。





11982、これらの事実からこの番号は意味を持った。万を超える数字の一つが何かしらの意味を持つ事は珍しいのかも。

グラハム数はアレだけど。
スポンサーサイト



テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2010/12/21(火) 07:34:30|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<動画紹介 きかんしゃゲーチス | ホーム | ニコ動、動画アワード週の動画紹介回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/357-b5f3779f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)