ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ニンテンドーダイレクトE3 2019 短い雑感

任天堂E32019公式


ニンテンドーダイレクトほどの集客力のあるコンテンツも珍しい。動画自体が面白い。

しかしゼルダが3作品分あったのが中々である。ネクロダンサーゼルダ買うかなあ。夢島はカービィがどうなってるかだけが気になる。BotW続編はたぶん買う。今回の一番の目玉だったよね?同じエンジンでの新作。まあ一作品だけではもったいないもんな。

スマブラ。DQ勇者とバンジョー&カズーイ。散々予測されてきた中にあったがやはり衝撃。つーかDLCは全部他者キャラ?
DQ勇者は日本向け過ぎないかという話もあったが11Sがそろそろ発売なのと、なんやかんやスクエニの大作RPGとして欧米圏でも浸透してきたというのもあるか。カラー替えで3、4、8の勇者にも。これは嬉しい。まあ勇者がやってること大体似たようなアレだしやりやすいところではあるか。
で、バンカズ。まあ、そこまで人気だっけという感も無くはないが欧米圏では大人気らしい。レア社はマイクロソフトに買収されて版権はそっちに移ったがゆえに参戦は困難という話もあったが、これは任天堂が優秀である以上にマイクロソフトが恐ろしい会社だというのもあるよね。あの会社の収益の配分見るとWindowsやらXboxやらいろいろソフトやらでバランスが取れすぎている。必ずしも自社内での囲い込みに執着しない。こだわりを持たない戦略が怖い。MacにOfficeを出す会社だからな。マインクラフトも全機種に出してるしカップヘッドも出す。競合他社のくせに割と任天堂とMS仲悪くないもんな。フォトナとかもクロスプレイあるし。

で、残りDLCキャラ二人。予想が難しくなってきたな。シリーズがあるキャラを選ぶとは思うんだが。
クラッシュ・バンディクーを推していたがバンカズが出るならベクトルが似通ってるしちょい厳しくなりそう。
マイクロソフト枠使ったからマインクラフト、スティーブも厳しいか?
じゃあこの面子に並べるキャラっつったら何がいるんだって話だよな。海外系のAAAゲームから引っ張ってくるかな?任天堂ハードにあんま出てない奴。ウィッチャーとかあんま知らんけどあの辺?なんか出るらしいし。

他で驚きはコントラの新作か。操作キャラのアクが強すぎる。

新ポケの水ジムのジムリーダーはエロ過ぎる。

後はぶつ森とかルイマンとか聖剣伝説3のリメイクとかか。
マリソニ東京オリンピックとか。一瞬2Dドットっぽくなったのは何だ?



なんにせよ、非常に面白く見れた。
シレン6は出たところでどの道こういう所で紹介される気がしないので期待はしてなかったし概ね満足?
欲を言えば新規IPとかFZEROとかちょい間が長いIPの新作を見たかったのはあるが。ラストフェス以降のスプラトゥーンの展開とか。3はまだでもスプラトゥーンIPでなんか出さんのかな?

このE3での発表もあり、今後のゲーム業界の構図も見通せるようになってきたか?まあ色々考えても行きたい。
スポンサーサイト



テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2019/06/12(水) 07:37:26|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東方茨歌仙 第五十話(最終話) 有角片腕の仙人 感想・考察・その他確認など | ホーム | 赤十字の吸血鬼。2019年第21回動画紹介・2019年度週刊少年ジャンプ28号感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2822-a4f960f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)