ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

Wikipedia探訪「反出生主義」「自主的な人類絶滅運動」

反出生主義 - Wikipedia
自主的な人類絶滅運動 - Wikipedia


人間も色々いるし色々な意見がある訳だが、こんなとてつもない意見もあるということ。
反出生主義は自分が子供を持たないというなら全然わかる話だがそもそも子供を持つこと自体が道徳的問題があるとか言い出すともう行きつく先は絶滅しかなくなるわけだが、しっかりそれを望んでいる人間もいるという。

まあ仏陀も人生は苦だとか言っていたしだから悟りを開いて輪廻から抜け出すとかそういう話ではある訳で、あるいは新しい思想という訳でもないのかもしれない。
しかしてラスボスみたいな思想だなあという感は強い。



たしかに人類は地球環境に強い悪影響を及ぼしてるのはそうだが、だからといってなぜ人類の方で絶滅を選ばなければならないのか。人類にとって地球は人類のものであって人類が地球のために絶滅するというのは本末転倒ではないか?まあそう思わないからこそ絶滅すべきだと思っているのだろう。

究極的には価値観の問題である。
ヴィーガンとかも動物が可愛そうだとかいうのは価値観の問題になる訳だ。
そこまでいくと、価値観というのは説得してどうにかなるものではないということがわかってくるか。



まあ地球環境なんかもっと長い目で見ればバカでかい火山とか隕石とかでぶっ飛んでいく可能性のが高い気もするが。人類を過大視し過ぎている感もある。
前にも書いたが、6回目にして唯一の単一の種による大量絶滅だとか言ってもシアノバクテリアがその前にしたことと比べたら全然大したことないし……
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/05/16(木) 02:34:40|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<絶叫の日常。2019年第18回動画紹介・2019年度第25回週刊少年ジャンプ感想回 | ホーム | 多様性と勧善懲悪。2019年第17回動画紹介・週刊少年ジャンプ2019年度24号感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2812-219b0a3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)