ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

インターネット探訪「AUTOMATON「ダンジョンRPG『Tangledeep』Nintendo Switch版売上好調。すでに移植費用は回収し、販売国ナンバーワンは日本」」

AUTOMATON ダンジョンRPG『Tangledeep』Nintendo Switch版売上好調。すでに移植費用は回収し、販売国ナンバーワンは日本

未だにTangledeepをクリアしてないのに記事を書きたくなったから苦肉の策で記事紹介という形を取っているのは秘密だ。


Tangledeep。元々Steamで販売されてて最近スイッチに移植されたローグライクゲームである。
ローグライクゲーム。一つのジャンルではあるが現状では少し広すぎるジャンルであり、ローグライクゲームだといったところでどんなゲームかは簡単に想像できない。
ランダム生成要素さえあればローグライクゲームだと主張する作品も少なくない。それなりにブランド力を持ったジャンルだとも言えよう。

いくつか定義論もあるが、まあ作品の流れで考えていこう。
まず大本のローグに似ていればローグライクゲームと言えよう(ローグより前にローグライクゲームがあることはここでは触れない)。
テキストインターフェース系ローグライクの流れで有名なのだけ追っていくと
ローグからネットハック系列、
ローグからアングバンド系列、
Dungeon Crawlは一応ネットハックの派生ということになるか?アングバンドの血も継いでるが。
ElonaはTUIじゃないがまあアングバンド系列からの派生か。
Dwarf Fortressはなんなんだろうなあ。まあ一応アングバンドの派生と言って言えなくはない?話によるとアングバンドはソースが綺麗でヴァリアントが作りやすかったとか。

で、初代トルネコはローグをGUI、グラフィックやらを強化してキャラクターなども盛り込んで作られた作品。
それ以降の不思議のダンジョンシリーズ、シレンはネットハック的要素も組み込んだ続編ということになる。

日本でよくみられるローグライクはシレンの派生的な面が濃厚だと言えよう。言うなればシレンライクか。
グラフィック有で、昇った(or降りた)階段からは戻れない。リソース管理的なシステムが強く作品群である。

で、Tangledeepの話に戻る。「数々の日本タイトルから影響を受け制作された」という謳い文句だが、シレンライクとは到底言えまい。ハックアンドスラッシュ的な要素が濃厚なそれはむしろアングバンド系列を想起させる。かといってElona(日本作品である)ほどなんでもありではない。
この場合の影響を受けて、とは16bitの美しいドットグラフィックなどをいうのかもしれない。キャラクターの雰囲気なんかもちょっと日本のゲーム文化的なソレを感じさせる。
なるほど、アングバンド系列ならば空腹度という要素はあまり必要ではない訳だ。どうせ店で幾らでも買えるし。帰還の雰囲気もああこれ変愚蛮怒で見たって感じがある。属性防御とかホイホイ魔法の類を使える感じもそうである。

そういえば、アングバンド系列の商業ゲームってほとんどないんじゃないか?
やったことないけどハックアンドスラッシュという意味ではディアブロなんかがそうなんだろうか?結構違う気もするが。
やっぱりハックアンドスラッシュ、アイテムや経験値の類をため込んでいくゲームのくせに1ミスで全てを喪うローグライクゲームであるというのが一般受けしないところか。デスペナ酷過ぎるもんな。いうてシレンは潜るだけだし。まあそれでも10時間が吹っ飛ぶとかあるが。
Tangledeepはアングバンドなんかよりもクリア時間は短いようでそこでバランスを取っている形だろうか?
イージーモードもあるしね。

そう考えるとシレン3が最初に目指したところはそこだったのかもしれない。



なんにせよ、今回の好評でアングバンドなローグライクゲームの需要が示されたか?
ローグライクゲームも色々あるがやはりそういう古典的かつ表立ってない流派もしっかり評価されて行ってほしいものだ。
スポンサーサイト



テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2019/02/12(火) 07:09:00|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東方茨歌仙 第四十九話 断善修悪の怪腕(前編) 感想・考察・その他確認など※追記あり | ホーム | 生きるための趣味。2019年第5回動画紹介・週刊少年ジャンプ2019年11号感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2759-81439715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)