ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「レガシーシステム」「レガシーデバイス」

レガシーシステム - Wikipedia
レガシーデバイス - Wikipedia


レガシー、legacyとは遺産の意味。ではレガシーシステムとは?

引用
レガシーシステムとは、主にコンピュータの分野で、代替すべき新しい技術などのために古くなったコンピュータのシステムや技術などのことである。


つまり、古くなって取り替えたいコンピューター関連の何かを当て擦って「遺産」と称している訳である。

例えばレガシーOSで言うと、昔のOS、MS-DOSだとかWindowsの95だとか、というか7でさえもうサポート期間は終わっている。
しかし新しいOSだと動かないアプリがあるとかで取り換えができないものも多い。ほかの会社のOSでもそんなのは結構ある。PC-98を未だに使ってるとこもあるとか。
そのまま使い続けるのも問題は多いが、取り替えるのも色々コストがかかるという面倒な状況は多い。


レガシーデバイスとはレガシーシステムになったデバイス、つまりハードウェア、周辺機器のことを指す。

わかりやすいもので言えばフロッピーディスクなどがあるか。正方形のカード状の磁気ディスク記憶装置で、ハードディスクと違いリムーバブルなのが特徴である。Windowsではよくシステムが入ったドライブをCドライブ、それ以外のをDドライブにデフォルトになってたりする(USBメモリとか入れるとEとか付いてたりするよね)が、何故CからになってるかというとAとBはフロッピーディスク用であるからだ。
フロッピーディスクのアイコンは様々なアプリで保存の意味を持つがこれもコンピューターの歴史がそうさせるものである。

今ではUSBメモリやCDなどの光ディスクに押されて見る影もないが、レガシーデバイスとして2019年までアメリカの核兵器の運用部門に使われていたりと今でも見かける機会はある。

というか、CD、DVD、BDとかの光ディスクも最近見なくなったというか、パソコンに光ディスクドライブついてなかったりするよね。そのうちあの辺もレガシーデバイスになってしまうのか?そうなるとソフトウェアはもっぱらウェブ配信か。まあスマホはそんな感じだしなあ。

もっと昔のレガシーデバイスで言えばパンチカードなんかもあるか。昔のSFではたまに出てくる奴。なんでも目視で読める技術者なんかもいたそうで。

磁気テープ、カセットテープやVHSの類はレガシーデバイスに思えるが、今でもサーバーのバックアップとかに何十TBとか保存できる奴が売られているとか。遅いが安いのが魅力。参考

レガシーインターフェース、昔はマウス用のポートとかキーボード用のとかプリンター用のとかゴチャゴチャわけのわからん規格が大量にあったが最近はUSBの類でかなり落ち着いてきたように思える。
まあ一部のゲーマーはNキーロールオーバーの関係上わざわざPS/2インタフェースの奴を使ったりする奴もいる。



まあ色々統一されたり進歩したりするのもいい。
だがレガシーデバイスの類をゴチャゴチャ全部使える穴があるようなパソコンもそれはそれで魅力というか、いいよね。使うかどうかは知らないが安心するというか?変換機買えばいいような気もするが。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2020/06/01(月) 00:28:13|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<恵まれない吸血鬼のために。2020年第19回動画紹介・2020年度週刊少年ジャンプ26号感想 | ホーム | 世界のビデオゲーム殿堂を見て考える>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2974-a6093e6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)