ネット世代の雑評論

主にネット上に散らばる各々の事象についての紹介、及び評論

クトゥルフ神話TRPG、登山シナリオ「狂気山脈 ~邪神の山嶺~」のリプレイを見て面白過ぎたので紹介する

登山家たちのクトゥルフ神話TRPG読本 BOOTH

登山家たちのクトゥルフ神話TRPG ニコニコ動画マイリスト



登山というのは時に冒険である。
例えば8000mを超えるヒマラヤの高山に登頂できるのは選ばれし者だけであると言ってよい。少なくとも尋常ならざる訓練が必要である。

では、その山が1万300m以上あり、ただでさえ危険な南極の奥地に存在し、化け物共がウヨウヨしているならば?
狂気山脈は難易度の高い山を目指す登山家にとっての究極の理想なのやもしれぬ。


「狂気山脈 ~邪神の山嶺~」は登山ガチ勢が作ったクトゥルフ神話TRPGのシナリオである。
目的はズバリ、狂気山脈の初登頂を目指す事。
上記の製作者達によるリプレイでは厳冬期の山に登山しながら山小屋でプレイしているという徹底っぷりである。

登山家が、登山家の為に作ったシナリオでかなり専門用語や登山家あるあるなどもあるがそれも蘊蓄として楽しめる。
クトゥルフ神話TRPGといえば正気を失って発狂したりするわけだが、狂気山脈ではむしろ大自然の山と戦う事での大ダメージによるロストも多い、高難易度シナリオとなっている。
ダイス目のあらぶりが自然環境の予想できない厳しさをうまく表現しているようにも感じる。ゲーム性も結構高く作られているのが好感である。
Youtubeなども見るとけっこうセッション動画などもあり、界隈では結構人気なのかもしれない。
様々なリプレイやセッションを見ると中々に奇跡めいたことや凄まじい出来事が起きていて、観ていて飽きない。



登山家は、人間をはねつける山であればあるほどそれが愛おしい。
狂気山脈はあらゆる意味で最高峰か。死に近づけば程、生を感じる。




まあ、こんな山だし夏に登ってるんだろうけど、南極夏なら白夜だよね?普通に夜になってるけど。山で太陽が隠れるのはあろうが南極の氷の地表が反射で明るくなってて分かりそうな気もする。でも山脈っていうぐらいだから本当にだいぶ隠れるんかな。
というか、狂気山脈、という名前の山なのか?そういえば。個別の山の名前は無いんかね。まあ英語だとマウンテンオブマッドネスだかだった気がするが。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/10/12(金) 07:38:54|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<発明ニ非ズ。2018年第39回動画紹介・ジャンプ感想回 | ホーム | 週刊少年マガジン45号、「ギャンブラーズパレード」一話感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tateito1.blog48.fc2.com/tb.php/2702-acdb45d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)