ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

スマブラSP、ベレトス先生参戦の感想と理由の考察・及びファイターパス2のキャラ予想




巷の噂ではアルルだとかダンテだとかクラッシュじゃないかとか言われていたがまさかのベレトス先生。任天堂キャラの可能性を除外するべきでは無かったなあ。そりゃ全部他社キャラとはだれも言ってない訳で、むしろファイターパス1が発表された時全く情報が無い状態で売っているんだから任天堂キャラ一人もいないでは反発も考えられたわけか?

で、ベレト&ベレス。まあ同一主人公の性別選択なだけだが。FE風花雪月はスゲー面白かったので個人的にはスゲーテンション上がったのだが、実際賛否両論のようだ。まあ何出したところで期待ばっかり高まった今じゃ批判が出ることはやむを得ないが。
客観的に見てこれまでのファイターパスキャラと比べ格落ちの感は否めない。まあスマブラは任天堂のゲームであるし、任天堂の新作販促という面が強いのはあるだろう。
ファイアーエムブレムキャラは売上知名度と比べ多すぎる、という意見もよく聞く。しかしまあほとんどコンパチみたいな連中が大半を占めるし、リアル頭身人間キャラはモーションキャプチャーなども使いやすく制作コストの面から考えると安く作れるというのもあるのだろう。単純に数が多いからその分不当に優遇されているというのはやや表面的な意見と言わざるを得ない。
それに、ファイアーエムブレムはキャラゲーである。キャラクターで売っている要素が強い。であるからして新作の主人公をスマブラプレイアブルで、というやり方は効果的である。そして登場させれる候補も多い。
その他戦うキャラであり作りやすいというのもあり、単純にそれぞれ時期が良いという事も重なりFEキャラの多さに繋がったと考えられる。流石にファイターパス2でまたFEということはなかろう。
後、半分コーエーテクモ枠ということもあったのか?

ファイターとしては間合いの広い技が多いが隙が大きくスピードも遅い。復帰も弱そう。弓は結構不当に強そうなあたりは原作再現感もある。
初心者には使いやすそうだが極めると難しそう?ともかく結構楽しそうなものである。
アイムールのロマン技感好き。原作だと専用戦技がヤバすぎたな。原作じゃフェイルノートも弓だから結構強くて、槍は強いは強いがディミトリが単純にゴリ強いから手槍で良い説があって、天帝の剣はまあ普通の剣よりは強いけどサンダーソード+のが強いよなって感じの残念さがあるよな。風花雪月、二周目黄色ルート途中で止まってるけどまた進めようかな~。DLCのもよくわからんが面白そうだし。



で、ファイターパス2の予想に入りたいが、その前にファイターパス1の予想の答え合わせでもしようか。
スマブラSP、DLCで追加されるファイターをもうちょっと真面目に考えてみる
全員外れ。散々な結果であるがまあ候補となり得るキャラが多すぎる故仕方がない。他社キャラ大目というのはあってたが。
切り替えて次につなげていきたい。



んでファイターパス2の予想。
まさかの6枠。中々に多いと言えば多い。しかし参戦候補の数からいえばあまりにも少ないと言えばそうである。
ファイターパスvol.2と銘打っている。実際ファイターパス1と同様ステージ音楽付きであるらしい。ということは参戦ファイターの基準もファイターパス1と同様の形になると考えて良いだろうか。
そうなるとまずファイターパス1にどういう風にキャラが出たかを考えなければならない。

ファイターパス1で出たキャラはペルソナのジョーカー、ドラクエの勇者、バンジョー&カズーイ、餓狼伝説からテリー、FEからベレトス。
全員主人公格である。そしてそれぞれ結構シリーズが出ている作品からの参戦。他社4任天堂1という比率。バンカズ以外は「未だ生きている」、作品が作り続けられているシリーズ。ドラクエ以外は海外人気も強い。
まあこんなところだろうか。そういったところを任天堂が重視しているというのがわかる。

他にも条件は色々考えられる。
桜井さんが言っていたこととして前提としてゲームマター、つまりゲームを初出とするキャラであるということ。ドラゴンボールの悟空やディズニーのミッキーはゲームの主人公となることも多いが参戦は厳しいという事である。

これまでにスマブラSPでアシストフィギュア、スピリッツ、Miiコス、背景などに出たキャラは参戦していない。
しかしその辺の前提を崩すか否かは結局任天堂次第ではあるが。

ファイターパス2の6体は2021年年末までに配信される。スイッチのゲームハード周期的寿命を考えると(PS5の発売予定いつだっけ?XBOXの次のは?)少なくとも同規模のファイターパス3は難しかろう。そろそろ次のハード次のスマブラについて考え制作しなければならない時期だ。あってダッシュキャラが一体とかだろうか?
2020年に3体、2021年に3体?もうすでにキャラは決まっているそうだがひょっとするとE3かニンダイあたりで発表される任天堂新作から、というのもありうるかもしれん。

他社キャラならば新作キャラの販促というよりも、ゲームの知名度や歴史、売上がより重視されるだろう。ドラクエに関しては海外への販促の意図もあったのかもしれないが。
逆に任天堂キャラならレトロよりも販促よりの新作側だろうか?リングフィットは難しそうだしアームズはアシストに出したしなぁ。

他社ならば他社それぞれの枠というのもあろう。スクエニなんかもクラウドに勇者と来てるから三人目は厳しいか?

ベレトス先生、ファイアーエムブレムの例でもわかる通り売り上げに比例してキャラが増えるという関係ではない。
ポケモンは実際売れまくっておりキャラもたくさんいるがそれでもあの程度である。マリオについてもこれ以上スマブラに参戦させられるキャラはプレイアビリティを考えると決して多くはない。
カービィもバンダナワドルディが騒がれるがこれはカービィであと一人出せるならばこの程度しかいないという現れともいえる。

ベレトス先生の遊び方で桜井さんが言ってたが新しい遊びを提供するものであるべきだというのもある。まあそれは実装の問題ではあるが。
実際、プレイアブルキャラにして面白いかどうかというのは我々が初め予想していたよりも重要視されているような感がある。

版権問題。任天堂は、あるいは努力してそれを乗り越えようともするが難しいものもあろう。

男女比などポリティカルコレクト的問題には任天堂はそれほど敏感ではない。一応ファイターパス1でも全員男とかそういう結末は避けられているがそれはそういう事を意識したとかではなく偶然であろう。一応不知火舞みたく規制に引っかかるようなのはダメとして。

インディーゲームはサンズやカップヘッド、あるいはアシストフィギュアのショベルナイトの例もわかる通りリスペクトされている。しかしその程度ともいえる。
音楽付きMiiコスはまたあるかもしれない(洞窟物語とか?)があくまで他のコンシュマーキャラと同じ土俵で戦って勝てるそれじゃないとダメか?
インディーゲームはシリーズ少ないからなあ。


まー、こんなところであろうか。まだまだ要素はあろうがともかくこの辺りを念頭において有力候補をいくらか挙げていこうと思う。

ダンテ
デビルメイクライシリーズの主人公。シリーズは今も一流現役。
カプコン枠ということになりややきついところもある。1のプロデューサー関係でベヨネッタ側から一方的に設定が同一なところがあるんだっけ。戦い方も若干似ている訳だが吉と出るか凶と出るか。

アルル
魔導物語・ぷよぷよシリーズの主人公。ぷよぷよシリーズはeSportsの波に乗ろうとしている。海外知名度は高いとは言えない。
版権問題がありぷよぷよはセガ、魔導物語は今D2エンタープライズが持ってるんだっけ?ぷよぷよに出るキャラはセガが持っているとかいうメンドクサイ分かち方。
キャラクターとして凄い人気があるのは間違いないし最悪ぷよぷよ側だけでも問題は無いんだが。

クラッシュ
クラッシュバンディクーシリーズの主人公。
今版権持ってるのはアクティビジョンブリザードだっけ?ちょっと版権ややこしいよな。リメイクを中心にシリーズは復調気味で、1~3まで詰め込んだ奴は結構売れたんだっけ?
元々PSの看板ソフトだった訳だが今じゃスイッチでも平気で出ている。インパクトは大きいだろう。

ポケモン・ガラル御三家
ポケモン第八世代、ソードシールドの最初の三匹。主人公格か、といわれるとやや微妙感もある。
任天堂枠ということになろう。ポケモンはいつもめちゃクソ売れる。とはいえ誰を出すかね。草ポケ少ないしゴリランダー?ゴリラはもうドンキーいるしな。炎最終進化またというのも芸がないし水もゲッコウガいるしなぁ。

ペーパーマリオ
マリオのバリエーションということになるが新作が出るなら?一応主人公。
ペーパーマリオも結構売れてるよね。

ソラ
キングダムハーツシリーズの主人公。
スクエニ枠も厳しいんだよな。そしてディズニーキャラと切り離されたソラにどれほどの価値を見出せるか。

スティーブ
マインクラフトの主人公ということになる。
マインクラフトの売り上げは驚異的という言葉では全く足りないほどである。
スマブラキャラとしてもまあ新しい遊びを提供できるような風にもできよう。
問題は、キャラクターとしてスティーブが愛されているかというとやや微妙か。
マイクロソフト枠。競合他社だがバンカズは貸してくれた。カップヘッドのMiiコスも。しかし二人目はどうか?

テトリスブロック
テトリスシリーズの売り上げはやはり驚異的以上。
しかし問題は、キャラクターがほぼほぼいないという事である。セガがちょっと人間キャラ作ったりもしてたが……
一応企業枠としてはテトリスカンパニーということになるのか?

ソル・バッドガイ
ギルティギアシリーズの主人公。
格ゲー枠で更に選ぶならこの辺りか?コンボ寄り格ゲーキャラとして新しい遊びをどう構成するか。
アーク枠。アーク枠ならくにおとかもありそうだが。

ジバニャン
妖怪ウォッチの主人公格相棒。
妖怪ウォッチはシリーズとしてやや低調気味というか。全盛期は凄かったが。
レベルファイブ枠。

モンハンの主人公
モンスターハンターは売れまくっている。が、キャラクターとしては自分でキャラクリするタイプなんだよね。
アイルーというマスコットで参戦という方向もあるが。
武器沢山使うみたいなのはベレトス先生がやったしな。

フォートナイト
フォートナイトは最近流行りのバトルロイヤル系ゲームの中でも一歩抜けている。
しかしこれもキャラクリタイプだしなあ。
銃のアレだし規制も怖い。

リュウ・ハヤブサ
忍者龍剣伝シリーズの主人公。シリーズは最近出てないが総出荷は770万本を超えるとか。
レトロ枠としては結構あり得る。コーエーテクモ枠。

クレス・アルベイン
テイルズオブシリーズの初代、テイルズオブファンタジアの主人公。
いい加減シリーズ長いよね。これもメイン作品が17作目か。今でも一流のシリーズ。
あんま知らんがシンフォニアのロイドもある?
バンダイナムコ枠。

KOS-MOS
ゼノサーガの主人公。
これもレトロ枠ということになるか。キャラクターとしてはかなり人気。
バンダイナムコ枠。

マスターチーフ
Haloシリーズの主人公。
マイクロソフトのでXboxでしか出てないからなあ。

ドゥームスレイヤー
Doomシリーズの主人公、と最近リメイクで設定された感じ。
銃のキャラはむずいよな。

アバタール
ウルティマシリーズの主人公。
流石に古すぎるか。UOはまだサービス継続中のはずだが。いま版権はEA?

ダークソウルの主人公
ソウルライクを大量に生み出した功績はあるがキャラクリ系。ソラールと言う手も?
SEKIROの狼とか。

セイバー
Fateのまあ主人公格?Fateも色々あるけども第一作の主人公というか。
FGOがアホほど売上上げているが、よくよく考えるとこいつアーサー王な訳で、ゲームマターではない説あるんだよな。

博麗霊夢
前に考察したな。スマブラSPに博麗霊夢が参戦する可能性を真剣に考える[2019/9/19時点]
実際、希少な「シリーズを通しての主人公」であるしスマブラキャラに落とし込みやすい、神主も上の予想記事より後にインタビューでスマブラに出したいみたいな与太も言ってたしそっちの問題も無い。曲も評価が高いしステージもロケーションに事欠かない。
だがキャラ知名度がどうなんかね。私は結構濃い東方ファンなので客観視できないが。売上でいえばシリーズ総売上なら問題ないだろうがそれはシリーズがやたら出ているからでそれぞれの売り上げは、まあ実際情報少ないからわからんが10万とか20万とか30万とかそんなもんだろうか。
で、版権管理が特殊で二次創作について広範に認めていて、実際の売り上げよりもはるかに知名度はある。二次創作ゲームも結構売れている。ゲーム以外でも結構子供がYoutube見ていたらゆっくり解説から東方知ったみたいなアレも多い。
うーむ。特殊過ぎて難しいんだよな。曲付きMiiコスかも?


まーこんなところか?ウィッチャーは小説原作。
とは言っても他にも候補は山ほどある。
スプラトゥーンのオクタリアン
サクラ大戦の桜
レイマン
ゼノブレイド2のレックス
トラヴィス
シレン
2B
オクトパストラベラーの誰か
成歩堂
オーバーウォッチの誰か
バンダナワドルディ
ビューティフルジョー
セフィロス
アグモン
キノピオ隊長
ジーノ
インベーダー
ゼノブレイドクロスのエルマ
和田どん
FF15のノクト
平八
ピポザル
塊魂の

……
まだまだ挙げられる。
スピリッツなんかに出てるのも合わせればそれこそ予想は出来ないほどいる。

しかしともかくこれらの中から敢えて6体予想するならば、こんなところだろうか。

ダンテ
クラッシュ
アルル
リュウ・ハヤブサ
ソル・バッドガイ
博麗霊夢


任天堂は一枠か二枠、あるいは0枠だろう。今回は上手く嵌るそれが無かったので0枠と予想した。もし一人挙げろというのならばペーパーマリオだが別個の新作という可能性のが高いだろう。
シリーズが半分停止状態なレトロゲーム枠は一二枠までとみた。リュウハヤブサはいい加減出るんじゃあなかろうか。
クラッシュは洋枠として日本でも人気だったし出ない可能性の方が低いとまで見ている。
ダンテは結構妥当な枠だろう。
後はもう当てにならないが、ソルは格ゲー枠としてスマブラにも出しやすいのではなかろうか。
アルルはさて。桜井さんがツイッターで出した画像とかを伏線と見るか。版権問題もまあ桜井さんならうまくやるだろう。
で、霊夢。まあ無さそうな感じは大いにするのだが逆にありそうな感じもする。否定要素で見るよりも肯定要素で見ると強力に見える。他のを挙げるよりかは当たるかもしれないと見た。

とりあえず一人でも多く当たればいいなという予想である。
一人残らず外れるとも思わない。全部任天堂キャラとか主人公じゃなく悪役をチョイスとかそういうパターンできたならダメだが。ファイターパス1と同じ流れならばこの予想こそが正解では?まあ任天堂の考えることはわからんが。
候補は多いとは散々書いたが実際それぞれ問題もある。スマブラもキャラを出し過ぎていい加減出せるキャラも少なくなってきている感もある。

ともかく、ボロボロに外れることを覚悟して予想はしておく。
出たキャラが面白くスマブラできるならそれでいいのだ。とはいえ予想は予想で面白いものだ。予想もまた一つのコンテンツということ。
スポンサーサイト



テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2020/01/18(土) 06:28:44|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明 観てきたので感想 | ホーム | インターネット探訪「腰巻きビル」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2913-3bd84860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)