ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ドリヤス工場「オモテナシ生徒会」感想など

ドリヤス工場 はてなキーワード

ドリヤス工場。
私は基本的に、記事で扱っている話について知らん人が読む場合に備えて前提的な知識が書かれてるURL、Wikipediaの項目とか、を冒頭でリンクとして置いておくことにしてるのだが、ドリヤス工場先生はWikipedia記事が無かった。
Wikipediaもどうでもいい記事ばっかり充実してるわりに肝心な記事が無かったり、重要なことは書かれてなかったりするものだが、そこそこ知名度はあるんじゃないかと思ってた私はちょっと驚いた。まあたまたま書く人がいなかったのだろう。

水木しげる風の絵柄(絵柄というか絵柄以上にトレースされている)で変なパロディ漫画ばかり描いている漫画家である。
代表作は「必修すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。」だろうか。読んで字のごとくの作品だがまあ水木しげる絵でやってるあたりなにか原典の文学作品と違った印象があってメタ的な面白さもある作品であった。
他私が読んだことがあるのでは、「テアトル最終回」は最終回展開だけを何度も何度も描いた作品である。それぞれの最終回である架空の作品を想像すると妙な気分で過ごせた。

どうにも飛び道具ばかり使ってる印象だが、今回の主題である「オモテナシ生徒会」はより奇妙な感があった。
お嬢様学院に転校して来た赤羽かのこが人探しを目的として生徒会と命懸けのギャンブル勝負を挑む、というなんかどっかで聞いたことがある様なない様な、と言った具合の話である。
であるのだが、これを水木しげる絵でやる。パロディネタ満載で、例えば生徒会の監獄から脱出する辺りは露骨にキン肉マンの超人墓場のパロディが挟まれる。

なんとも話がグチャグチャにも思えるが、まあどの道ギャグ漫画であるしそれ自体が笑えもする。
基本的に、水木しげる絵である意味は無いんだよな。というか水木しげるみたいな雰囲気で、全然水木しげるじゃないパロディとか展開を繰り返すというギャップがあるというか?ドリヤス工場先生の職人芸な訳だが

何にせよ、不用意に水木しげる絵で典型的漫画生徒会???と成ってる内にいきなり麻雀勝負とかいう話が出た時点でもう負けてしまう。
ギャンブル漫画としては相手のイカサマを逆用するというアレである。
生徒会会長やってる経堂あゆみが変なツンデレみたいな感じで微妙にかわいい気もする。水木しげる絵だが。


全体的に、要素をぶち込み過ぎた結果、魔術的な楽しさが産まれてきてすらある。
楽しさ面白さというのも色々あるが、この作品はジェットコースターに乗ったりとか酒を何倍も飲んだりとかそういうベクトルに近い。
つまりサイコーであるという事だ。色々と許せる人にはお勧めしたい。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/04/04(木) 01:49:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<「ムーンライター」Switch版クリアしたので感想 | ホーム | あの新元号はエイプリルフールの嘘らしい。2019年第12回動画紹介・週刊少年ジャンプ2019年18号感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2782-b6904297
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)