ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

クソゲーオブザイヤー2018(据置)、年末時点での現状を見る

クソゲーオブザイヤーwiki 2018年 次点


そういえば年末なので今年のKOTYがどうなっているか見ていこうと思う。
携帯版はもう休止してるので据置だけね。エロゲ版とか乙女ゲー版とかの状況は知らん。ゲハ版は勝手にやって喧伝されとるけどあんなもん読んでると脳が腐る。


とりあえず年末、基本的に総評の制作は新規選評や選評の修正を待つため来年になってしばらくしてから、大体は2月ぐらいからという感じだが、まあ概ね候補は出揃っているとみていいだろうか。流石にゲーム自体新しいのは出ないだろうが埋まっていたのが発見されるというのはあり得るが。

なんにせよ現時点での話題作及び審議中作品を見ていく。
毎回ここまで書いて思い出すのだがWikiに詳細な説明も簡便な要約もあるから何書いていいのかわからなくなるんだよね。
まあいいやスタート。話題作から。
4/25【PS4】Horse Racing 2016 (YASH FUTURE TECH SOLUTIONS PVT LTD)
同じ操作を繰り返すぐらいで終わる乗馬ゲーム。スチーム移植だからといって2016のままなのはどうなのか。
UIの不親切さや文字バグなど、全方向に酷いのも特徴か。連打操作で疲労しか残らない。
今年の門番という事になる。つまりこれと比較できるレベル以上の作品しか話題作入りはしていない訳だ。

6/21【PS4】New ガンダムブレイカー(バンダイナムコエンターテインメント)
ガンダムブレイカーシリーズの最新作で4作目という事になる。
パーツ集めの苦行さなどそれまでのシリーズで培われた魅力をことごとく台無しにしているという。
当然ガンダムファンにもおすすめられない一品。
結構期待(KOTY的な意味で無く)されていた作品であったためかなりヒドい反響があった。アップデートされても焼け石に水という。

8/30【PS4/NintendoSwitch】リトルドラゴンズカフェ -ひみつの竜とふしぎな島-(マーベラス)  
カフェを経営して食材集めに採集して、というゲームなのだがスタッフがサボりまくるという狂気のゲーム。何故そんな要素を入れたのか。
冒険要素も無いようなもんでストレスばかりたまる。

11/15【PS4/NintendoSwitch】RPGツクールMV Trinity(株式会社角川ゲームス)  
通称RPGツクーレナイ。ロードの長さとUIのヒドさもこういう作品では致命的だがそれ以上にバグてんこ盛りなところが顕著に目を引くか。
簡単にフリーズするし謎のセーブデータ破損もしょっちゅう起きる。その他のバグも列挙しきれないほどある。
素材は豊富であるようだがこれでゲームを作るぐらいならば一からプログラム書いた方がいいのではなかろうか。
目下最有力候補との評が多いか。

ここから審議中作品。
8/9【PS4】FIRE PRO WRESTLING WORLD (スパイク・チュンソフト)
ファイプロシリーズ12年ぶりの最新作。新日本プロレスとコラボしたはいいものの、選手数の大幅減少やバグ、処理オチの多さでシリーズファン・新日本プロレスファン共々失望させた。

9/12【PS4/XboxOne】&10/4【NintendoSwitch】レヴナントドグマ(ケムコ)
2015年発売の基本無料スマホゲームを1080円で最新機器で(課金要素はある)。
低品質で古臭いRPGという評。

11/15【NintendoSwitch】GEM CRASH(ダブルドライブ)
レベルを上げてボールで殴ればいいブロック崩し。レベル要素は丁寧に扱わなきゃゲーム性を損なうということがよくわかる?いやそれ以前の問題ではあるが。
つまらない周回要素を繰り返させられる作業ゲーである。



とりあえず7作品という形である。
RPGツクールMV TrinityかNew ガンダムブレイカーか、という流れがあるが総評次第ではひっくり返り得るだろう。
7作品。KOTYは比較を目的とするため次点に同ジャンルが入りにくく、多くても大体このぐらいになるのか?うむ実際綺麗にジャンルが違う、それぞれ違った苦しみが詰まった作品と言えよう。

良いものを評価するのは当然として悪いものを評するのはどういう意味があるのか?KOTYにおいては恐らく、総評をもってして一つのお楽しみとするためである。つまりはネタとして消費するためであり、そうすることでクソゲーの負の要素は反転しうるともいえようか。
酷い作品であった以上、このように扱う他浮かばれる道も無いか。ならば5chのネタ企画スレとは言えどKOTYスレも社会的な意味を持っている、そうなのかもしれない。
スポンサーサイト



テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2018/12/30(日) 14:59:33|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2018年の記事まとめ紹介 | ホーム | 「Indie World 2018.12.27」を見ていく>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2737-7e0345c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)