ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

「ますますマンガで分かる! FGO」でまた新サーヴァントが出る流れな件について

ますますマンガで分かる! FGO 第84話

まあFGOの話とかほとんどしないブログでFGOやったことない(漫画版はちょっと買った)私が書いても仕方がない話ではあるが、割と話とか好きなので。
眠いし大体知ってる前提で書きたいけどまあ一応前提の概略から。

FGO、Fate/Grand Order、Fateシリーズのソーシャルゲーム。歴史上の英雄の英霊・サーヴァントたちをガチャで引いて戦っていくゲームの解説漫画であるマンガでわかるFGO。
解説漫画と言いつつどぎつい個性で運営批判(公式漫画なのに)なども織り交ぜながらやっていくスタイルでかなりの人気を誇っている。

で、前にイベントでこの漫画をテーマにしたのがあって、そのためにデザインされたバーサーカーのサーヴァント、ポール・バニヤンがゲーム内で追加された訳だ。

同時期にデザインされたライダー、アサシンは諸事情により見送られた。
で、今回現時点で更に3体ほど出そうな流れ、と見せかけて今回うどん生地と聖杯の泥から作られたサーヴァントの幼生は一体うどんとして主人公に食われてしまった。

さて、これからの展開どうなっちゃうの?という話である。

とりあえずライダー側についているのはランサーのようであるが、真名、歴史的に誰に当たるのかはまだ情報不足である。これまでいたライダーとアサシンは大凡のところ分かっており、ライダーはジョルジュ・メリエス、アサシンはジョン・エドガー・フーヴァーであろうとされている。ポール・バニヤンも含めアメリカ縛りなのはイベントがアメリカ建国史と決まっていたからであろうか?結局バニヤンしか出なかったけども。

そう考えるとランサーがアメリカ人だと考えるのは性急にすぎるだろう。木の杭みたいなの使ってるし余りそんなアメリカ人は知らない。まあわからんが。
とはいえイベントから統一性を考える向きは間違いではないか?とはいえエイプリルフールイベントで追加となったら他二体はまだ幼体だしアレだが。まあ来年ぐらいに追加とかそういう話かも知らんけども。

というか一体食われてるんだよな。これはもう食われてなかったことになるのか、リヨぐだ子参戦の流れなのか。
まあホントに喰われてそのまま何事も無く平然と話が進んだらそれも笑えるが。

もう一体もちびっ子たちが手に入れてたが謎だよな。基本7クラスで選ばれてないのはセイバーとアーチャーとキャスター。まあ被らんとも限らんし、エキストラクラスという可能性もある。

そんで言うなら、基本七クラスでいうならばもう一体で七体、という事もあり得る?いや一体食われてるんだけども。


さて、エイプリルフールは原作者リヨ先生が結構酷使されそうな時期ではある。
何か動きはあるのだろうか。注目したい。実際まだ幼体だし実装されるとしてライダーとアサシンぐらいかな?イベントで本格的にマンガで分かるFGO劇場版的なことやるかもしれんけど。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/03/15(金) 03:01:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<月の魔力。2019年第10回動画紹介・週刊少年ジャンプ2019年度16号感想 | ホーム | インターネット探訪「なぜ作ったゲームが面白くならないのか?基礎にして奥義「フロー理論」」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2773-9c5e0b55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)