ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

SCP財団、いつの間にかサメ殴りセンターが正式な要注意団体入りしていた件について

SCP財団 要注意団体
アニヲタWiki(仮) サメ殴りセンター(SCP Foundation)


マ?



SCP財団、についての説明はもういいかなという感じもあるが一応しておくと、
英語圏発の怪奇創作サイトで世界中には様々な「異常」が存在しそれを財団と呼ばれる組織が収集し人々の目から覆い隠しているという世界観となっている。

それぞれのメンバーが自由に記事を作り、投票制度で悪くなければそのまま記事として定着する。主要な記事であるSCPオブジェクトの記事は現時点で4000を軽く超えている。

財団は世界に存在する異常を「SCPオブジェクト」として確保し閉じ込めている訳だが、財団以外にも異常に関わる組織は多くあり、それを要注意団体(Groups Of Interest)と呼ばれる。
異常を破壊することで世界を守る世界オカルト連合、異常物品を売買するマーシャル・カーター&ダーク株式会社、子供向けに異常な玩具を作るワンダーテインメント博士、異常存在達の組織蛇の手、等々様々である。

SCPとは特別収容プロトコル(Special Containment Procedures)の頭文字な訳だが、メタ的にはその異常物品そのものを指す場合もある。
そのSCPは~という会話はよく見られる。
で、ミスタイプでSPCと書いてしまう場合がよくある。
そうすると「Shark Punching Center(サメ殴りセンター)の話なんてしてないだろ」とか煽られる訳だ。

そうしたネタのなかでサメ殴りセンターのネタは増えてゆき、ジョーク記事が書かれ、サメ殴りセンター用のページが作られ、Taleでアホみたいな活動内容を見せつけたりした。
異常な(あるいは異常ではない)鮫科存在に対抗するために殴る。そういう奇妙で不可解な脳筋的な組織が構築されていった。
確かに現実のサメも鼻先に神経が集中してるとかで上手く殴れば撃退できるとも聞かなくもないが……
簡単に人を殺すどころか世界を滅ぼしかねない異常存在を相手に徒手空拳で挑むというナンセンスさは中々笑える。

サメ映画というB級映画のジャンルがある。まあジョーズの系譜に位置する訳だが、様々なサメが様々な能力を発揮して人々に襲い掛かる様はなるほどSCPっぽいところはある。そういった意味でかなり合致したとも言えよう。ゾンビは映画界の人気者だがサメもまた負けていない。まあゾンビよりもさらに色物感があるが。

財団のパロディ的な存在としての異様な存在感が人気を博したようで、SCPオブジェクト記事本編にもその存在を示唆するような(あえてサメ殴りセンターとは書かれていなくても)記事も幾つか増えてきた。
事ここに至って、2019年3月にはついに正式に要注意団体として認定されてしまった。ある並行宇宙における財団にあたる組織、という具合になるようだ。

いつのまにかSCP財団ロゴ風のアイコンも作られているしその勢いは衰えることを知らない。


嘘から出たまことという訳でもないが、冗談も突き詰めていけば一つの形に成ってしまうということ。
究極的には冗談も真面目に解釈する余地が残っているというか?まあ怪奇創作っつってもホラーばっかりのサイトでもないしなあ。ジョークが溢れ出て冗談ではなくなった?
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/05/30(木) 02:04:04|
  2. ネット界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Wikipedia探訪「電気けいれん療法」 | ホーム | 人間には自由がある故に。2019年第19回動画紹介・2019年度週刊少年ジャンプ26号感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2816-054d9155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)