ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

カードラゴニュートとかいう



カードラゴニュート。上のツイッターリンクの同人誌では、
まずドラゴンと人間が交わりドラゴニュート、半人半竜の竜人が産まれる。
で、ドラゴニュートが車とドラゴンカーセックスを執り行った際に出来た子供がカードラゴニュート、ということになるらしい。

中々にイカレているといえよう。
そらまあドラゴニュートぐらい種族多めのファンタジー世界ならざらにいるよ?
ドラゴンカーセックスもさ、まあそれをオカズにしている人自体は未だ希少にしてもそのインパクトから話としては知名度が高いよね。いや狂ってはいるんだけどね。
その延長線上にあるといえばあるんだけどさ、いやなに無機物と子供が出来ちゃってるのさ。しかもドラゴニュート経由してるからって少女にしちゃってさ。

竜と人間が1/4ずつ、車が1/2の生命体。車って生命か?
作者の天才性が冴え渡っていると言わざるを得ない。


とはいえ複雑なハイブリットというのはファンタジー設定において考慮せざるを得ないところ。

ハーフエルフというのはまあトールキンの指輪物語の時代からいる訳だけど、じゃあクォーターエルフもいるよねとかややこしいことを言い出す人は後を絶たない。そういう事を言いだすとややこしくなるから各創作者は色々設定をどうこうして話をまとめる。人間とエルフの比率が1:7だろうが57:7だろうが混じり物はハーフエルフとして呼ぶとか、ハーフエルフは不妊とする(ラバみたいなもんか)とか色々やりようはある。

他にもエルフとオークの合いの子はどうなるんだとかトレントとフェアリーはどうなんだとか無茶苦茶言い出す奴も多い。
そういう場合一方の種族しか産まれてこないみたいなのがセオリーではある。


とはいえなんでもかんでも混ざったのが出てくるのも面白い世界かも知れない。
そうなるとその世界の遠い未来にはあらゆる種族が混ざったよくわからん完璧種族が跋扈しているということになりそうだが。

現実の人種もこういう風に薄れていくと思いきや案外そうはいかないというか、あくまで現在進行中なのか。グローバリズムとはいうが全て混ぜて個を喪わせることが良いことなのか?まあ人種なんてぐちゃぐちゃあっても殺し合うだけだからまあいいんだがそれぞれ個別に発達した文化はどうなるのやら。

現実で言えばネアンデルタール人とか異人種との交配の話もあるよな。大昔はそういうのやってた形跡がDNAに残っているんだっけ。



現在地球では、ちょっと肌の色の違う人々はいるが基本知的種族は一種類である。多種類の知的種族による交配というのにどのような意味を持たせるのか。これもファンタジー創作者の腕なのやもしれない。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2020/02/26(水) 23:51:19|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Wikipedia探訪「セネト」「タブラ」「すごろく」「バックギャモン」 | ホーム | SCP財団:アタリ・アルカディアとか闇寿司とか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2931-769f98a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)