ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「ポーカー」

ポーカー - Wikipedia


トランプを使ったゲームは数え切れないほどあるがやはりその中でも王様といえるのはポーカーか。
日本では大富豪とかも人気なんだけどね。カジノではバカラの類の方がよくみかけるのかな?
ポーカーは運の要素と実力の要素、心理戦の要素がうまい具合に絡み合っており競技としてもギャンブルとしても良く執り行われる。そういうゲームで言えばやはり麻雀と近い立ち位置にあるのか。


で、ポーカーと一言でいってもその中で何個も種類がある。
日本で一般的なクローズド・ポーカー、全てのカードが伏せられて配られるそれは古典的だが例えばラスベガスのカジノでそれをやっているところを探すのは難しいだろう。
表向きのカードを何枚か配られるスタッド・ポーカーの類はもう少し新しいがこれもほぼほぼ見られない。
現在主流なのはテキサス・ホールデムに代表される表向きの共有カードを使うフロップ・ポーカーの類である。

この三種類に概ね分けられる(インディアン・ポーカーなど例外は多い)がその中でもまた種類は多いしワイルド・カードを使うか、どのくらい使うかとかでまた分けられる。

フロップ・ポーカーだけでも有名なので
テキサス・ホールデム
オマハ・ホールデム
パイナップル
クレージー・パイナップル
ウォーターメロン
レットイットライド
などがある。

他にも中国のタイルゲーム牌九の二つの手を作るあたりから作られたパイゴウ・ポーカーなどポーカーハンドを使ったトランプゲームはまだまだある。
とてもじゃないが覚えきれないが、だからこそ学ぶ楽しさもあるということか。


IR法案で日本にもカジノが出来るという話である。
まあIR、統合型リゾートはカジノを含む、カジノを中心軸にするというだけで必ずしもカジノにだけ着目するのは正しい見方ではないとは思うがやはりカジノという文化には興味もわく。
カジノで扱われるゲームはトランプ系だけではなくダイスゲームもあるしルーレットやスロットの類やら色々ある。そうした百花繚乱の感もカジノの魅力であり、ギャンブルの楽しさの他にそういった好奇心を惹く面白さもあるのだろう。

個人的にはもっと色々あってもいいと思うけどね。ギャンブルゲームは世界に様々ある。きちんと管理すれば文化として受容させることも可能であろう。もっとも、反対派はその管理能力に疑念を抱いているのだろうが。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2020/03/06(金) 04:27:08|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インターネット探訪「DICE COLLECTION」 | ホーム | 寿司は異常と親和性が高い。2020年第8回動画紹介・2020年度週刊少年ジャンプ14号感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2934-806f40aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)