ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

スマブラSP、アドベンチャーモード「灯火の星」クリアしたので感想※ネタバレあり

ネタバレ注意


公式




いやあ滅茶苦茶面白いなスマブラSP。
特に一人用モードがしっかり充実しているのが良い。勝ち上がり乱闘、旧シンプルはそれぞれのキャラごとに特色があって面白いし、組手もしっかり遊べるしスピリッツボードも止め時がわからなくなる。
そして何よりアドベンチャーモード、「灯火の星」が熱い。


灯火の星は最強最悪の敵キーラにスピリットにされたキャラや囚われたファイターたちを救出しながら広大な世界を冒険していくアドベンチャーモードである。

スピリットの詳細の説明については公式に譲るが、ややRPG的な要素もある。とはいえ戦いは常にスマブラ対戦、大乱闘であり、それぞれのスピリットにより一風変わったルールが儲けられるといった具合である。こちらのスピリットが弱いと実質ハンデを与えているような感じとなる。他にスピリットにより特殊な効果を得られたりでそれなりに考えることも多い。
まあ、システム的に言うとはっきり言って素晴らしいとまではいえない。DXのイベント戦がドンドン続いていく感じか。一々戦闘がスマブラゲームなのはやや食傷するというか、昔あったぷよぷよRPGで雑魚戦闘までぷよぷよ対戦をやらされるのを想起させたところすらなくはなかった。それぞれのスピリットで工夫が凝らしてあって面白くはある。原作のゲームを知っているとどういうモチーフなのかわかってより楽しい。

灯火の星の何が楽しいかというと、スマブラというゲームの一人用モードに期待されるそれを大きく超えた超ボリュームであろう。
地図を見るとわかるが、アホほど広い。アホほど広い上に、それぞれ小マップ、ダンジョンめいたモノまで存在する。

まあこの記事はネタバレ記事なので細かいことまで書いてしまうが、まずキーラを守るバリアを破るために三体のボスを倒さねばならず、三体のボスはダンジョンの奥におり、一つはハッキング能力者を探さねば入れず、もう一つは谷を越えた先にあるのだが、その谷を超えるには光の神殿を攻略せねばならず、光の神殿に入るには世界中に散らばる三種のスイッチを探して押してバリアを解除しなければならない。ああ後谷を越えた先で海を渡るためにラプラスをゲットしなければならない。
で、そこまでしてキーラのバリアを破壊した後、宇宙かファンタジーな雲の世界からどうにかスピリットの力を借りてキーラに接触し、前座のマスターハンドを張り倒してキーラに挑む訳だ。訳だが。
キーラを倒すとこれまで前情報に無かった闇の化身、ダーズが登場。次元を割って登場したダーズを追って闇の世界へ。そしてプレイヤーはほどなくして気付く。……闇の世界もクッソ長かった光の世界と同等レベルの広さがあると。
これで色々やって苦労してダーズをぶっ潰して終わりと思いきや、さらに最終決戦マップがあるというもうなんというかどんだけ広いんだと呆れるほどのものがある。ここに至って気付く。なるほど。アドベンチャー、まさにこれこそが冒険だと。世界の隅々まで険を冒す。

こうして長々と解放の旅を続けると、実質的に語られないストーリーがプレイヤーの中で構築される。一種ナラティブ的なものも含まれるか。
殆ど文字情報が無いからこそよりよく深く考え感じられるか。時々レジェンドスピリッツとかで理不尽に難しい部分があり、難易度の起伏がまたそれを向上させる。

そういう起伏という意味で、ラストの一歩手前の演出は最高であった。難易度の起伏の伏たる部分を最高にうまく料理した。
ここに至るまで何度もマスターハンド・クレイジーハンドと戦わされる。前座ボスとしてもいい加減うざったくなってくる。しかしそこで究極的にキーラ達の支配からその二人(?)を解放する。二人は手伝って光と闇の世界の次元を穿ち、その次元の穴にマスターハンドは飛び込む。
そしてプレイヤーがマスターハンドを操作し、50体の敵ファイターをボロクソにする。

もうここがたまらない。64とかで変なチートでマスターハンドを使ったり、DXでバグ技で操作したりとマスターハンドを操作するという概念はあった訳だが、実際不正であった。マスターハンドはイメージの世界においてメタ的な存在。初代の準拠すれば人形でブンドドする手、とでもいう存在といえようか?
存在からして違うボスキャラで、性能が全く違うマスターハンドで、普通のファイターをボロクソにやっつける。究極的な敵を操作するこの快感はもう言いようがないところがある。言ってしまえば共闘といえるが、自分で説明も為しに操作するのがまたいい。
そして、このシーンは初見でもそれほどの苦労は無くクリアできるであろう(操作に慣れず苦戦することはあるかもだが)。そこがまたいい。キーラとダーズの戦争に巻き込まれたのを暴力によって解消する。ここまで来るのにめんどくせー難易度であったのが一気に解決する。この解放感よ。

それが終わり世界を解き放ってから、最終的にファイター三人選んでキーラ&ダーズに挑むわけだが、光にも闇にも与しないというその辺のバランスこそが重要であるという思想性も興味深いところではある。
光側で最後に手に入るファイターがパルテナで闇側で最後に手に入るファイターがベヨネッタというのもそれぞれの切り札感があってよい。



馬鹿でかい世界を旅している感覚が味わえるアドベンチャーモード。
ストーリーが描かれていないがまさに冒険感があり、一人用モードとしての需要を満たしている。
説明不足な点や一部スピリットの理不尽さ・運ゲーなど問題点もやや見受けられるが、考えながらやるゲームとしては面白く作られている。

キャラ出しは灯火と大乱闘で交互に行った形。灯火長い間プレイしてから出ると大体挑戦者がでるのがまた楽で良い。



対戦ゲームにおける一人用モード。難しいテーマであるが灯火の星は一定以上の成功を収めていると言って間違いなかろう。
対戦部分も良いところ悪いところもあるが総合的に見てスイッチごと買う価値のある作品と言えよう。結構キャラバランスはいいようだし。
スポンサーサイト



テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

  1. 2018/12/14(金) 01:26:55|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<このマンガがすごい!2019、感想など | ホーム | 東方茨歌仙 第四十八話 迷者不問の暗黒郷 感想・考察・その他確認など>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2728-5673d549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)