ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ニンジャスレイヤー第4部AoMシーズン2が終わったのでシーズン3など今後を予測する

ニンジャスレイヤーwiki

2018年のニンジャスレイヤー本編を振り返ってみるとそこにすっぽりAoMシーズン2が入ることに気付く。いやまあ最初のエピソードであるコールド・ワールドは2017年からであるが。

ニンジャスレイヤー第一部、ネオサイタマ炎上の敵組織はラオモト・カン率いるソウカイ・シンジケート。実力主義のヤクザ組織であった。

ニンジャスレイヤー第二部、キョート殺伐都市の敵組織はロード・オブ・ザイバツが長を務めるザイバツ・シャドーギルド。年功序列や派閥政治が蔓延る秘密結社であった。

ニンジャスレイヤー第三部、不滅のニンジャソウルの敵組織はアガメムノンが牛耳るアマクダリ・セクト。管理社会の成立を目指す官僚的組織であった。

ニンジャスレイヤー第四部、エイジ・オブ・マッポーカリプス:シーズン1の敵組織はブラスハートを創始者とするサンズ・オブ・ケオス。サツガイに接触した者達の情報共有を目的とするSNSコミュニティみたいなものであった。

ニンジャスレイヤー第四部、エイジ・オブ・マッポーカリプス:シーズン2の敵組織はシンウインターが首領である過冬。極寒のシトカに居を構えるヤクザ組織であった。


そして今年にAoMシーズン3が始める訳だが、果たしてどのような話になるのか、誰が敵となるのか、そもそも今の状態はどうなっているのか。それを考えていきたい。


まずは現状からか。


ニンジャスレイヤー、マスラダ・カイはコトブキと一緒にカナダ国境付近からバイクで南下しているシーンでエピローグが終わったわけだ。

マスラダはサツガイ自身が直接の仇ではなく(恋仲であるアユミを殺したのは自分自身)、サツガイ自体はゾーイを助けるために撃退したものの目的を喪った。ニンジャスレイヤーとしてニンジャへの増悪すら無くなったことはアイデンティティの喪失でもあり、それ故エピローグ時点でニンジャスレイヤーですとアイサツが出来ず、サンシタニンジャからモータルだと勘違いされるほど弱っていた訳だ。とはいえ実際サンシタに負けるほど弱くなってる訳でもないが。
あるいはナラク自身ソウル的事故で抜け出たとかそういうアレかもしれないがまあ概ね三部初期のフジキドと症状は似る形と見ていいのではなかろうか。しかしマスラダはフジキドとは違うのも確か。
あんまり腑抜けていると見限ったナラクに内側から焼き殺されるかもしれない。そういえば第四部の予告編でタイだったかで暴走した(?)ニンジャスレイヤーとサツバツナイトの邂逅があったはずだが。これから暴走するのか?あの話はなかったことになったのか?

ピザ・タキ組としてはタキは年始の謎エピソードによるとAREA4643的な悪夢に呑まれていたようだが別段問題はない。一応コトブキとしてはそのままピザ・タキへ戻ろり合流しようとするだろうがさて。北米も暗黒メガコーポ多いしな。シトカから南下してきたという事は西海岸に近い訳だがそのままカルフォルニア辺りまで行くとアダナス・コーポレーションの支配地域にぶつかる訳だが。
東海岸に行くとヨロシサンのヨロシティにぶつかりかねない。
そういえばハリウッドはホーリィブラッドになってたっけ。ほんとどこもかしこも。


過冬は壊滅状態。まあ残党が何やらやらかすかもしれないが大局は動かしえないだろう。

ソウカイヤも、シトカで大暴れしたししばらくはおとなしいのでは?


フジキド一味、サツバツナイト、及びシキベ・タカコ、そしてカラスになったタカギ・ガンドー。場合によってはドラゴン・ユカノ辺りぐらいまで。ナンシー・リーは未だ精神が肉体から離れたままだっけか。
まあこの辺は国際探偵として何かあった時に対応する形でこれからも登場するだろうが、目下の事案はニンジャスレイヤーの捜索か?これから紹介する二組織の情報収集もだろうが。


ザイバツ。ダークニンジャを首魁とする新ザイバツ。ベッピンの破片をついに取戻し修復中。
今後もニンジャレリック集めに邁進するか?ゾーイやサツガイなどカツワンソーの影へと焦点を変えてくるかもしれぬ。各地に散らばったリアルニンジャたちと交戦しそのソウルを奪いに行くやも?
なんにせよ、未だ主敵というには準備段階過ぎるか。シーズン4以降で本格的に牙をむくかな?


そしてリアルニンジャ達。正確にはワンソー派リアルニンジャたち。セトやティアマト辺り。サツガイにベッピンの欠片を渡して以降動きはなかった。サツガイの引き起こしたヒャッキ・ヤギョにより多くのリアルニンジャが野に放たれたようだが。
やはり過去のニンジャ名鑑にあったようにこれらのリアルニンジャが集まってダークカラテエンパイアを設立するという線か。
今のニンジャスレイヤー世界を支配しているのは暗黒メガコーポ群。そうなるとその辺りとの抗争が始まる具合だろうが。ヨロシサン辺りは分が悪いと見たらすぐにダークカラテエンパイア側に付きそうな感もあるが。少なくともクローンヤクザを売りに営業が行きそう。

そうなるとAoMシーズン3の敵組織はこいつらか?となるがやはり敵組織として強大過ぎやしないかね?とも思う。まあサツガイをぶちたおしたニンジャスレイヤーの半神っぷりを考えると何とかなりそう感もあるが。
サツガイ自体はあの描写だとブラスハートの肉体こそ失ったものの依然健在か。また受肉するのかな?
ケイトー・ニンジャもここに加わる形かな。個人で動きそうな雰囲気もあるが。


忘れてはならないのがサンズ・オブ・ケオスの面々。サツガイが以前の状態に戻ったとなれば順次増えていく形な訳だ。マスラダもターゲットにしてないだろうし。
とはいえ主体性の無いヤツらだし、創始者も死んだし、ダークカラテエンパイアに吸収される形とかかね。単純にちょろちょろ出てきて二つジツがあって面倒くさい敵ぐらいの扱いになるかもだが。


後はヘラルドとか?まあヌケニンとしてマスラダの命を狙いに来るわけだが、どう出てくるものか。ダークカラテエンパイアに身売りするとか?


他は、まあ暗黒メガコーポとかサワタリ・カンパニーとかキョート共和国とか、シャドウウィーグ一派とかINWとかヤモト・コキとかは通常営業で状況に流される形だろうが、なんにせよ色々出て来はするだろう。

暗黒メガコーポでいうと気になるのがオムラ・コーアとヨロシサン製薬か。AoMではこれまでの間ほとんど出てこなかったがやはり重要な組織である。
ヨロシサンはちょっとずつ出てはいたがあまり重要な活躍はしていない。第二部の直接的原因、第三部の最終目的の一端であったこの企業。南極で何やらしているようだがはてさて。
オムラ・コーアはほぼ完全に名前しか出てきていない。ネオサイタマ近海にあるらしいが。恐らくは第三部から続くオムラエピソードの続きという形で出るか。

そういえばヤクザ天狗はどうなんかね。一人増えた形になるが。普通にニンジャハントしてるんかね。ニンジャも増えすぎたしフジオを狙いに行っていてもおかしくはなかろうが。

INWはリアルニンジャの跳梁跋扈に従いまた調査を進めるのかな?ナンシー・リーの肉体はINWの管理下のはずだが。




そうなるとやはりシーズン3の主敵はセト達が率いるワンソー派リアルニンジャ集団、ダーク・カラテ・エンパイアかな?
ヒャッキ・ヤギョで増えた戦力をバックにいよいよ世界征服にでも挑むという形だろうか。あるいはカツワンソーの影を集める形だろうか。ワンソー復活がまず目的であろうし。
そのままいくと、暗黒メガコーポ及びザイバツとの二正面作戦となるか?そこにニンジャスレイヤー、サツバツナイト達の付け入る隙も生まれようか。
シーズン2は極寒のシトカ一都市が舞台であった訳だがシーズン3ではまた世界を駆け巡る形となるかな。



まあある要素から考えるとこんなところだろうが、結局のところどんな話になるかわからない。
まずはマスラダが己を再構築するところからだろうがさてはて。
ニンジャスレイヤー。今年も注目していきたい。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2019/01/03(木) 09:13:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<SCP財団、いつのまにかAlexylva大学ハブが翻訳されてたので見る | ホーム | 2018年の記事まとめ紹介>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2739-a795e791
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)