ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「岡田更生館事件」

岡田更生館事件 - Wikipedia


嫌儲で紹介されてたWikipedia記事だが、こういう話は知らなかったので。
ほーん、戦後間もない混沌とした時期とはいえここまでのことがあったとは。
そしてかなりドラマチックというか、劇的な展開の数々で興味深い。ノンフィクション小説にしてもいい。

ホームレス、まあこの時代だと浮浪者といったところだが、それを収容し働かせるための施設での事件。
まあ、その辺ほっつき歩いてても餓死しかねない、あるいは盗みでも働くしか仕方がない時代かもしれないが、それにしたってこの世の地獄を作ったものである。疥癬が蔓延しギリギリ以下まで切り詰めた食事、収容者から選ばれる看守が収容者を虐待する。脱走すればリンチ。
警察が動かないから記者が潜入取材をする。時代が時代とは言え無茶をするものだ。


衣食足りて礼節を知る、貧すれば鈍する。
貧しい国での悲惨な事件というのは先進国の人間にとってまさに異世界のそれのように非日常的、ありえないものに思えるかもしれないがそれが彼らの現実なのだ。
そして今日先進国内部でも貧富の差はますます広がりつつある。金は金を産み、貧富の差というのは何も手を打たなければ自然と広がり行くものではある。富裕層はより富もうと努力し、あるいは法律や環境を変えてしまう。しかしそれは貧しさが産む悲劇を身近に置くことに他ならないのではなかろうか?
何にせよ貧富の差の広がりは常識の分断に繋がり国家の分裂にも繋がりかねない、そういう話は政治的なので書かないことにしているが筆が滑った。

ともかく、異常な事件というのは個人が異常だからというよりも環境がそれを促している場合も多い。責任を誰がとるというのは別の話だが、環境自体を無視する事は出来ないという話。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/11/15(金) 00:52:11|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<千の呪い、万の怨み。2019年第42回動画紹介回・2019年度週刊少年ジャンプ51号感想 | ホーム | 掃除するために汚す。2019年第41回動画紹介・2019年度週刊少年ジャンプ50号感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2889-63071c01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)