ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

OPENRECでシラクサ氏が月間Vtuberランキングで一位を取ってしまった件について

OPENREC Vtuberランキング
VTuberランキングキャンペーン第2弾! OPENREC.tv

ふくやマスターのTalking.tv 第3回 OPENREC.tvオフィシャル 今回のランキングについての放送
【祝勝会】Vtuberランキング首位!? シラクサ(バーチャル漫画家) 祝勝会放送

シラクサ(バーチャル漫画家) OPENREC
シラクサアーカイブス Youtube


なんか一位とってたので。

シラクサ氏。バーチャル漫画家とかなんとか自称したりしてるが、まあ基本的にはポケモン生主という認識が一番認知度が高いだろうか。最近ポケモン放送もややまばらだがポケモン対戦は時々割とクソゲーになるので仕方がない。ポケモンは知識量と読みのゲームである時はこれ以上なく面白いが、運と忍耐のゲームになった瞬間はこれ以上なくつまらないものだ。
第四世代、バトレボ時代からの古参ポケモン生主ということになる。ポケモン対戦にも色々な楽しみ方があるがシラクサ氏は奇妙奇天烈な型のポケモンを使う。ポケモン界隈的にはブーピッグとブリガロンという二種のマイナーポケモンを使いこなしたブーブリ構築が有名だろうか。
「氏」呼ばわりされるのは古風なオタク風の流儀だろうか。役割論理語も多用するのでその関係か。まあ役割論理自体そういうオタクのパロディ的なところがある。
漫画家といっていたりもするが、ニコニコ漫画アワードによくわからない漫画を投稿して一位になったのがその由縁らしい。なおそのせいか第一回でニコニコ漫画アワードは終了となった。放送のサムネイルなどでも色々描いているがかなり癖のある画風である。
適当に生きてる感とイケボでロクな話しないのがかなり気安く楽しめる生主である。ネタを延々と使いまわしてたり専門用語ばかりあったりするあたり閉じコン感も否めないが。

で、2018年の初頭に自分の絵をフェイスリグかなんかで動かしてVtuberを名乗り始めた。うろ覚えで書いたブリガロンを元にして髪型をトランプ大統領みたいにしたブリリ君である。なおVtuberとしての名前は変わらずシラクサである。ブリリ君をアバターとして放送の隅にのっけて後は完全に平常運転で放送を続けた。基本的にポケモン放送はYoutubeで、それ以外の遊戯王デュエルリンクスやフォートナイト、スプラトゥーン2などの放送はOPENRECというスタイルで行っていた。
初期はいわゆる転生組としての利によりどこだったかの総合的なVtuberランキングで50位ぐらいに位置してたが、Vtuber界隈の拡大により埋もれていった感もある。そりゃまあ他のVtuberとも絡まず(たまに放送に他のVtuberが迷い込んで来たりするがその場合無視という対応を決め込んでいるようだ)、同じような放送を続けていてもこれ以上の伸びしろは無い。最近はエールやスーパーチャットでの報酬もそれなりにあるようだが。

しかしOPENREC(略してプンレクなどとも)、ゲーム放送に特化したネット配信サイトという感じだがやはり大正義Youtubeと比べると知名度も何もない。
コメントで淫語とか書くとコメント全体ではなくその部分だけ伏字になる機能は良いがそのぐらいしかパッと思いつく利点がない。いやまあ探せば色々あるが。
シラクサ氏は元々ニコニコ生放送で配信してたがOPENRECに主軸を移したわけで、規模的にはかなり大きくOPENRECの中ではそれなり以上に目立つ存在となった形か。

そしてVtuberランキング。Vtuberは割とゲーム配信する連中が多い。OPENRECでもVtuberはちらほら散見された。
OPENRECなのにV「tuber」とは何事だという感じもあるが、まあ一般名詞化したモノだし今更ではある。
で、OPENREC側でもそれを推して行こうとVtuberランキングなるものを作って、Vtuberランキングキャンペーンを行った。

その第二弾キャンペーン(11/18~12/15)でシラクサ氏が一位を取ってしまったという話である。ちなみに2位はぽんぽこ。
シラクサ氏曰く忖度して放送頻度を落としたとのことだがやはり圧倒的に人気だったということか。ちなみに前回はVtuber扱いされずランキングに入れなかったとの噂も。
まあOPENRECなんかで配信しようという稀有なVtuberも実際多くないのが主な勝因な訳だが、キャンペーンには商品もあり、総合一位であるシラクサ氏にはOPENRECオリジナルスタンプが用意される。第一弾の一位白上フブキには16個のスタンプが作られたようだが……

結構な事故感も否めないが、まあそれはそれとしてスタンプはかなり興味深いところ。
シラクサ氏はメールをチェックしているかかなり怪しいところがあるのでOPENRECからの連絡を無視している可能性もあるが、できるとしたらどんなものができるのか。毎回ロクな放送してないのにロクなものが出来るとは思えないがさて。
ともかく非常に楽しい案件であることは間違いない。



Vtuber。今にして考えても謎の存在。何をもってVtuberというのか。Vtuberが他の配信者と違うところは何なのか。
ともかくシラクサ氏は面白い人なのでこれを機会にファンが増えるなら幸いではある。結局のところ、Vtuberだのなんだのという括りよりも個人の力量こそが重要だという話。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/12/21(金) 04:28:54|
  2. ネット界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2019年冬アニメのPV集動画を見て行く | ホーム | 空飛ぶ巨大ナメクジ。2018年第48回動画紹介・ジャンプ感想回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2731-937219c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)