ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

ドロヘドロ、まさかのTVアニメ化企画進行中について

ドロヘドロ ゲッサンWEB
「ドロヘドロ」TVアニメ化企画始動!最終巻&ファンブック本日同発、全サも コミックナタリー

ゲッサン12月号にドロヘドロのTVアニメ化企画進行中とかあったので。
マ?ってなった。ついこの前終わった作品のアニメ化。

そりゃあジョジョとかだいぶ前のとこアニメ化してるしからくりサーカスのアニメ化とかもあるし、そういえば武装錬金も終わった後(打ち切り後?)のアニメ化だったが、実際多いものではない。
それなり以上に認められている作品じゃないとない。ドロヘドロはその点問題はない。滅茶苦茶面白い。そこは問題ない。

しかしドロヘドロだぞ?グロッグロで倫理観の欠片も無く、たまにエロい。そして作画カロリーが物凄い。
大凡TVアニメには向かない。規制ってものがある。まあアレも究極的には自主規制ではあるのだが。
主人公が最初にやってることが殺人だからな。いや魔法使いだから人間じゃないとかじゃなくて。
ああ、たまにエロいとは書いたがエロくはないか。巨乳がモロだしになるだけでエロい絵じゃない。まあ、規制的には関係ないが光で飛ばせるような話でもないからどうにもなあ。

それに何クールやるつもりかしらないがどこで切るのやら。まあそれは原作付アニメ全ての問題だが。
作画もなあ、小物が多いキャラデザだしちょくちょく服とか変わる時もあるし。3Dアニメにするにしたって大変だ。キャラもそうだが薄汚れた街も描かねばならない。過労死する。月刊誌連載なのにちょくちょく休載してたからなドロヘドロ。


まあ、成功するかどうかは分からない。成功するには最高の仕事が必要であろう。
成功したら、本当に凄いものが出来るだろう。それだけの力を持った原作である。
謎が謎を呼ぶという月並みな言葉では表し切れないカオス。能力者や非能力者によるガチの殺し合い。超独特で感覚が暴走している世界観。
ドロヘドロ、アニメ化は諦めていただけにこの発表は驚きであり嬉しみである。
失敗したなら、まあどうせそんなものだろうと諦められよう。



単行本最終巻にオールスター名鑑完全版が11月12日に発売。
そして作者新作「大ダーク」がゲッサン4月号で連載開始。

ドロヘドロ、漫画の一つの究極の形ではないかと思っていたが、ますますもって注目していかねばならないようだ。
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/11/11(日) 02:05:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<半可通の輪舞。2018年第43回動画紹介・ジャンプ感想回 | ホーム | スマブラSP、DLCで追加されるファイターをもうちょっと真面目に考えてみる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2714-ca8b49d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)