ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「ケイデンス・オブ・ハイラル:クリプト・オブ・ネクロマンサー feat. ゼルダの伝説」クリアしたので感想※ネタバレあり

ケイデンスオブハイラル スパイクチュンソフト公式



ネタバレは気にせず書いていくので注意。


いやいきなりインディーワールドで紹介された時はビビったものだ。E3ダイレクトですぐ配信ってなって即DLしてプレイした。
思った以上にネクロダンサーで思った以上にゼルダであった。非常に楽しく遊べた。

そういえばスパチュンが関わっていることからもわかるとおり(?)、結構本流のローグライクである。
クリア時間は5時間ぐらい?しかし自動生成のおかげで繰り返しプレイが捗るのでコスパが良い。
そう、ゼルダのローグライクというのは初だったよね。ポケモン不思議のダンジョンは結構長期シリーズにもなったが。ゼルダはよくよく考えるとレベル性ではないという点を除けは大体RPG。ローグライク化は必ずしも難しくはない。
ネクロダンサーだから音ゲーでもあるんだが、まあノービートモードもあるので。ビート合ったほうが面白いとは思うが。
自動生成でランダム要素が強いこともあり、フックショットやブーメランと言ったアイテムも手に入る順序はそれぞれのプレイにより異なる。まあダンジョン攻略で必ずしも必須ではないので自由に攻略できる。この辺は最近のゼルダ、神トラ2やBotWに似ているか。

一応、ドットの調子とかからいうと全体的な印象は神トラ系列っぽいのもあるよね。まあ2Dゼルダでトゥーンでもなければ大体そんな感じなのかもだが。
しかしイワロックがいたりとBotWネタも拾っている。ライネルも普通に強い。序盤はハート量の問題もあり結構死ぬだろう。後半もボス戦は結構キツい。
ボスもゴーマラカスとか親父ギャグレベルのアレで笑える。そういえば楽器を集めてラストダンジョンの扉を開くという意味では夢を見る島っぽいよな。ゼルダにおいて楽器は常に重要アイテムではあったが。

ストーリーはプレイ時間に比した内容という具合だが、何と言っても最高だったのがゲルドの里でガノンドロフがオルガンを練習してるシーンだ。
そうそう時オカでも謎にオルガン引いてたもんな。画面に背を向けて弾いてるのでパッと見わからないが髪形や男のゲルド族と言う事から考えてガノンドロフであり、オクターヴォがハイラルを支配している関係上今は雌伏の時だということ。でまあラスボスはガノンな訳だが。ガノンも戦闘中オルガン弾いてるし。
というか真面目に男性のゲルド族の王(でいいんだよな)やってるガノンドロフの姿も初では。

BGMも音ゲーであることからなかなかに最高。
ボスの強力な攻撃に合わせて音が変わったりと中々凝ってる。結構色んなシリーズの曲のアレンジがあるようで。


総じて、ゼルダファンにもネクロダンサーファンにも、そうでなくてもコアなゲーマーなら買いの名作であった。
ステップ数とかクリア時間とか計測されてリーダーボードなんかもあるし、あっさりプレイしたい人もガッツリプレイしたい人も満足できる作品であった。リズムに乗れない人でもノービートモードあるし?死んでも重要アイテムは消えないし。
フォントとかもゼルダしてるしインディーゲームとは思えない完璧な出来であった。

個人的には武器はブロードソード系列が好み。要は妖刀かまいたち。
ホバーブーツは便利なんだが自動発動ですぐ擦り切れるのは何とかならんのかな。
スポンサーサイト



テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2019/06/16(日) 15:01:48|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<気味が悪いほど心地よい風。2019年第22回動画紹介・週刊少年ジャンプ29号感想回 | ホーム | 東方茨歌仙 第五十話(最終話) 有角片腕の仙人 感想・考察・その他確認など>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2824-5bfe4c71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)