ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「トリストラム・シャンディ」

トリストラム・シャンディ - Wikipedia


トリストラム・シャンディ、原題「The Life and Opinions of Tristram Shandy, Gentleman」は18世紀半ばにイギリスで出版された小説である。全9巻。

18世紀はヨーロッパにおける近代小説の勃興期に当たるらしい。
しかしてそのころの作品であるのにも拘らずこの作品ほどに無茶苦茶をしている作品も無い。

引用
一見、内容は荒唐無稽、奇抜そのものであり、例えば一貫したストーリーは欠如していて、牧師の死を悼む真っ黒に塗り潰されたページ、読者の想像のままに描いてほしいと用意された白紙のページ、タイトルだけが記された章、自分の思考を表す marble pages と呼ばれる墨流し絵のようなページ等、読者をからかうがごとき意匠に満ちている。アスタリスクやダッシュの多用、さらに、この作品の話の進行状況を曲線で表す等、まさしく奇抜な形態をほしいままにしている。

前衛芸術かな?
タイトルだけが記された章というのは源氏物語の雲隠を想起させるがアレもまた中々ではある。

一応、ドン・キホーテなどの作品から影響を受けての発展であり、全ての掟を破ることでルールの存在を示すという典型的小説だという批評もあれど、ともかくこの時期において小説の一種の極限に達したのは間違いあるまい。


内容は主人公トリストラム・シャンディの自伝ということになっているが、完璧な自伝を書こうとするあまりまず精子の段階から書こうとする辺り話がこじれていく。
全9巻のうち3巻までを誕生日までに充て、その後は成長を見守る父(完璧な育児計画を持つ)ウォルターとその弟のトウビー(完璧主義の包囲戦マニア)の話にシフトしていく。
その後、自伝を書く現代のトリストラム=作者の話になっていき、作者の死によって物語は未完に終わる。


話の筋から狂っており表現方法も狂っている。しかして典型的な小説でありうる。
別に技法とかなんだとかそういうものは便宜のためであって何も必須のものではないという事をこの小説は指し示している。
たまに最近のライトノベルの類で無茶苦茶な表現を用いたものが取り上げられるが、別に何を書いたっていいんだということをこの18世紀の小説は雄弁に語っている。
これもまた一つの奇書であり、小説の礎を作る巨人の一人であるのだ。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2020/04/02(木) 06:13:22|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<極彩色の野山。2020年第13回動画紹介・2020年度週刊少年ジャンプ19号感想 | ホーム | 香り付きの神々。2020年第12回動画紹介・2020年度週刊少年ジャンプ18号感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2947-9b3db3de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)