ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」見てきたので感想

映画「名探偵ピカチュウ」公式サイト

当然だがネタバレはある。注意。



まあ細かい前置きとかあらすじとかいらんよな。
ハリウッドがピカチュウが探偵やるゲームの実写映画化したのを見たから感想を書く。ゲームの方の名探偵ピカチュウは結局やってない。スイッチで出たらやるかも?


凄かった。流石ハリウッドだと言った感じ。
ライムシティに着いた直後の人間と多種多様なポケモンが共存している街中の雑踏の描写が本当に脳味噌にぶっ刺さった。ピカチュウをモフモフにしたりして現実風に寄せたかいがあったといえよう。真にポケモンが存在しているような感覚になった。

ポケモンは一体一体相当に凝っている。ポケモンそれぞれの仕草や役割、立ち位置に愛を感じた。
中でもバリヤードのシーンは白眉といっていいだろう。言葉を発しないバリヤードはピカチュウでも話を聞くことが出来ない。ならばどうするか。バリヤードのルールに従いパントマイムを読み取り、参加して、理解する。良いシーンである。
ポケモンの大きさ問題にも抵触するが、コイキングがギャラドスに進化してめちゃデカくなるシーンはらしかったし、ミュウツーに関してはカントー地方についての言及があったことがもう素晴らしい。
終盤の超巨大ドダイトスのシーンは本当に必要だったのか疑問ではあるが、ドダイトスの元ネタというかは古典世界観における大地を支える亀な訳でそれを彷彿とさせる超巨大ドダイトスは中々にハッタリが効いていた。
とはいえ、まあ確かに中々の数のポケモンが出てきたものの、ポケモン映画としてはもっと出してほしかったという感もある。予算が無限にあった訳ではないという事だろう。
しかし出しにくい伝説ポケモンなども銅像やポスターなどで出していくあたり配慮は見られる。動くポケモンも第一世代を中心に結構様々な世代にまたがっているのも好感が持てる。

あと、これはゲームの時点からの魅力だがピカチュウのおっさん臭さが素晴らしい。
ピカチュウと言えばかわいいキャラクターという感じだが、大体のイメージではオスなんだよな。いやまあメスもいるけど。そりゃ歳を食ったピカチュウもいるだろうし、コーヒー中毒のピカチュウもいよう。まあアメリカンジョークを連発するピカチュウは稀だろうが。
余談だが、結局まだ原作の名探偵ピカチュウは未完と聞くが、会話できるポケモンとしてはやはりアニメのロケット団のニャースとの類似性が気になるよな。あいつも技使えないんだっけ?映画版では結局使ってたが。

ハリウッド名探偵ピカチュウに問題があるとすれば、やはりハリウッド映画な構造に過ぎるということか。
人種的多様性、ラブ要素、自然保護的観点などなど……。三幕構成にまで文句をつける気もないが、なんか同じような映画ばっかだよな。やはり無難なところを追い求めるとそうなるのか。この辺はAAAゲーム、超高予算ゲームの開発にも似た問題が起きている気もする。むしろ外様の題材だからこそ無難な方向へ方向へ誘導されるのか。言うてこういう「典型的」じゃないハリウッド映画も多いんじゃないの?いうほど映画見てねーからようわからんけどさ。

他に特筆すべき点としてはエンディングか。株式会社ポケモンが書いているのか知らんがゲーム公式イラストぽい絵柄でハリウッド名探偵ピカチュウに登場したポケモンや登場人物が紹介されていく。アレは素晴らしいものだ。

まあもう一つ惜しい所としては、映画化しやすい探偵ものな名探偵ピカチュウだからこそというところもあるのだが、バトルシーンに乏しく、数少ないバトルシーンも秀逸とは言い難いものであったというのが挙げられるか。バトルだけで見れば闘技場で主人公らが入って来た時にやってたカメックス対ゲンガーが一番良かった説もある。
まあもともと戦う話ではないが、次にポケモンの実写化があれば濃厚なバトルも見て見たいのはある。



ともかく生物的なポケモンという実写化戦略は冒険であったが大成功を収めたと言っていいだろう。
聞けばハリウッド側とポケモン側でかなりやり取りがあった末のデザインであるらしい。
名探偵ピカチュウというやや色物な企画のハリウッド化と聞いて大丈夫かとも思っていたが、ポケモンのハリウッド映画化としてやるべきことをやった。そういう作品だった。素晴らしい仕事だったと言えよう。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/05/09(木) 00:24:39|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インターネット探訪「【世界】国の歴史の長さに対応した考古学的発見をした時のリアクション【ポーランドボール】」 | ホーム | インターネット探訪「『スーパーマリオ64』にて、マリオがクッパを投げ飛ばす時に吐くセリフは「じゃあな、ゲイクッパ」ではなかった」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2809-6aa1b45e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)